第3・4・5回 高校生・ふれあい育児体験

 11月に入り、3回の高校生・ふれあい育児体験を、向かいの相生市立山手幼稚園にて実施しました。第3回は11月7日(月)に1年3組、第4回は11月16日(水)に1年5組、第5回は11月21日(月)に1年2組が子どもたちと交流しました。

 11月16日は、姫路にあるBANSHUストリートダンス協会の先生方にご指導を受けながら、ストリートダンスを通して園児たちと関わる時間を持つことができました。「あかとんぼ」の曲に合わせて準備体操を行った後、高校生もよく知っている曲でダンスを踊りました。園児は体を動かすことが大好きなので、次第にそわそわとし始めます。高校生はダンスを覚え、子どもたちに教え、そして先生の話を聞こうねと子どもたちに話しかけ、たいへん忙しく子どもたちとの触れ合いを楽しみました。交流の様子はNHKのニュースで放送されました。

 第3回・第5回はお弁当を食べた後、園庭や室内で遊びを通して交流を深めました。リレーや泥遊びで笑顔がたくさん溢れる時間を過ごし、高校生たちは「午後の授業も頑張れそうだ。とても楽しい時間だった。」と感想を述べていました。また、おりがみに書いたお手紙をもらった生徒は「長い時間一緒にいたわけではないけれど、ありがとうと書いた手紙をくれた。子どもたちの素直さが素敵だった。」と話をしてくれました。

 今年度計画していた5回の保育実習が無事に終了しました。快く実習を受け入れてくださった相生市立山手幼稚園の先生方に心より感謝申し上げます。

2016もみじまつり 相生らじお公開放送

 昨年に引き続き,もみじまつりで行われている「相生らじお」公開放送に参加しました。今年は30分番組を2本任されることになり,そのうちの1本は相生高校創立40周年にちなんで,1976年から10年ごとに,それぞれの年を振り返る番組を作成し,放送しました。
 自分たちの番組だけでなく,「相生らじお」の番組内でも,「かがし」や模擬店の紹介,放送機器の操作やタイムキーパーとして参加しました。昨年以上にラジオ放送に深くかかわることができ,とてもよい経験となりました。

中学2年生トライやるウィーク受け入れ

 たつの市立揖保川中学校の2年生4名が、トライやるウィークで本校に来て就業体験を行いました。教師という職業は、授業が中心ですが、今回は、授業以外の仕事について経験してもらいました。校内の清掃美化や図書館等での整理整頓です。また、球技大会や授業等で使用する得点板づくりを、中学生が大きさや形状、表記の仕方をみんなで相談しながら作成してくれました。得点板は、大きく見やすく変更も簡単な本当に良いものが完成しました。球技大会等で使用するのが楽しみです。このトライやるで、生徒のみんなが安心して学校生活ができるように、いろいろな人が陰で仕事をしてくれていることが少しでもわかってもらえたかなと思います。中学生4名は、最初は、少し恥ずかしそうにしているところもありましたが、直ぐに慣れたのか、いつも大きな声で挨拶をし、明るく元気よく仕事をしてくれました。本校生とふれ合う時間は少なかったですが、ホームルーム等で、声をかけたり、一緒にレクリエーション活動を行ったりして、楽しく過ごせていました。この経験を生かして、周囲の方への感謝を忘れずに、今後の学校生活をより充実させてほしいと思います。

2学期通学路清掃

 11月9日(水)放課後に、生徒会執行部、1,2年生の美化委員、通学委員、風紀委員とボランティアの生徒で、通学路清掃を実施しました。1年生は学校から相生駅と駅周辺、2年生は相高坂から西側の通学路、生徒会は校舎周りを中心に行いました。短い時間でしたが、生徒たちは小さなゴミも見逃さず、地域美化に感謝を込めて取り組めました。
DSC00343DSC00349IMG_0543IMG_0544

40周年記念式典

 相生高等学校は、皆様方に支えられて、創立40周年を迎えることができました。多くの皆様に深く感謝し、御礼申し上げます。
 11月8日の創立記念日に、40周年記念式典を行いました。式典には、相生市長をはじめ14名の来賓の方にご出席頂きました。

兵庫県立相生高等学校40周年記念式典 

平成28年11月8日(火)

午後1時30分開式

【記念式典】

開式の辞

国歌斉唱

校長式辞

来賓祝辞

 谷口芳紀相生市長

来賓紹介

祝電披露

記念事業実行委員長挨拶

PTA会長挨拶

生徒代表喜びの言葉

校歌斉唱

閉式の辞

〔休憩〕

【吹奏楽部記念演奏】

【記念講演】

 伊藤鐘史氏 神戸製鋼コベルコスティーラーズ所属

(ラクビーワールドカップ2015日本代表)

演題「夢を実現するためのメンタリティ」

兵庫県立相生高等学校

体育館


 谷口市長から「40年という長い間、いろんな分野で活躍されている人材を輩出されていることに敬意をはらいます。部活動、ボランティアなどで地域貢献に感謝している。自分の人生を切り開いていく強い気持ち、志が大切。そのためには、綿密な計画が必要である。」とお言葉を頂きました。
 芦谷同窓会会長からは、40年前の思い出とともに、初代校長が開校式、入学式で言われた言葉を披露されました。


記念講演 講師伊藤鐘史さんP1030109P1030120
 記念講演では、ラクビーワールドカップ2015日本代表の伊藤鐘史さんにご講演頂きました。ラグビーに出会ってから代表として選ばれるまで。そして、代表として選出されてからの4年間についてお話頂きました。「『今を全力で!』どんな状況であっても縁のある所でとにかく頑張る。努力することで成長した自分に出会える。失敗したとしても、レベルが上がった自分になると、また次の目標に向かって頑張れる。」というメッセージを頂きました。
 講演後の質疑応答では、たくさんの手が上がりました。伊藤選手は、体や筋力の鍛え方、食事、生活のあり方などについて、自らの体験を交えながら、わかりやすく教えてくださいました。

 今回の式典を機に、私たちは40年にわたる先輩方の歩みを大切にしつつ、相生高校の更なる飛躍と発展に向けて弛まぬ努力を重ねる決意を新たにしました。
 今後とも、皆様方の温かいご支援、ご鞭撻をお願い申し上げます。

車椅子体験講習会

 10月26日(水)の放課後に相生市社会福祉協議会の方にお越し頂き、車椅子体験講習会を行いました。生徒は生徒会執行部、ホームルーム委員、保健委員など約80名が参加しました。
普段利用する相高坂で車椅子を押して上り下りをしたり、道路の凹みに車輪が落ちない方法を教えてもらったりしました。車椅子体験を通して介助者や利用者の気持ちを体感することができました。安心して、障がい者と健常者が共に生活していける環境作りを考えました。
DSC00537DSC00543

A棟耐震工事終了しました!

 A棟(普通教室棟)の耐震工事がようやく終了しました。28日午後から全校生徒によって、仮設校舎から机や椅子の移動を行いました。
 31日(月)から約6ヶ月ぶりにA棟の教室で授業を受けています。
image3

 仮設校舎はその後、配置変えを行い、B棟(特別教室棟)として使用します。
来校される際は、引き続き工事車両等に十分お気をつけくださいますよう、お願いいたします。
IMG_0534IMG_0538