ぶらり相生第20号「犬塚五輪塔とは」

 五輪塔ということばを耳にすることがあると思います。しかし、具体的に何なのかはわかりにくいところもありますので紹介します。
 発祥はインドといわれ、本来舎利(遺骨)を入れる容器として使われていたといわれますが、インドや中国、朝鮮半島に遺物は存在していません。日本では平安時代末期から供養塔、供養墓として多く見られるようになります。このため現在では経典の記述に基づき、日本で考案されたものとの考えが有力です。
 次に形式について説明します。石造では、下から、地輪は方形(六面体)、水輪は球形、火輪は宝形(ほうぎょう)屋根型、風輪は半球形、空輪は宝珠型によって表されます。製作時代の確定をする判断基準の一つとして、水輪の形から、鉢形の場合は古く、つぶされた状態の場合は、新しいとされます。石材は、安山岩や花崗岩が多く使われています。古いものには凝灰岩のものが見られます。
 現在のところ、最古例は岩手県平泉釈尊院の塔で、仁安4年(1169)とされています。初期の五輪塔の普及の要因としては、高野聖(ひじり)による勧進(かんじん)の影響といわれています。五輪塔は、宗派を超えて用いられ、全国的に分布しています。南都六宗の律宗の布教地には、巨大作品が多い傾向があります。
 さて、相生市北部の西播丘陵自然公園にある犬塚五輪塔は、花崗岩製で、13世紀から14世紀にかけて鎌倉時代後期から南北朝期の作品とされています。総高172㎝で、相生市に残される五輪塔としては最大級です。相生市指定有形文化財となっています。播磨の地に伝承が多い秦河勝(はたのかわかつ)が狩りに出かけた際、二匹の猟犬のおかげで大蛇の難を逃れたことに感謝し、犬と大蛇を祭った三本卒塔婆(そとば)を建てたとの伝承があります。この三本卒塔婆の遺称地が相生市矢野町能下で、そこに犬塚五輪塔があります。
 日本中世の時代は外圧や戦乱等が多いこともあって、さまざまな信仰が生まれます。身近に残る歴史文化遺産が、なぜそこに存在するのかに思いを巡らすと、見えてくるものがあります。

40回生進路講演会

3月9日(金)、2年生を対象とした進路講演会を行いました。河合塾より藤本晃一様を講師として招き、受験まで一年を切った今、受験生として必要な知識と心構え、取組みについて話をしていただきました。
 社会の急速な変化は大学入試にも影響を与えており、出題形式もこれまでの知識の正確さ、再現力だけを問う問題から、習得した知識を活用、応用する問題に変化していること、大学入試の範囲、分量は高校入試とは比較にならないことが伝えられました。
 そのうえで、河合塾生に見る入試失敗のパターンから、入試において実力を最大限に発揮するために必要な3点(勉強時間の量的確保、実際の入試に合わせた学習設定、安易に科目を減らさない)を挙げられました。また、模試をただ受けるだけではなく、結果を分析し、今後の学習につなげるために復習するという積極的活用の必要性を述べられました。
 今回の講演を機に生徒は改めて受験生であることを自覚したことと思います。

41回生進路講演会

 3月9日(金)、ベネッセコーポレーションより山根侑子さんを講師として招き、1年生対象に進路講演会を行いました。
 急激に変化していく現代社会において、一般社会から求められるのは、主体性を持ち、自ら考え、答えを見つけ出す力を持っている人で、現在大学入試においても、今までの知識やその活用能力を問う問題から主体性やコミュニケーション能力を問う問題に移行しているということでした。それに対応するため、現時点では基礎力をしっかり身に付けることが大切であり、特に学校での授業を大切にすること、また小テスト、定期考査、模試の問題は完全に理解出来るまで何度も解き直しをすることが大切であるという話をしておられました。
 生徒たちは、講演会の内容を聞き漏らさないよう、メモを取りながら、熱心に聞いていました。

さわやか挨拶運動

 3月9日(金)、梅の花も満開となりようやく春が感じられるようになりました。しかし、寒の戻りか朝の寒さが戻り、氷点下の寒さの中で、本校生徒会が山手1丁目自治会の方々と共に、相生駅北側ロータリーで「さわやか挨拶運動」を行いました。
 今年度最後の挨拶運動でしたが、いつものように駅周辺のゴミ拾いを行い、タバコの吸い殻を中心に多くのゴミを拾うことができました。毎月一度でしたが、ふるさと相生のために何かできたということは、非常に良かったと思っています。
 春が一歩一歩近づいている中での、生徒会と自治会の方の大きな挨拶の声が響きわたる、「さわやか挨拶運動」でした。

高校生・ふれあい育児体験

 3月7日(水)、高校生就業体験事業の一環として、高校生・ふれあい育児体験を相生市立山手幼稚園にて行いました。
 教育・医療福祉系の進路を希望する1年生20名での参加となり、積極的に子どもたちと関わる様子が見られました。
 飛行機雲を見て、ジェットエンジンが空の雲を集めて並べていると言う園児、縄跳びが飛べるようになったから見てほしい声をかけてくる園児、ルールを決めてみんなで遊ぼうとする5歳児の様子を見ることで、発想力の豊かさと、純粋さをあらためて知ることとなりました。お別れの挨拶をした後、園児が作ってくれた見送りの列を通り抜け、相生高校へと戻ってきました。短い時間ではありましたが、貴重な時間を過ごすことができました。

後期球技大会

 前日の大雨の影響で、グランドの状況が非常に心配されました。しかし、早朝からサッカー部によりグランドが整備され、生徒会や放送部の準備も滞りなく行われ、開始が遅れることもなく、スムーズに後期球技大会を開催することができました。
 風は少し冷たかったですが、快晴の中、グランドでは男子サッカーと女子ミニサッカー、体育館では、男女のバスケットボールとバレーボールの熱い闘いが行われ、大いに盛り上がりました。
 2年生にとっては、最後の後期球技大会であり、1年生に敗れたチームはとても悔しそうでした。競技は変わりますが、次回の前期球技大会の奮起に期待しています。

【結果】 1位 2位 3位  
男子サッカー 1-3 2-4A 1-2  
女子サッカー 2-2A 2-1A 2-3A  
男子バスケットボール 2-1 1-2 1-3  
女子バスケットボール 1-4 2-4B 1-2  
男子バレーボール 2-2 2-5 1-4  
女子バレーボール 1-2 1-5 1-3  

 

こころ豊かな美しい西播磨実践交流大会(高校枠)~平成29年度 地域づくり活動発表会~

 春本番のような温かさの3月4日、本校生徒会執行部4名が、テクノの西播磨県民局1F大会議室において、地域づくり活動発表会に出席し発表してきました。西播磨の17の高校・各種学校の生徒・教員含めて約90名が参加し、各校独自の取り組みについて発表を行いました。
 相髙は、1.さわやか挨拶運動、2.通学路清掃、3.おもしろ科学実験出前講座、4.おもしろ科学実験教室、5.もみじまつりのかがし作製、6.吹奏楽部のIHI播磨病院クリスマスコンサート賛助出演、7.相生市立老人ホーム愛老園訪問についての取り組みを、パワーポイントを使って写真を解説しながら地域との共生関わりについて説明しました。
 各学校も地域の特産品を使ったり地域独自の特色ある活動を行っており、発表を聞きながら、自分たちの地域でこれから何ができるか、地域との一層の交流や協働を考えていかなければならないと思いました。

第39回卒業証書授与式

 2月28日(水)、第39回卒業証書授与式を挙行しました。
 多数のご来賓の方々、保護者の皆様のご臨席を賜り、厳粛な雰囲気のもと、式は始まりました。各担任による235名の呼名の後、代表の玉田航貴くんに卒業証書が授与されました。その後、西校長の式辞に続いて、谷口芳紀相生市長、谷川育久PTA会長からご祝辞を頂きました。来賓紹介、祝電・祝詞披露の後、在校生を代表して坂本百花さんが送辞を、卒業生を代表して高橋明日香さんが答辞を述べました。相生高校で過ごした日々を思い出し、ハンカチで目をおさえる卒業生。卒業生とのたくさんの思い出が蘇り、涙する在校生。卒業生の成長を感じ、涙ぐむ保護者の方々や先生方。そのような感動的な雰囲気の中で、しめやかな式歌(仰げば尊し、螢の光)斉唱の後、生徒・職員、さらに保護者・来賓の方々にもご起立頂き、全員で力強く校歌を歌い、厳かに式を終了しました。
 3年間の思い出を胸に、祝福を受けた39回生235名が、新しい進路に向けて歩み出しました。

 早朝や式後にお別れ会をしている部活動、式後も友だちとの別れを惜しんで歓談している卒業生たち、卒業アルバムに友だちや先生からメッセージを書いてもらっている卒業生たちの姿を見ていると、「みんな相高が好きだったんだなぁ」と感じました。相高生のすばらしい姿に心和む一日でした。
 相生高校で学んだ様々なことをこれからの人生に活かしてほしいと願います。
 39回卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。今後の活躍を応援しています。