3学期 通学路清掃

 1月31日(水)、放課後15時40分から、生徒会執行部、1・2年の通学委員・風紀委員・美化委員と有志の約70名により通学路清掃を行いました。
 1年生は学校西側から相生駅周辺まで、2年生は学校南側を国道2号線まで、お揃いの蛍光イエローの相高ジャンパーを着て、通学路周辺のゴミ拾いを行い、生徒会執行部は学校東西の入り口とグランドへの階段、そして学校周囲の落ち葉拾いも含めて丁寧に清掃しました。
 1時間弱の活動でしたが、多くの空き缶やタバコの吸い殻を回収することができました。最後に集められたゴミを、生徒会が分別して終了しました。

1年生 百人一首大会

 1月31日(水)、1年生が6時間目のLHRでクラス対抗の百人一首大会を開催しました。
 古典に親しむこと、クラスの親睦を図り、団結力を育むことを目的として実施しました。生徒たちは真剣なまなざしで、勝敗に一喜一憂していました。和やかな雰囲気の中にも、有名な歌の上の句が詠み上げられたときは素早く取り合う緊迫した場面もありました。60枚詠み上げ、個人戦の部では6名が20枚以上をとり、優勝は31枚でした。クラス対抗では優勝1組、準優勝2組でした。

生徒の感想を掲載します。
1組 代表生徒
 僕は個人がクラス内で2位と言う結果にとてもうれしく感じました。百人一首大会で感じたことは、集中力が大切だということです。数多くある歌の中から一枚を探すのは大変でした。また、クラス対抗戦では1位でした。1組の全員が1枚でも多く取りたいという執念が1位という結果に結びついたと思います。また来年もあれば、頑張りたいと思います。

5組 代表生徒
 今回の百人一首大会で準優勝出来て学んだことがあります。それは一人ではできないこともみんなが集結し力を合わせることで成し遂げられることもあるのだと思いました。私自身、あまりクラスに貢献できませんでしたが、一人一人が覚えてきた札や知っている札を全力で取りに行っていたので、そこが勝因だと感じました。次の行事でも、一人一人が全力で取り組めるよう頑張ります。