「ビブリオバトル甲子園(播磨西大会)」に参戦~文芸部

 本校文芸部を代表して2年生の女子部員1名が、ビブリオバトル中高生の部(全5名のエントリー)に参加しました。昨年に続いての参加です。
 ビブリオバトルとは、「知的書評合戦」ともいい、発表者が原稿を見ずに、自分の言葉で自分のお気に入りの本を紹介し、聴衆にその本を読みたくさせるのを競うものです。以下のような流れで行われます。

1 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
     
2 順番に、1人5分間で本を紹介する。
     
3 それぞれの発表後に、聴衆からの2分間の質問を受けつける。
     
4 全員の発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を行い、最多票のものを「チャンプ本」とする。

 今回、行われたのは播磨西大会(地区予選、於 姫路・西はりま地場産業ビル)で、「チャンプ本」に選ばれると全県大会(於 神戸市)へと進めます。残念ながら全県大会出場とはなりませんでしたが、彼女は、『今を精一杯生きていたい 若年性パーキンソンの詩(久保田容子 著)』を、元気よく紹介してくれました。「本の中の著者と実際に会った著者との相違がありましたか」という質問が出ました。彼女は、「実際にお会いしてみて、詩集からも感じられたように、頑張り屋さんであるという印象を持った。が、もう少し周りに甘えてもいいのではないかと思った」という旨のことを答えました。
 人に自分の感動を伝えるのは、とても難しいことです。このブログを読んで下さった方々も、多くの本を読み、感動し、そしてそれを多くの人に伝えて欲しいと願います。効率よく伝えるためには、多くの本から色々な文体や考え方に触れ、その場に応じた表現方法を身につけることも大事ですね。
 なお、ビブリオバトルの正式名は、「ひょうご子ども読書活動推進フォーラム」です。