ぶらり相生第18号「播州相生焼」

 焼き物といえば、お隣岡山県の備前焼、佐賀県の有田焼・伊万里焼などが有名ですが、兵庫県内にも多数焼き物の窯業地が存在します。そのうち、日本六古窯の一つが篠山市の丹波立杭焼です。ちなみに他は岡山県の備前焼、愛知県の瀬戸焼・常滑焼、滋賀県の信楽焼、福井県の越前焼です。
 さて、相生高校が所在する播磨地方が、古代において日本の須恵器窯業地として最盛期を誇っていたことをご存じでしょうか?今も播磨地方には窯跡が数多く残っており、当時の状況を大いに物語ってくれます。神戸の神出窯跡、明石の魚住窯跡、そして相生にも那波の北西、入野に那波仁清窯跡、竜野藩の野田窯に陶土を供給していた那波野に那波野窯跡があります。合わせて古窯址が約200基余りといわれています。
 江戸時代には、海老名洪次が、相生の枝郷、古池に、文化10(1813)年、古池窯を興したことが「海老名古文書」に記されています。その後、明治初期には、営みがとだえることになってしまいます。
 平安時代に隆盛を誇った相生製品(壺・瓶など)は、西は九州・唐津、東は京都、南は四国・徳島まで流通していました。特徴は、製品上部に耳が二つある双耳壺であり、製品上部に出っ張った線が施されている突帯椀壺です。東播磨の神出・三木・魚住の東播窯が沈線椀であるのと対照的です。東播窯では、平安時代後期から末期の奈良・京都の大寺の瓦生産が大量に行われ、出土された瓦笵(型)から判明しています。
 最近、古代・中世の播磨の窯業に関する研究が進み、相生市内の入野地区、西後明地区、そして相高の北側の光明山地区に窯跡があったことが調査の結果、わかってきています。相生が冒頭の日本六古窯に匹敵する貢献をしていた痕跡です。
 また、江戸期の終わりから明治にかけて藩の窯が築かれてはいますが、窯業が衰退したことが幸いし、周辺には良質の陶土がまだ多く残されています。その陶土を用いた播州相生焼は、土味を活かした作品として制作されています。

さわやか挨拶運動

 2月9日(金)、氷点下-5℃、大寒波の影響で凍えるような寒さの中で、本校生徒会が山手1丁目自治会の方々と共に、相生駅北側ロータリーで「さわやか挨拶運動」を行いました。
 今年度から挨拶運動の前に駅周辺のゴミ拾いを行っています。校長先生も生徒会と一緒に、タバコの吸い殻を中心に多くのゴミを拾うことができました。一カ月に一度ですが、街のために何かできるということは、挨拶同様、達成感があります。
 生徒会と自治会の方の大きな挨拶の声が響きわたる、寒さの中にも元気が伝わる「さわやか挨拶運動」でした。

平成29年度全校読書会

平成30年2月7日(水) 6限に全校読書会を行いました。実施した講座を下表に上げています。今年度は、学 力向上事業「アクティブ・ラーニングの視点から学習・指導方法を考える」グループの研究会で、他校の教員を 授業参観の場を設けました。わずか1時間でしたが、各講座毎に趣向を凝らして、充実した読書会となりました。 終了後の研究協議会でも、相高生の高い可能性を評価して下さり、活発で前進的な意見・助言を頂きました。
 40・41回生で行った、第39回全校読書会。各々が普段とは違う顔触れで受けた新鮮な授業を、各クラスに持ち帰って、その経験によりお互いを高め合えることに生かしてくれることでしょう。
 他の人の感じ方や考え方の違いに気づく、貴重な体験を大切にしましょう。

講座番号 図書名 著者 受講者数
芥川龍之介 15
練習球 あさのあつこ 15
勝とうとするから意味がある 阿部夏丸 14
夕日の続く道 石田衣良 15
野菊の墓 伊藤左千夫 15
ガイド 小川洋子 15
パニック 開高健 15
さがしもの 角田光代 15
ガク物語 椎名誠 13
10 狐フェスティバル 瀬尾まいこ 13
11 マジック・アワー 関口尚 15
12 瀕死の琵琶湖 立松和平 15
13 強力伝 新田次郎 13
14 オツベルと象 宮沢賢治 15
15 チヨ子 宮部みゆき 15
16 高瀬舟 森鴎外 15
17 見つめられる日本 吉田ルイ子 13
18 鉄道員 浅田次郎 15
19 脳はなにかと言い訳する 池谷祐二 14
20 日本人とユダヤ人 イザヤ・ペンダサン 13
21 博士の愛した数式 小川洋子 15
22 覚悟のすすめ 金本知憲 15
23 素直な戦士たち 城山三郎 12
24 天然記念物の動物たち 畑正憲 15
25 手紙 東野圭吾 15
26 点と線 松本清張 15
27 いちご同盟 三田誠広 15

読書会の風景

ひょうご学力向上サポート事業に係る協議会

校長 西 茂樹

 本校はひょうご学力向上サポート事業の研究指定を受け、「アクティブ・ラーニングの視点から学習・指導方法を研究する」グループに所属して、生徒の主体的・対話的な学びを推進する取組を研究しています。
 その一つとして位置づける「読書会」を2月7日(水)に開催し、同グループに所属する県立阪神昆陽高等学校・県立宝塚東高等学校・県立北条高等学校・県立西脇北高等学校からそれぞれ担当者にご参加いただき、読書会参観、読書会に係る研究協議、各校の取組紹介と情報交換を行いました。
 現在、国において検討中の新学習指導要領では、学習というものを、①知識・技能の習得 ②思考力・判断力・表現力の育成 ③学びに向かう力・人間性の育成、という三つの柱で再整理し、「主体的・対話的で深い学び」を通して教育の質を高めることを目指しています。加えて、「探究活動」を積極的に取り入れること、授業改善に努めることなども謳われているところです。
 本校においても、この「主体的・対話的で深い学び」、いわゆるアクティブ・ラーニングの視点から生徒達の学力向上に向けて、指導方法を研究・実践しているところです。
 本校では、読書会を「エクス・フォメーション」の学びととらえています。「エクス・フォメーション」とは「イン・フォメーション」と対になる言葉で、知識を取り込んで自分を創るイン・フォメーションと違い、自分の思考をアウトプットして他者と交流し、相互のフィードバックにより思考を深めることをねらいとしています。さらに、その活動を生徒達が運営する、まさに「主体的・対話的で深い学び」、アクティブ・ラーニングであると考えています。
 研究協議では活発な意見交換が行われました。いただいたご意見を今後の改善に活かしていきたいと思っています。

 

1年5組 特別非常勤講師 からくり人形の実演

 2月6日(火)、1年5組自然科学コースは6時間目の授業で特別非常勤講師 塩田憲次先生をお迎えして、からくり人形の世界を講義していただきました。
 全て塩田先生の手作りのからくり人形を実演していただき、塩田先生の巧みな話術で江戸時代のテクノロジーを紹介していただきました。普段は見ることのないからくり人形の中を、手に取れる位置で見せていただき、その原理や理論を説明していただきました。
 電気ではなくゼンマイ仕掛けのアナログなテクノロジーは新鮮で、生徒達も興味深く人形の中をのぞき込み、その原理に感心していました。公演後の感想では、異口同音に初めて間近に見るからくり人形の繊細で緻密な日本の技術に感心し、江戸時代の物作りの原点ともいえる技術を誇りに思う言葉を綴っていました。

生徒の感想から
 「使われているものは、木と糸がほとんどで、今では手に入りにくい鯨のひげの代わりに金属のバネが使われています。バネが戻る動力を使い、複数の歯車を組み合わせて、動く速さを調節し、動きの数だけつながれた糸を大小様々な形状をしたカムを用いて引くことにより、よりリアルに再現された人形の動作は、組み立てるだけではなくその調節に多大な時間がかけられていることを知り、より感動しました。」

 当日は、朝日新聞の取材をうけ、生徒を代表してインタビューに答える長峰君の記事も掲載されました。2月7日付けの朝日新聞もあわせてご覧下さい。

3学期 通学路清掃

 1月31日(水)、放課後15時40分から、生徒会執行部、1・2年の通学委員・風紀委員・美化委員と有志の約70名により通学路清掃を行いました。
 1年生は学校西側から相生駅周辺まで、2年生は学校南側を国道2号線まで、お揃いの蛍光イエローの相高ジャンパーを着て、通学路周辺のゴミ拾いを行い、生徒会執行部は学校東西の入り口とグランドへの階段、そして学校周囲の落ち葉拾いも含めて丁寧に清掃しました。
 1時間弱の活動でしたが、多くの空き缶やタバコの吸い殻を回収することができました。最後に集められたゴミを、生徒会が分別して終了しました。

1年生 百人一首大会

 1月31日(水)、1年生が6時間目のLHRでクラス対抗の百人一首大会を開催しました。
 古典に親しむこと、クラスの親睦を図り、団結力を育むことを目的として実施しました。生徒たちは真剣なまなざしで、勝敗に一喜一憂していました。和やかな雰囲気の中にも、有名な歌の上の句が詠み上げられたときは素早く取り合う緊迫した場面もありました。60枚詠み上げ、個人戦の部では6名が20枚以上をとり、優勝は31枚でした。クラス対抗では優勝1組、準優勝2組でした。

生徒の感想を掲載します。
1組 代表生徒
 僕は個人がクラス内で2位と言う結果にとてもうれしく感じました。百人一首大会で感じたことは、集中力が大切だということです。数多くある歌の中から一枚を探すのは大変でした。また、クラス対抗戦では1位でした。1組の全員が1枚でも多く取りたいという執念が1位という結果に結びついたと思います。また来年もあれば、頑張りたいと思います。

5組 代表生徒
 今回の百人一首大会で準優勝出来て学んだことがあります。それは一人ではできないこともみんなが集結し力を合わせることで成し遂げられることもあるのだと思いました。私自身、あまりクラスに貢献できませんでしたが、一人一人が覚えてきた札や知っている札を全力で取りに行っていたので、そこが勝因だと感じました。次の行事でも、一人一人が全力で取り組めるよう頑張ります。