第39回相高生フォーラム

校長 西  茂樹

  11月15日(水)、第39回相高生フォーラム(弁論大会)を開催しました。このフォーラムは本校開校当時から脈々と続く伝統行事で、「自ら考え、主体的に学ぶ意欲・態度を養う」「自らの考えや意見を述べ、表現力を育む」「自らの頭で考え、創造する力を培う」という本校の学校教育目標を具現化する学校行事の一つとして位置づけているものです。
 日本の児童生徒の傾向として、OECD(経済協力開発機構)におけるPISA調査(学習到達度に関する調査)をはじめとする各種の調査から、思考力・判断力・表現力のほか、知識・技能を活用する力に大きな課題があり、他国と比較して自分に対する自信の欠如が顕著であるという結果が出ています。相高生フォーラムは、自ら主体的に思考しそれを表現する機会であり、また人前で発表することにより自分に大きな自信をもたらします。その意味において、日本の高校生に係るこうした課題の解決につながる取組の一つであると強く認識しています。さらには、今日求められている「主体的・対話的で深い学び」、いわゆるアクティブ・ラーニングに資する行事でもあるともとらえています。
 ところで、スピーチの一番大きな目的は、自分の思いを正しく聴衆に伝えることです。そのために意識しなければならないことは、「Logos(ロゴス=論理)・Pathos(パトス=感情)・Ethos(エトス=信頼感)」であると言われます。ロゴスが必要なことは言うまでもありませんが、それだけで聴衆の共感は得られません。個人的な体験や心に訴えるエピソードを盛り込んでパトスを高める必要があります。体験に裏打ちされたエピソードは聴衆にエトスをも与えます。また、単に原稿を読み上げるのではなく、大事な部分や結論の部分は抑揚をつけて大きな声でゆっくり話すなどリズムを変化させ、聴衆を惹きつける工夫も大切です。加えて、手の動きを取り入れたり、聴衆と目を合わせたりすることも効果的です。
 39回目を迎えた今回の相高生フォーラムでは、「生き方」「在り方」をテーマに、学年予選を勝ち抜いた1・2年生6名の弁士がスピーチを行いました。そのどれもに自分の思いを聴衆の心に訴えかけるさまざまな工夫が見られ、その結果、強い印象と大きな感動を与えるすばらしいスピーチでした。

2017もみじまつり 相生らじお公開放送

 11月11日(土)、12日(日)に羅漢の里で開催されたもみじまつりの「相生らじお」公開放送に、本校放送部が参加しました。今年は30番組2本だけでなく、バンドを結成し、演奏を披露しました。
 一日目は緊張のせいか番組、バンドともぎこちないところが見られましたが、 二日目は前日の反省を生かし、スムーズに進行することができました。
 また、「相生らじお」の番組内でも、「かがし」や模擬店のレポーターとして番組に参加するだけでなく、放送機器の操作やタイムキーパーなどの裏方としても関わりました。一年生は初めてのことで大変でしたが、相生らじおの方から頂いた『まずは自分たちが楽しむこと』というアドバイスのもと、積極的に取り組みました。生徒にとって良い体験ができ、とても充実した2日間でした。

秋季オープンハイスクール

 11月11日(土)、秋季オープンハイスクールを実施し、中学生と保護者、計21名の方々に参加していただきました。
 はじめに、校長が、本校の特色や勉学・部活動で活躍する生徒の様子、さらに地域と密着した全人教育への取組などを紹介し、このオープンハイスクールを通して本校の魅力を五感でたっぷり味わってほしいと、挨拶しました。次に、進路指導部長が、本校生の進路状況や、職業・学部ガイダンス、大学訪問などの進路実現にむけて行っている本校の取組などを説明しました。さらに、教頭が、本校の入試概要や相高の変わらない点、変わった点などについて説明しました。最後に、生徒会長が、本校の特徴や行事の様子、部活動の活動の様子を、映像や写真の視聴を交えながら紹介しました。
 その後、50分程度、本校教員が校内を案内し、土曜講座や校舎内の様子、学校紹介パネルの展示などを見学してもらいました。

トライやるウィーク受け入れ

 11月6日(月)~10日(金)、たつの市立揖保川中学校の2年生4名が、トライやるウィークで本校において、就業体験を行いました。教師という職業は、授業が中心ですが、今回は授業以外の仕事について経験してもらいました。
 まずは、図書館整備です。本1冊1冊のほこりを拭き取ったり、順番に並べたり、2人1組で協力して作業をしていました。また、一人1冊おすすめの本のPOP制作にも挑戦してもらいました。完成品は、現在、本校の図書館に飾ってあります。

 そして、校内整備です。今回は校舎周辺の清掃と棚のペンキ塗りをしてもらいました。清掃活動では、落ち葉や校務員さんが刈った草をほうきや熊手を使って集めました。ペンキ塗りでは、雑巾でほこりや汚れを拭き取り、錆を落とした後、ペンキを塗ってもらいました。裏側や狭い隙間などは塗るのが難しかったようですが、4人で手分けをしてきれいに仕上げてくれました。

 また、図書館整備や校内整備の合間には、英語・体育といった授業やSHR、清掃活動に参加して、本校生とも交流しました。ふれあう時間は少なかったですが、楽しい時間を過ごせたようでした。
 このトライやるウィークを通して、生徒みんなが安心して学校生活ができるように、いろいろな人が陰で仕事をしてくれていることが、少しでもわかってもらえたのではないかと思います。中学生4名は、最初は少し緊張している様子もみられましたが、出会った人には大きな声で挨拶をし、最後まで一生懸命仕事をしてくれました。この経験を生かして、周囲の方への感謝を忘れずに、今後の学校生活をより充実させてほしいと思います。

第22回近畿高等学校スポーツクライミング大会

 11月12日(日)、強豪ラグビー部で有名な常翔啓光学園中学・高等学校(大阪府枚方市)のクライミングウォールにおいて、近畿大会が行われました。
 本校から2年生の前嶋咲希さん(兵庫県大会女子2位)が出場し、予選30名参加の中、11位と健闘しました。兵庫県は近畿大会上位2名(兵庫県予選上位5名参加)に、全国大会の出場権があったのですが、あと2ホールド(赤Vマーク2個分:約20~30cm程)分の僅差で、惜しくも全国大会出場はかないませんでした。


屋外にある西日本最大の施設だそうです。

左側の赤Vマークが女子のコースで、マーク以外のものを触ったら違反です。

3段目に挑む前嶋さん


全国大会出場目指して奮闘中

ぶらり相生第12号「相生に近代化遺産をみた!?」

 世界遺産として群馬県の「富岡製糸場」、島根県の「石見銀山」、広島県の「原爆ドーム」、九州(福岡・長崎・佐賀・鹿児島県)・岩手県・静岡県・山口県の「明治日本の産業革命遺産」など、近代化遺産が多く登録されるようになってきました。近代化遺産とは、幕末以降昭和戦前までの間に、近代的技術によって造られ、日本の近代化を支えた産業・交通・土木等に関する構築物のことです。
 さて、那波の中央公園の丘の上に、相生市立歴史民俗資料館があります。まさに近代化遺産そのものです。外観は、明治時代の洋風建物をモデルとしたということです。そのモデルは、若狭野町にあった市内最古の鶴亀高等小学校とされます。1階は造船に関する展示、2階は「中世の矢野荘」を中心とした歴史資料、城跡や窯跡などの考古資料を展示しています。また、同階には「郷土の偉人コーナー」があり、日本美術院創立に参加した福田眉仙(びせん)、小説家の水守亀之助や佐多稲子、俳人の浦山貢などの展示があります。身近なところに、近代化遺産があることをご注目ください。
 
 ちなみに、今年、日本遺産で播磨に関係する「播但貫く 銀の馬車道 鉱石の道~資源大国 日本の記憶をたどる73kmの轍(わだち)~」が認定されました。姫路市から養父市までの銀の馬車道が対象です。
 日本遺産は、地域の歴史的魅力や特色を通じて、日本の文化・伝統を語るストーリーで構成されます。従来の個々の文化財を指定する「点」としての文化財指定とは異なり、ストーリーで文化財を指定する「面」として捉えるところに大きな特徴があります。

特別講義「コンピュータによる画像処理」

 11月7日(火)、インスパイアーハイスクール事業の一環として、兵庫県立大学教授小橋昌司先生に、「コンピュータによる画像処理」と題して、画像情報処理についてわかりやすく講義をしていただいた。生徒は興味深く聴講し、特に、先生の専門である医療分野への応用の話には、最先端の研究に触れることができた。

兵庫県立相生高等学校「創立記念日」に寄せて

校 長   西 茂 樹

 11月8日は県立相生高等学校の創立記念日です。昨年、創立40周年の節目の年を迎え、今年は耐震化工事も終了し新たな歴史を刻む再スタートの年と位置づけて教育活動の一層の充実を図っているところです。創立記念日を迎えるに当たり、改めて本校の歴史と伝統を再確認し、今まで以上に相高生としての誇りを持ち、相高で学ぶ喜びを感じてくれることを願っています。

本校の沿革
 昭和52年04月01日 兵庫県立相生高等学校開設
 昭和52年09月25日 校旗制定
  昭和54年02月09日 校訓制定
 昭和54年11月08日 開校記念式典を行う・校歌制定
 昭和61年04月01日 英語コース・理数コース設置
 昭和61年11月08日 創立10周年記念式典を行う
 平成08年11月08日 創立20周年記念式典を行う
 平成15年04月01日 英語コースを国際情報コースに、理数コースを自然科学コースに改編
 平成18年11月11日 創立30周年記念式典を行う
 平成22年03月31日 国際情報コース 募集停止
 平成27年03月01日 学区再編に伴い、第4学区(旧西播学区、旧姫路・福崎学区)から入学
 平成28年11月08日 創立40周年記念式典を行う

 本校は、地域の大きな期待と熱い要望を受けて、昭和52年に開校しました。創立当初は設備も十分に整わず、何かと不自由な環境下にあったと聞いています。以来、地域から愛される学校づくりに向けて、教職員・生徒一丸となった「教えと学び」を営々と積み重ねてきました。その建学の精神は脈々と受け継がれ、地域社会や国際社会に貢献する多くの優秀な人材を排出し、着実に発展を遂げてきました。今年3月現在、卒業生は10,145名を数え、相生市内はもとより、国内外を問わず、各方面において多くの方々が活躍されています。
 また、学区再編に伴い、現在旧姫路・福崎学区から多くの新入生を迎えています。こうした変化の著しい環境下にあっても、相高の伝統を継承するとともに、さらなる飛躍に向けて、生徒・教職員が力を合わせて邁進していきたいと思います。そして、先輩方の熱意と営為に深く感謝しながら、本校での主体的な学びを通して、「相高から世界へ」一人でも多くの生徒が雄飛してくれることを願っています。

 

親子ハッピー工作

 11月5日(日)、兵庫県立こどもの館が主催する「親子ハッピー工作」が、そごう神戸店にて開催されました。この催しに本校から情報メディア部写真班がボランティアとして参加し、写真撮影・ビラ配りなどのお手伝いをしました。
 本事業は、高校生等が夢や希望を抱き、自分と地域に誇りを感じながら、地域の元気づくりに貢献する、こどもの館の「ふれあい体験ひろば」館外事業の一環としておこなわれました。 会場では高校生等が企画・運営するブースで、子どもたちが缶バッジ・ミニ花束・播州織クリスマスリース・播州織フォトフレームの工作を楽しみました。

防災避難訓練

 「兵庫県南海トラフ地震津波一斉避難訓練」として対象地域に緊急速報メールが配信された11月1日(水)、本校においても、相生消防署の協力を得て、防災避難訓練を実施しました。訓練は、兵庫県南西部に地震が発生し、その直後にB棟2階の化学教室から出火したという想定で、避難及び消火活動を行いました。
 避難終了後、西校長から講評があり、避難する際の具体的なあり方などについて話されました。そして、消防署の方から講評・講話をいただき、生徒2名・教員1名が実際に消化器を使った消火活動を体験しました。消防署の方から消化器の使い方を教えていただき、すばやく消火することができました。
 生徒達にとって、今回の避難訓練は、改めて災害への備えや災害発生時における各自の判断や行動について考える機会となりました。