自然科学部「姫路市的形町福泊海岸の植生調査」

 5月27日(日)に自然科学部の生徒5名が姫路市福泊海岸の植生調査に参加しました。
 この調査は13年前から行われているもので、今回は姫路市内の高校だけでなく、赤穂高校、県立大学附属高校など、西播の高校の自然科学部員が50名以上集まった大規模な調査となりました。
 調査方法は陸地から海に向かって、1m2ごとに生えている植物の種類と数を調べて記録するというものです。昨年も参加した上級生を中心に、新入部員の1年生も積極的に植物の同定と計数を行いました。
 また、調査の合間に水が引いた海の中を見てみると、ヤドカリやガザミなどの生物を見ることができました。
 他校の自然科学部と交流することができ、大変充実した1日になりました。

2018相生ペーロン祭ボランティア

 5月27日(日)、2年生4名、1年生10名の計14名の生徒が2018相生ペーロン祭パレードにてボランティア活動を行いました。そのうち9名の生徒がパレードの先導係を務め、大勢の観客の前で堂々と行進する姿が非常に印象的でした。また、5人がパレードの警備係として、パレードの成功に大きく貢献してくれました。