ぶらり相生第17号「赤松氏と播磨」

 前号では、国史跡感状山城跡を紹介しました。室町幕府の要職にあった赤松氏の居城です。他に播磨の地には、白旗城跡、 置塩城跡があります。赤松氏は、播磨の地で勢力を得て、播磨の地で滅び、復活します。
 赤松円心は元弘の乱において、後醍醐天皇の皇子護良(もりよし)親王(大塔宮(おおとうのとうみや))の令旨を受けていち早く挙兵し、建武政権の樹立に多大な功績を挙げたことから、建武の新政において播磨守護職に補任されます。後、新政から離反した足利尊氏に味方し、尊氏が一時形勢不利に陥り九州へ西下している間は新田義貞の勢力を赤穂郡の白旗城で釘付けにして、延元元/建武3(1336)年の湊川の戦いにおいて尊氏を勝利に導く遠因を作り、播磨の他に備前、美作を領し、幕府の四職の1つとなります。
 時は流れ、6代将軍義教は将軍の権力強化をねらって、斯波氏、畠山氏、山名氏、京極氏、富樫氏の家督相続に強引に介入し、意中の者を家督に据えさせます。この頃、幕府の最長老格となっていた赤松満祐は義教に疎まれる様になっており、永享9(1437)年には播磨、美作の所領を没収されるとの噂が流れます。義教は赤松氏の庶流の赤松貞村(持貞の甥)を寵愛し、永享12(1440)年に摂津の赤松義雅(満祐の弟)の所領を没収して貞村に与えてしまいます。「次は義教と不仲の満祐が粛清される」との風説が流れはじめ、満祐は「狂乱」したと称して隠居します。
 満祐の子の教康は、結城合戦の祝勝の宴として松囃子(赤松囃子・赤松氏伝統の演能)を献上したいと称して西洞院二条にある邸へ義教を招きます。この宴に相伴した大名は管領細川持之(もちゆき)、畠山持永(もちなが)、山名持豊(もちとよ)、一色教親(のりちか)、細川持常(もつつね)、大内持世(もちよ)、京極高数(たかかず)、山名熙貴(ひろたか)、細川持春(もつはる)、赤松貞村(さだむら)で、義教の介入によって家督を相続した者たちばかりです。一同が猿楽を観賞していた時、甲冑を着た武者たちが宴の座敷に乱入、赤松氏随一の剛の者安積行秀が義教の首をはねてしまいます。
 満祐ら赤松一族はすぐに幕府軍の追手が来ると予想して屋敷で潔く自害するつもりでいました。ところが、夜になっても幕府軍が押し寄せる様子はなかったため、領国に帰って抵抗することに決め、邸に火を放つと、将軍の首を槍先に掲げ、隊列を組んで堂々と京を退去します。
 本拠地の播磨坂本城に帰った満祐は、足利直冬(足利尊氏の庶子、直義の養子)の孫の義尊を探し出して擁立し、大義名分を立てて領国の守りを固め、幕府に対抗しようとしました。その後細川持常、赤松貞村、赤松満政の大手軍が摂津から、山名持豊ら山名一族が但馬、伯耆から、播磨、備前、美作へ侵攻する討伐軍が決定します。山名持豊は但馬・播磨国境の真弓峠に攻め込み、この方面を守る赤松義雅と数日にわたり攻防があり、持豊は真弓峠を突破し、退却する義雅を追撃しつつ坂本城に向かって進軍します。
 持豊の軍勢は坂本城へ到り、持常の大手軍と合流して包囲します。守護所の坂本城は要害の地とは言えず、満祐は城を棄てて城山城(兵庫県たつの市)へ移ります。赤松一族は城山城へ籠城しますが、山名一族の大軍に包囲されます。義雅が逃亡して幕府軍に降服し、播磨の国人の多くも赤松氏を見放して逃げてしまいます。幕府軍が総攻撃を行い、覚悟を決めた満祐は教康や弟の則繁を城から脱出させ、切腹します。
 赤松氏が再興される歴史は、またの機会とします。お楽しみに。

さわやか挨拶運動

 1月26日(金)、気温-2℃、大寒波が居座る寒い朝で、雪がちらちらしていました。日の出(7時5分)前の時間から、本校生徒会・山手1丁目自治会の方が集まり始め、相生駅北側ロータリーで「さわやか挨拶運動」を行いました。
 生徒会の生徒も修学旅行明けで数名体調を崩して欠席していましたが、夜明け前から集まってきます。今年度から挨拶運動の前に駅周辺のゴミ拾いを行っています。タバコの吸い殻を中心に多くのゴミを拾うことができました。一カ月に一回ですが、街が美しくなることは、挨拶同様、気持ちのいいことです。
 生徒会と自治会の方の大きな挨拶の声が響きわたる、すがすがしい「さわやか挨拶運動」でした。

弦楽部箏曲班「琴 初春のしらべ」

 1月21日(日)、たつの市揖保川町で行われた「琴 初春のしらべ」(菊賀会主催)に参加し、「ヴィヴァルディの四季から『春』」を演奏しました。2年生が修学旅行中で1年生だけでの演奏だったので緊張しました。当日は、大人の方の琴、三絃、尺八の演奏を聴くことができ、いい勉強になりました。
 また、小学生も参加して頑張って演奏していました。
 裏方の仕事を手伝うこともでき、無事に役目を果たすことができました。普段できないことを経験することができ、とても有意義な一日になりました。

ぶらり相生第16号「相生市唯一国史跡 感状山城跡」

 史跡とはなんでしょうか?文化財を大きく分類すると、有形文化財、無形文化財、民俗文化財、記念物、文化的景観、伝統的建造物に分けられます。有形文化財の中には、建造物、美術工芸品があります。無形文化財の中には、演劇・音楽・工芸技術等が含まれます。民俗文化財は、さらに無形の民俗文化財と有形の民俗文化財に分けられます。そして、今回の“史跡”は、記念物の中に含まれます。記念物は、史跡、名勝、天然記念物に区分され、史跡は古墳や城跡、遺跡などです。感状山城跡は、城跡なので区分上は史跡となります。西播磨の国指定の史跡は8か所あります。姫路市の置塩城跡、たつの市の吉島古墳・新宮宮内遺跡、赤穂市の大石良雄宅跡・赤穂城跡、上郡町の赤松氏城跡・白旗城跡、山陽道野磨駅家跡、そして相生市の感状山城跡です。
 感状山城跡とは、歴史的にみてどのような位置づけになるのでしょうか。名称から感状とあるので、感状を与えられたもとになる城跡であることが想像されます。時は、鎌倉幕府・北条氏が滅亡後、後醍醐天皇派と足利高(尊)氏派が激しく権力争いを行っている時のことです。都を追われて高氏は、九州に落ち、勢力の立て直しを図り、再度上京の機を伺っていました。その時に起こったのが、1336(建武3)年の白旗山合戦です。後に感状山城と呼ばれる地で、足利高(尊)氏追討の新田義貞軍を50余日にわたり足止めにした結果、勢力を回復した高(尊)氏の軍勢が東上し、京都にのぼり、のちに室町幕府を開くことになります。この功績により、高(尊)氏は赤松則祐(そくゆう)に感状を与えたことから、感状山城とよばれるようになったといわれています。
 史跡の価値としては、石垣や建物跡・礎石・井戸跡、遺構が比較的よく残り、発掘調査により曲輪群の全貌が明らかにされています。中世山城の研究を進める上で貴重な存在です。築城は瓜生左衛門尉(うりゅうさえもんのじょう)で、整備したのは赤松則村(円心)の3男の則祐といわれています。

40回生 三木PA出発

9時20分、三木PAを出発しました。

道路状況にもよりますが、姫路駅南口には10時前に、相生駅南口には予定通り10時 に到着する見込みです。保護者の皆様、お疲れのところ申し訳ありませんが、お迎えよろしくお願いします。

お迎えの際、駅周辺に停車されますと、混雑の原因となりますので、少し離れた場所に停車をお願いします。また、夜も遅いですので、安全にご注意ください。

40回生 伊丹空港出発

20時30分、伊丹空港を出発しました。途中、三木PAでトイレ休憩を行います。

三木PAまでの所要時間は、約45分です。

三木PAを出発後、生徒自身の携帯から保護者の皆様に携帯で到着予定時間を伝えるよう指示します。