オープンハイスクール

 8月23日(火)、24日(水)の2日間オープンハイスクールを実施しました。昨年同様、2日間で中学生・保護者・中学校の教員、計700名以上の方々に参加していただきました。

 生徒会執行部7名による進行で、吹奏楽部の歓迎演奏で学校紹介が始まりました。校長が、開校以来変わることなく受け継いで来た文武両道の精神、未来を見据えて進めている時代に即応した教育環境の改革、勉学・部活動で活躍する生徒の様子、耐震工事の状況などを説明しました。次に、生徒会長が、生徒会が運営する行事を中心に、DVDやスライドの視聴を交えながら、相生高校で学ぶ喜びや相高の特徴について説明しました。さらに、今夏オーストラリアで国際交流研修を行った18名を代表して4名の研修生が、シドニーでの2週間にわたる体験を報告しました。「物知りクイズ」をはさみながら、学校生活や授業の様子、ホストファミリーとの交流など興味深い話題を紹介してくれました。

 その後、50分程度、女子バレー部員・女子卓球部員・女子ソフトテニス部員による案内で、補習授業の見学、校舎や設備、文化部の展示などを見学してもらいました。さらに、運動部、文化部の活動を自由に見学していただいて、2日間のオープンハイスクールを終了しました。
IMG_1473IMG_7627IMG_7630IMG_7644

人権の集い

 8月10日(水)、相生市文化会館(なぎさホール)で行われた「人権の集い」に、ボランティアとして、本校生徒4名が、相生産業高校生4名とともに参加・協力しました。 相生市長の挨拶の後、女優・タレントの奥山佳恵さんが「生きてるだけで100点満点!」と題して講演されました。ダウン症の次男の育児体験を写真を交えて具体的に話されました。かわいい笑顔に励まされながら、日々わが子と向き合う過程で、命の輝き、宇宙で唯一人しかいないわが子の尊さを嚙みしめているという感動的なお話でした。
 司会・進行で宮崎さん、受付補助で高橋さん・呉山さん、案内・写真撮影で平田さんが「人権の集い」に尽力し、市の方々から感謝の言葉をいただきました。参加した生徒にとっても、人権についていろいろと感じ、考える貴重な時間であったと思います。

IMG_1633 IMG_1636 IMG_1637 IMG_1640