第39回相高生フォーラム

校長 西  茂樹

  11月15日(水)、第39回相高生フォーラム(弁論大会)を開催しました。このフォーラムは本校開校当時から脈々と続く伝統行事で、「自ら考え、主体的に学ぶ意欲・態度を養う」「自らの考えや意見を述べ、表現力を育む」「自らの頭で考え、創造する力を培う」という本校の学校教育目標を具現化する学校行事の一つとして位置づけているものです。
 日本の児童生徒の傾向として、OECD(経済協力開発機構)におけるPISA調査(学習到達度に関する調査)をはじめとする各種の調査から、思考力・判断力・表現力のほか、知識・技能を活用する力に大きな課題があり、他国と比較して自分に対する自信の欠如が顕著であるという結果が出ています。相高生フォーラムは、自ら主体的に思考しそれを表現する機会であり、また人前で発表することにより自分に大きな自信をもたらします。その意味において、日本の高校生に係るこうした課題の解決につながる取組の一つであると強く認識しています。さらには、今日求められている「主体的・対話的で深い学び」、いわゆるアクティブ・ラーニングに資する行事でもあるともとらえています。
 ところで、スピーチの一番大きな目的は、自分の思いを正しく聴衆に伝えることです。そのために意識しなければならないことは、「Logos(ロゴス=論理)・Pathos(パトス=感情)・Ethos(エトス=信頼感)」であると言われます。ロゴスが必要なことは言うまでもありませんが、それだけで聴衆の共感は得られません。個人的な体験や心に訴えるエピソードを盛り込んでパトスを高める必要があります。体験に裏打ちされたエピソードは聴衆にエトスをも与えます。また、単に原稿を読み上げるのではなく、大事な部分や結論の部分は抑揚をつけて大きな声でゆっくり話すなどリズムを変化させ、聴衆を惹きつける工夫も大切です。加えて、手の動きを取り入れたり、聴衆と目を合わせたりすることも効果的です。
 39回目を迎えた今回の相高生フォーラムでは、「生き方」「在り方」をテーマに、学年予選を勝ち抜いた1・2年生6名の弁士がスピーチを行いました。そのどれもに自分の思いを聴衆の心に訴えかけるさまざまな工夫が見られ、その結果、強い印象と大きな感動を与えるすばらしいスピーチでした。

2017もみじまつり 相生らじお公開放送

 11月11日(土)、12日(日)に羅漢の里で開催されたもみじまつりの「相生らじお」公開放送に、本校放送部が参加しました。今年は30番組2本だけでなく、バンドを結成し、演奏を披露しました。
 一日目は緊張のせいか番組、バンドともぎこちないところが見られましたが、 二日目は前日の反省を生かし、スムーズに進行することができました。
 また、「相生らじお」の番組内でも、「かがし」や模擬店のレポーターとして番組に参加するだけでなく、放送機器の操作やタイムキーパーなどの裏方としても関わりました。一年生は初めてのことで大変でしたが、相生らじおの方から頂いた『まずは自分たちが楽しむこと』というアドバイスのもと、積極的に取り組みました。生徒にとって良い体験ができ、とても充実した2日間でした。

秋季オープンハイスクール

 11月11日(土)、秋季オープンハイスクールを実施し、中学生と保護者、計21名の方々に参加していただきました。
 はじめに、校長が、本校の特色や勉学・部活動で活躍する生徒の様子、さらに地域と密着した全人教育への取組などを紹介し、このオープンハイスクールを通して本校の魅力を五感でたっぷり味わってほしいと、挨拶しました。次に、進路指導部長が、本校生の進路状況や、職業・学部ガイダンス、大学訪問などの進路実現にむけて行っている本校の取組などを説明しました。さらに、教頭が、本校の入試概要や相高の変わらない点、変わった点などについて説明しました。最後に、生徒会長が、本校の特徴や行事の様子、部活動の活動の様子を、映像や写真の視聴を交えながら紹介しました。
 その後、50分程度、本校教員が校内を案内し、土曜講座や校舎内の様子、学校紹介パネルの展示などを見学してもらいました。