高校生・ふれあい育児体験(第5回)~1年5組

 本年度第5回目の高校生・ふれあい育児体験を、11月16日(月)に1年5組が向かいの相生市立山手幼稚園にて実施しました。

 今日の実習では、お絵かき、動物観察、竹馬など、1対1で遊ぶ姿が多くみられました。きっと園児たちは、頑張っている姿、上手にできる姿を高校生に見せたいと思ったのでしょう。フープも上手に回せるようになり、わずか2週間で園児が大きく成長している姿を見ることができました。
 
 いつものように園児に見送ってもらったのですが、その後、何度も山手幼稚園を振り返る高校生の姿が印象的でした。

芸術鑑賞会

 3年に1度の芸術鑑賞会を、11月10日(火)午後、実施しました。
 今回は、ゴスペルと津軽三味線およびそのコラボレーションです。

 第1部は、ゴスペルアンサンブルグループ「Everything Get To Be Good」によるコーラスです。
定番の「Amazing Grace」をはじめ、8曲演奏していただきました。ユーモアあふれる語りで生徒たちを和ませていただきました。また手拍子とかけ声で生徒たちも大いに盛り上がりました。

 第2部は、澤田勝司・澤田崇司さんによる津軽三味線の演奏です。途中、生徒の三味線体験コーナーもあり、4名の生徒が三味線の初演奏に挑戦しました。

 後半では、なんと「エレキ三味線」が登場し、衣装、演奏とも全く雰囲気の違うステージを繰り広げていただきました。

 最後に、ゴスペルとのコラボレーションで2曲演奏していただきました。

 生徒代表によるお礼の言葉と花束贈呈の後、生徒たちのアンコールに応えて、「世界にひとつだけの花」と「Oh! Happy Day」の2曲をコラボレーションで演奏していただきました。

 なかなか生演奏を聴く機会がない私たちですが、音楽の楽しさ、素晴らしさを体験させていただく素晴らしい機会となりました。
【お知らせ】鑑賞会中に案内のあった、感想等を投稿する掲示板はこちらです。 

車椅子体験講習会

 10月28日(水)、車椅子体験講習会を実施し、本校生徒61名(1・2年生のHR委員、保健委員、生徒会執行部、有志生徒)が参加しました。

 まず、相生市社会福祉協議会の方々や9名の講師ボランティアの方々から車椅子の取り扱い、車椅子のたたみ方、ひろげ方、押し方、ブレーキのかけ方、階段の昇り降り、坂道、グレーチング(側溝)、じゃり道の進み方などの説明を受けました。その後、生徒は6~7名の班に分かれ学校周辺を利用し、実体験活動を行いました。生徒は熱心に取り組んでおり、坂道、段差、砂利道などの様々なシチュエーションで時間いっぱい体験活動を行いました。

 体験活動後は会議室に移動し、車椅子体験の振り返りを行い、社会福祉協議会の方から講評をいただきました。最後に生徒会長がお礼の言葉を述べ、講習会を終えました。生徒達にとって、とても貴重な経験となりました。

「西播磨高原文化祭」ボランティア活動

 平成27年度「西播磨高原文化祭」が、10月25日(日)西播磨総合庁舎・播磨科学公園都市芝生広場で開催されました。

 本校の1・2年生の有志6名がボランティア活動で参加しました。司会・進行補助、着ぐるみ、案内係など、様々な分野で、文化祭の成功に寄与できました。参加した生徒達にとって、とても貴重な経験となりました。

 また、展示発表で書道部、ステージ発表でクラシックギター部・箏曲部の各部も発表しました。

高校生・ふれあい育児体験(第4回)~1年6組

 本年度第4回目の高校生・ふれあい育児体験を、11月2日(月)に1年6組が向かいの相生市立山手幼稚園にて実施しました。

 今日はあいにくの天気でしたので、お弁当を食べた後は室内で遊びました。

 静かに折り紙やお絵かきで遊ぶこどもたち、大きなブロックで剣を作って戦いごっこをしたり高校生に飛びついたり走り回ったりするこどもたち。子どもの遊びは本当に様々で、子どもたちの元気さに高校生は圧倒されてばかりです。

 楽しい時間はあっという間に過ぎ、「おにいちゃん、おねえちゃん、ありがとう。またきてねー」の声に送られて学校へと戻りました。

(▼以下の画像は一部加工しています)