職員カウンセリングマインド研修会を実施

 5月20日(水)、職員カウンセリングマインド研修会を行いました。

 臨床心理士で、本校のキャンパスカウンセラーでもある、有馬紀子先生に『生徒への理解を深める~カウンセリングマインドを通して~』というテーマでお話をしていただきました。

 青年期特有の様々な心のゆらぎを理解し、より適切な対応ができるように、教員としての資質向上をはかるよい機会となりました。

「第13回出る杭大会 司会ボランティア」~放送部

 「おてらdeらいぶ」に続いて、「出る杭大会」の司会を行いました。播磨科学公園都市「スプリングフェア2015」の一環です。規模の大きさに、朝から緊張してしまいました。

 シナリオも事前にいただいて練習してはいても、臨機応変に対応しなければならない状況がたくさん。文化祭や体育祭で似たような経験はしていたつもりですが、校外の行事なので、自分達には判断のできないこともあって、これが現実なのだと実感しました。

 その場でひとくちコメントを言うときには、「失礼がないように」と考え、目の前の人の動きにも対応しなければいけません。コマ対決にも参戦。音楽や踊りに太極拳も舞台袖で楽しみました。少し審査のお手伝いもしました。いたらない所もたくさんあったのですが、スタッフや出演者、来賓や観客の方々から優しい声をたくさん掛けていただいて、何とか最後までたどりつけました。

 今回も良い経験をさせていただいたことに心から感謝です。

「2015おてらdeらいぶ 司会ボランティア」~放送部

 昨年より地域の活動に参加させていただく機会に恵まれ、今回は、相生市矢野町の音楽会「2015おてらdeらいぶ」の進行係として声を掛けていただきました。

 場慣れしているプロ・セミプロの演者の皆さんはトークも面白く、経験不足が否めない私たちはパニック寸前。演者の方や自治会の方、ご住職に助けていただきながら、悪戦苦闘。とちると「愛嬌、愛嬌」の掛け声、わたしたちのコメントにも「ほぉー」と反応。とても暖かいライブでした。

 同世代の友達の中では経験できないこともたくさん。こんな経験をもっとしたいと思うようになりました。「町外の方にも、お寺や矢野町に来ていただいて、その良さを知ってほしい。」そんな企画に参加できたことをとても嬉しく誇りに思います。