青少年伝統文化体験成果発表会

校長 西  茂樹

 12月17日(日)、姫路キャスパホールにおいて「伝統文化を通じ日本の未来を見つめる 和の心・文化力」というテーマのもと、兵庫県伝統文化研修館開設1周年記念事業が開催されました。
 第1部「青少年伝統文化セミナー成果発表」、第2部「特別セミナー 江戸音楽の魅力に触れる」に続いて行われた第3部「高校生による日本文化再発見トーク」に、本校1年生の寺坂裕世君が、今夏オーストラリア研修に参加して感じた食文化の違い「効率的なオーストラリアと一汁三菜の日本」と今後の日本の食文化のあり方についてスピーチしました。この第3部には本校を含め9校の高校生が参加し、スピーチのほか、デモレーターの司会進行による高校生シンポジウムも併せて行われました。
 「相生高校から世界へ」、これは相生高校のキャッチフレーズです。本校では、地域のリーダー、日本のリーダー、そして世界のリーダーの育成を目指しています。その一環としてオーストラリア国際交流研修を実施しています。今回スピーチした寺坂君もその参加者の一人で、オーストラリア国際交流研修を通じて感じた両国の食文化の違いから、日本の食という伝統文化に思いをいたし、発表してくれました。
 最近よく、「グローバル化」ということが叫ばれています。ややもすると、もっと海外に出て行こう、もっと海外のことを知ろう、という側面にばかり意識がとらわれがちですが、グローバル化には日本人としてのアイデンティティの根幹をなす、日本人としての拠り所ともなる日本の伝統文化に対する理解を深めておくことが実はもっと大切なことであると考えます。いくら海外に行っても、日本人として日本のことが語れなくては何の意味もありません。その意味においても、今回の発表会は多くの学びがあり、非常に有意義なものであったと思っております。
 最後になりますが、このような機会を与えていただいた関係者の皆様に深く御礼申し上げます。

NHK海外たすけあい街頭募金に参加しました

 12月16日(土)に日本赤十字社兵庫県支部がキャンペーンの一環として実施する街頭募金に、生徒会からの有志5名が参加しました。姫路駅北のみゆき通り入り口付近で、積極的に資料や風船を配ったり募金を呼びかけたりしました。とても寒い中でしたが、多くの方々に募金していただき人の優しさや温かい気持ちにもふれ、充実した有意義な体験ができたと思います。

兵庫「咲いテク」プログラム「Rikejoを囲む会inたつの」に参加しました

 平成29年12月16日(土)、県立龍野高等学校において兵庫「咲いテク」プログラム「Rikejoを囲む会inたつの」が開催されました。本校からは1年生3名の女子生徒が参加しました。
 神戸女学院大学人間科学部の高岡素子教授から「私はまだ知らない。理系選択の未来予想図」と題して講義を聞きました。午後からは、「測量法による醤油中の塩分定量とお茶の抗酸化性測量」の実験を行いました。交流会で他校の生徒と意見を交わし、ますます、理系の領域への興味・関心が深まったという感想があり、充実した一日となりました。

さわやかあいさつ運動

 12月15日(金)、気温1℃、日の出(7時1分)前の時間から、本校生徒会・山手1丁目自治会の方が集まり始め、相生駅北側ロータリーで「さわやか挨拶運動」が行われました。
 冬本番の寒い朝でしたが、いつものように駅周辺のゴミ拾いを行ってから、挨拶運動を行いました。落ち葉が多かったですが、タバコの吸い殻も多く拾うことができました。一カ月に一回ですが、街が綺麗になることは、非常に気持ちのいいことです。
 生徒会と自治会の方の大きな挨拶の声が響きわたる、すがすがしい「さわやか挨拶運動」でした。

グローバル語り部 国際理解講演会

青年海外協力協会近畿支部 職員 笠野 実希(かさの みき)氏

2017年12月15日(金)
 青年海外協力隊としてアフリカのマラウィへ派遣された経験を中心に、JICAの活動、開発途上国の現状、現地の人々の実際の生活の様子などを詳しく教えていただいた。
 「貧困の輪」を断ち切るには、お金や物資の援助ではなく、自立するための技術援助が必要であること。私たちの身の回りには海外製のものが溢れている現状を考えると、海外との関係を大切にしなければならないこと。日本が支援した国から、日本で災害が起こったときに支援をしてもらったということから、国際協力やボランティアは一方通行ではないこと・・・など、普段気付かないことに気付かされました。
 最後に、「貧困=不幸ではない」という言葉が非常に印象に残りました。写真で見せていただいた現地の子ども達の底抜けに明るい笑顔・・・私たちと変わらない同じ人間、みんなしっかり生きている、ちゃんと生活している。
 ボランティアを通じて他人のために何かできるだけでなく、自分も成長できる。青年海外協力隊のことをもっと早く知っていたら人生が違っていたかも、と締めくくられ、生徒たちのこれからの生き方に一つの指針をいただいた。