第3・4・5回 高校生・ふれあい育児体験

 11月に入り、3回の高校生・ふれあい育児体験を、向かいの相生市立山手幼稚園にて実施しました。第3回は11月7日(月)に1年3組、第4回は11月16日(水)に1年5組、第5回は11月21日(月)に1年2組が子どもたちと交流しました。

 11月16日は、姫路にあるBANSHUストリートダンス協会の先生方にご指導を受けながら、ストリートダンスを通して園児たちと関わる時間を持つことができました。「あかとんぼ」の曲に合わせて準備体操を行った後、高校生もよく知っている曲でダンスを踊りました。園児は体を動かすことが大好きなので、次第にそわそわとし始めます。高校生はダンスを覚え、子どもたちに教え、そして先生の話を聞こうねと子どもたちに話しかけ、たいへん忙しく子どもたちとの触れ合いを楽しみました。交流の様子はNHKのニュースで放送されました。

 第3回・第5回はお弁当を食べた後、園庭や室内で遊びを通して交流を深めました。リレーや泥遊びで笑顔がたくさん溢れる時間を過ごし、高校生たちは「午後の授業も頑張れそうだ。とても楽しい時間だった。」と感想を述べていました。また、おりがみに書いたお手紙をもらった生徒は「長い時間一緒にいたわけではないけれど、ありがとうと書いた手紙をくれた。子どもたちの素直さが素敵だった。」と話をしてくれました。

 今年度計画していた5回の保育実習が無事に終了しました。快く実習を受け入れてくださった相生市立山手幼稚園の先生方に心より感謝申し上げます。

2016もみじまつり 相生らじお公開放送

 昨年に引き続き,もみじまつりで行われている「相生らじお」公開放送に参加しました。今年は30分番組を2本任されることになり,そのうちの1本は相生高校創立40周年にちなんで,1976年から10年ごとに,それぞれの年を振り返る番組を作成し,放送しました。
 自分たちの番組だけでなく,「相生らじお」の番組内でも,「かがし」や模擬店の紹介,放送機器の操作やタイムキーパーとして参加しました。昨年以上にラジオ放送に深くかかわることができ,とてもよい経験となりました。