卒業式式辞

校長 西 茂樹

 「木は欣欣として以て栄ゆるに向かい、泉は涓涓として始めて流る」
 中国の詩人陶淵明は、長い冬を終え、漸く訪れた春の喜びを『帰去来辞』でこのように詠っています。自然の営みは実に確かで、校庭の木々も生命の兆しを内に抱き、窓越しに差し込む光も、時折はっと思うほどに柔らかく、春がすぐそこまで来ていることを予感させます。
 本日は、相生市長 谷口芳紀 様 相生市教育長 浅井昌平 様をはじめ、多くのご来賓の方々、保護者の皆様のご臨席を賜り、このように盛大かつ厳粛に本校第三十九回卒業証書授与式を挙行できますことに心から感謝いたしますとともに厚くお礼申し上げます。
 三十九回生の卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。ただ今卒業証書を授与いたしました二三五名の皆さんに、本校教職員を代表して、心からお祝いを申し上げます。
 皆さんにとって本校三年間の一番の思い出は何でしょうか。勉学、部活動、学校行事、相高坂、中には学年通信「翔る」を挙げる人もいるでしょう。この「翔る」には三年間の本校での学びを礎に、将来地域のリーダー、日本のリーダー、世界のリーダーとして大きく羽ばたいてほしいという岸本由樹学年主任を始め、学年団の先生方の熱い思いが込められています。その期待に応えるかのように、皆さんは濃密で充実した時間を過ごし、大きく逞しく成長しました。「人は変わる」「まだまだ伸びる」を合い言葉に、「チーム三十九回生」として何事にも妥協を許さず一丸となって全力で取り組んできた皆さんの溌剌としてまばゆいばかりに輝いたその姿は、確と私の目に焼き付いています。
さて、皆さんが生き抜くこれからの時代には、どのような社会が待ち受けているのでしょうか。
 人生八十年時代と言われる中で、皆さんが高校生活を送られたわずか三年間を例に挙げても、入学の年には、「安心してください」というフレーズが流行語になるほどに、テロ事件などによる社会不安、マンション傾斜問題などによる生活不安が襲ってきました。翌年には、イギリスのEU離脱や、トランプ氏のアメリカ大統領就任など、既成の枠組みに対する民衆の危機感や不安が一つの形となり、「トランプ現象」とも言われてポピュリズム、いわゆる大衆迎合主義が台頭しました。そして昨年は、世界情勢が一層不安定さを増す中で、国内でも数々の疑惑や不祥事が相次ぎました。
 加えて、世界各地で頻発する甚大な自然災害、地球規模で進行している深刻な環境問題など、時代は必ずしも明るいものばかりではなく、寧ろ、流動的で先の読めない不透明感が漂い、多くの課題が山積しています。これらの難題は、私達一人の努力では如何ともしがたく、人と人、国と国が相互に助け合い、励まし合い、支え合っていかなければ解決できないものばかりです。これからは、グローバルスタンダードを基盤とした意思決定が益々重要になってきます。それぞれの価値観や文化、生活習慣の違いなどを超えて、互いを認め合いながら共生していくための社会づくり、システムづくりが不可欠になってきます。
 こうした状況下にあって、私が日頃感じていることの中から、特に三つのことをお願いし、皆さんへの餞別にしたいと思います。
  一点目は、生きる上でのしっかりとした目標と強い意志を持ち続けてほしいということです。
「諦めない力と忍耐力があれば、どんな困難をも打ち破り、どんな障害物をも消し去るほどの魔法のような力が湧いてくる」と言ったのは、アメリカ第六代大統領ジョン・クインシー・アダムズです。目標を達成するための絶対条件は諦めない強い意志だ、と言いたいのだと思います。やり遂げたい目標を持っている人には、必ずと言っていいほど、次々と苦難が立ちはだかるものです。そんな時こそ、具体的な行動目標を設定し、自分の座標軸をしっかりと見据え、不退転の意志を持って、挫けず倦(う)まず努力を続けてほしいと思います。「今を生きる」とは強い意志を持つこと、決して尽きることのない燃えたぎるような情熱を忘れないことだと肝に銘じてください。
 二点目は、挑戦する勇気を持ち続けてほしいということです。
人には無限の可能性と創造力があると言われます。それを伸ばすには、無論、知識や経験、環境などさまざまな条件が必要ですが、何よりその大前提となるのは、行動力です。遺伝子を使った医療技術の実用化が期待される中で、妻であり、母でありながらも、研究に勤しみ、働く女性という環境に身を置いて、世界初の遺伝子解析用DNAコンピュータの試作機を完成させた唐木幸子さんは、その著書の中で、「やりたいことが明確ならば、本気になって挑戦する勇気さえあれば、できない環境ぐらい、必ず打破できる」と語っています。挑戦する勇気を持ち続け、自らの道を自らの力で切り拓いていってください。
 三点目は、感謝の気持ちを持ち続けてほしいということです。
時に厳しく諭し、時に温かく見守ってくださった先生方、三年間ここ相生高校で同じ時空を共有し、悲しみは半分に、喜びは何倍にもしてくれたかけがえのない三十九回生の仲間、いつも大きな愛情で包み、陰から支え応援してくださった家族、そして数々のご支援をいただいたPTA、同窓会、相生市を始めとする地域の方々。皆さんが今日、卒業の日を迎えることができたのは、もちろん、皆さんの弛まぬ努力によるのですが、その裏にはこうした多くの方々の励ましやご支援があったからこそです。「感謝の気持ちは幸福の安全弁」と言ったのは松下幸之助氏ですが、感謝の気持ちを忘れることなく、心豊かに生きてください。
 保護者の皆様に、この場を借りまして一言申し上げます。皆様の大切なお子様をお預かりし、教職員一丸となって全力で取り組んで参りましたが、期待に応えられたのかどうか、忸怩たる思いもありますが、私どもの教育方針をご理解いただき、ご協力賜りましたことに心からお礼申し上げます。また、お子様を大切にはぐくみ育ててこられた皆様方には、この十八年間、言葉には尽くせないほどのご苦労があったことと推察いたしますが、今日この日を迎えられ、心からお慶びとお祝いを申し上げます。今後とも引き続き、本校に対して変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。
 最後になりましたが、縁あってこの相生高校の学び舎に集い、ともにはぐくんだ校訓「自律・創造・敬愛」の精神。この精神を深く胸に刻んで、卒業生の皆さん一人ひとりの活躍が母校の喜びや励みになることを、そして三十九回生全員の力になることを決して忘れず、命を大切に、自信と誇りをもって、悔いのないすばらしい人生を歩んでいかれることを祈念しています。
 行くなれと とどまる我と 春二つ
 卒業生の皆さんに限りない惜別の思いを残しつつ、その洋々たる前途祝して、式辞といたします。

皆勤賞授与式・記念品贈呈式・同窓会入会式

 2月27日(火)、卒業証書授与式前日に、皆勤賞授与式・記念品贈呈式・同窓会入会式を行いました。
 皆勤賞授与式では、第3学年主任から皆勤賞受賞者38名の氏名が読み上げられ、代表が校長より表彰状を受け取りました。

 続いて、記念品贈呈式を行いました。
(1)卒業生から学校に記念品贈呈
 39回生の皆さんから、卒業記念として、ジェットヒーターを贈呈していただきました。食堂や体育館で大切に使わせていただきます。ありがとうございます。

(2)PTAから卒業生に記念品贈呈
 卒業生がPTAから、卒業証書を入れて保存する証書ホルダーをいただきました。さらに皆勤賞受賞者は、温度計付き電波時計をいただきました。

(3)在校生から卒業生に記念品贈呈
 在校生から卒業生へ、印鑑及び印鑑ケースを贈呈しました。

 最後に、同窓会(相門会)入会式を行いました。同窓会役員で本校職員の大西康之先生(1回生)より、ご挨拶と歓迎の言葉をいただきました。

ぶらり相生第19号「宮本武蔵の相撲絵」

 宮本武蔵というと剣豪と知られ、佐々木小次郎と巌流島で決闘をするなど、各地で数々の決闘を行います。誕生にまつわる説については、兵庫県の高砂市・太子町、岡山県の作東町など今だに結論が出ていません。
 武蔵が著した『五輪書』には、剣の道のことが詳しく述べられています。現在の宮本武蔵像は、吉川英治の『宮本武蔵』の影響が大きいと思われます。
 さて、相生に宮本武蔵に関係する作品が残されています。武蔵は、剣術はもちろんのこと、作庭(明石城)、絵画、書などさまざまな才能をもっていたことでも有名です。
 そのうち、絵画に関するものとして、矢野町小河(おうご)の小河観音堂の寺宝である相撲図が保存されています。武者修行中であった武蔵が、槍の達人であった岡平十郎を訪ねた時に描いたものとされています。描かれているのは、野見宿彌(すくね)と当麻蕨速(たいまのけはや)の相撲図です。野見宿彌は、天穂日(あめのほひ)命の14世の子孫であると伝えられる出雲国の勇士です。第11代垂仁天皇(紀元前29年から70年まで在位)の命により、相撲をとるために出雲国より召喚されたといわれています。当麻に勝ち、大和国当麻の地を与えられ、垂仁天皇に仕えることになります。
 また、埴輪・古墳など葬送儀礼に関わったといわれ、土師臣(はじのおみ)の姓が与えられます。土師氏の中には、姓を菅原に改めた氏があり、その菅原氏から公家の五条家が出、五条家は野見宿彌の子孫であることから相撲司家となったとされています。
 宿彌は、播磨国立野で病により死亡したことから、相生の隣、たつの市に野見宿彌神社があります。

平成30年度自然科学コース推薦入試合格者発表

 晴天の下、2月15日(木)に実施された自然科学コース推薦入試の合格者発表が2月20日(火)にありました。本校玄関に合格者の受検番号が掲示されると、それまでの静寂とはうって変わって歓声があがりました。本校の第42回生として充実した高校生活を送られることを期待します。

情報メディア部写真班「ふるさと兵庫“すごいすと”」

 情報メディア部写真班では、兵庫県県民生活課が制作しているインターネット情報誌「ふるさと兵庫“すごいすと”」の制作に参加しました。「すごいすと」は高校生が発見した地域の魅力など多彩な兵庫の魅力を紹介することを通じて、ふるさとへの誇りや愛着につながる情報を発信するとともに、全国に兵庫ファンを増やすことを目的としています。

 ふるさと「相生」を全国の皆さんに知っていただくために、写真班では身近な「食」というテーマに絞りホームページを作成しました。今回、私たちが選んだ素材は、「かき」「うまいか」「若さのみそ」の3つです。ぜひホームページを見ていただき、皆さんの知らない相生の魅力を知っていただきたいと思います。

すごいすとHP アドレス http://www.hyogo-intercampus.ne.jp/sugoist/marumaru

第41回校内マラソン大会

 2月14日(水)、天気は快晴。絶好のマラソン日和のなか、第41回校内マラソン大会を開催しました。
 9時前に開会式を行い、相高生体操やランニングで準備運動をした後、西校長のピストルの合図でスタートを切りました。曲がり角や坂道の多いコースですが、女子は4.5km、男子は8.1kmを走りました。途中、走路の要所要所で安全のために立ち番をしている先生方の声援や、地域の方々の応援に励まされ、生徒たちはゴールを目指して頑張りました。

 ゴールした生徒の顔には、順位に関係なく、走りきった達成感やすがすがしさが感じられました。また、ゴール後、30名余りのPTAの方々による「炊き出し体験」で、豚汁を頂きました。
 その後、校庭にて表彰式を行い、男女上位10名が表彰を受けました。
  女子 1 位記録 18’21
      2 位    18’40
      3 位    19’01
  男子 1 位記録 26’41
      2 位    26’54
      3 位    28’05

マラソン大会挨拶

校長 西 茂樹

 天候にも恵まれ、今日ここに第41回校内マラソン大会を迎えました。
 皆さんの中には、できれば走りたくないと思っている人も少なからずいるのではないかと思います。
 実は、マラソンには多くのメリットがあります。例えば、脳内の新しい神経幹細胞を作る作用を促進して脳の老化を防いだり、思考力や記憶力を高めたり、また免疫力を高めて病気予防にも非常に有効であるそうです。この他にも多くのメリットがあると言われています。こうして考えると、マラソンの意義には計り知れないものがあります。その意義、重要性を再認識してください。
 ところで、私はマラソン大会を通じて、皆さん一人一人の中に秘められた無限大の力を見せてほしい、苦しみを乗り越えたその先にある歓喜・感動をここにいる全校生でともに分かち合ってほしい、「Can Do! やればできる」という自信を一人一人に持ってほしい、そう願っています。
 今日のマラソン大会が皆さん一人一人をさらに成長させてくる機会となることを期待しています。
 最後になりますが、PTAの方々のご支援により、炊き出しをしていただいています。本当にありがとうございます。皆さん、完走後に感謝していただいてください。

2年4組 特別非常勤講師 からくり人形の実演

 前週の1年5組自然科学コース対象に引き続き、2月13日(火)に2年4組(理系クラス)対象に塩田憲次氏によるからくり人形の実演を行った。
 はじめに茶運び人形、次に弓曳き童子、最後にでんぐり返し人形が実演された。茶運び人形と弓曳き童子の動力は板ばねを使用しているが、江戸時代はセミクジラのひげを用いていたということで本物のひげを披露した。でんぐり返し人形はクイズ形式で考えさせたところ三田彩葉さんが水銀と正解を答えた。それぞれの人形の動きだが、茶運び人形は決められた位置(客人の前)まで進み客人がお茶をとると両腕が上がりストップし、飲み終えたお茶碗をもとに戻すとくるりと180度向きを変え、もとの位置までもどった。両腕の上下の動きがストップ、ゴーの鍵になっていた。弓曳き童子は6つの糸を使った下からのあやつり人形であることを説明されたが、この人形の特徴としてそれぞれ異なる形状の板6枚を1本の軸に通し(カムという)それが回転して童子の顔が動いたり、矢をつまんだり、弓を曳いたりする動作に変換される。矢が的を射たとき大きな歓声があがった。でんぐり返し人形は水銀がゆっくり移動している間ブリッジをした状態で静止しているので、固唾を飲んで大丈夫かと見守っていたが、くるりと下段に降りると何とも言えない安堵感が広がった。その後同じ動作が3度繰り返されたがその都度生きているかのように感じられた。構造を説明するために最初の2つの人形は衣装をはずし、板ばねの速度を緩める調速機能などよくわかった。最後のでんぐり返し人形は時間の都合で頭のみ取った状態で実演された。
 映像でこれらの人形を見ていた生徒が6人いたが、全員初めて生で見て、講師の方から構造について詳細な説明を受けたので、ものづくり日本の次の担い手となる若者に古の智恵が伝授されたと感じた。

生徒の感想より
・初めて弓を射るからくり人形を見てとても驚いた。矢を取り、弓に番えて、的に向かって射るという複雑な作業を、ただ板ばねを回しただけで行ってしまうのを見て、どのような仕組みなのかを考えてみても全く分からず、これほど複雑なものがはるか昔に作られたのかと思い、とても感動した。からくり人形が作られた江戸時代には勿論機械などなく、からくり人形は全て手作業で作られ、大切な役割を担う板ばねにはクジラのひげが使われていた。からくり人形を作るのに長い時間がかかるとわかっていたが、私が考えていた時間よりもはるかに長い時間を要するものだった。からくり人形を作るのがどれほど大変で、からくり人形がどれほど貴重かよく分かった。そんなからくり人形の実物を間近で見ることができ、とても有意義な時間を過ごせた。(男子)

・からくり人形の実演を見て、江戸時代にはこのような技術があったのだと感じた。人形の骨組みは全て木でできていて、釘は一切使っておらず、木のとめ具やくいで組み立てていた。現代ではロボットなどの開発が徐々に進んで注目されてきているが、ロボットだけでなく日本の技術を生かしたからくり人形にも興味をもつことができた。(男子)

・今回初めて生でからくり人形を見させていただき、その仕組みや技術に感動した。目の前で見させていただいたので細部まで見ることができた。「人形」というと「物」だと思ってしまうが、からくり人形は人間の動き方を糸で細かく表現していて、まるで生きているかのように見えた。特に、弓を放つからくり人形は、目線の動きが人間と同じようでとてもリアルだった。人形は1つ作るのに半年以上もかかると聞き、これを考えた昔の人の技術は非常に高かったのだろうと思った。動き出すまでに4年もかかると、自分なら途中で諦めてしまいそうだが、4年もかけてやっと動き出したときの達成感は本当に凄いだろうなと思う。からくり人形はロボットのようなものかなと思っていたが、ロボットとは違って少し速度が遅くて、愛らしいなと感じた。(女子)

・3体のからくり人形は昔読んだ本で少し見たことがあったけれど、実物を近くで見ることができて本当に嬉しかった。1つ1つのからくり人形の仕組みを教えてくださり、わざわざ着物を脱がせて構造を見せてくださったので、とても夢中になった。からくり人形の仕組みについて抱いた疑問も説明してくださったので、納得しながら実演を見ることができた。(女子)