41回生 第1学年 校外活動(グリーンエコー笠形)

 4月14日(金)空は快晴!生徒たちはみんな元気に相生高校に登校してきました。相生駅南バスターミナルにクラスごとに移動し、グリーンエコー笠形に向け出発。予定通り9:45頃到着しました。
 入村式の後、班ごとにカレー作り開始!みんなで分業しながら飯ごうでご飯を炊き、鍋でカレーを作りました。少し水っぽそうなカレーも中にはありましたが、「みんなの頑張り」と「大自然」のスパイスを加えたカレーは超美味!みんな完食でした。午後は前半クラスと後半クラスに分かれ、満開の桜を見ながらオウネンの滝への散策、クラス対抗で大縄跳びをして楽しみました。予定通り17:00頃には相生高校に帰着し、解散となりました。 新しいクラスの親睦を深め、団結力を高めることが出来ました。これから相校での生活で、クラスの団結力を生かして、学習や行事を乗り越えて行ってくれると思います。

○生徒感想
2組 女子
 私はこの野外活動でクラスの人と仲良くなれたのはもちろん、たくさんのいいところを見つけられました。入学して4日ほどが過ぎ、まだ名前も知らない人もたくさんいたけれどこの野外活動のおかげでクラス全員の絆が深まったと思います。特に印象が深かったのは、疲れ切った中、みんなで協力して頑張った大縄跳びです。みんなの頑張ろうという思いが一つになってとても感動しました。このクラスでもっとクラスの絆を深めていきたいです。
5組 男子
 僕はこの野外活動で「できて良かった」と思ったことがあります。1つ目はカレー作りです。途中で具材に火が通っていないというハプニングがあり、みんなであれこれ試した結果、おいしくできたということです。それによって班の皆と仲良くなれました。2つ目は大縄跳び大会で優勝できたことです。どうすれば上手く飛べるか話したり、みんなが飛びやすくなるよう考えたりするなど、1つの目標のためにみんなが一生懸命になって目標を達成できたことです。