赤ちゃん先生

 6月27日(木)2時間目、3年生「発達と保育」の授業で、NPO法人ママの働き方応援隊の方々に来ていただき、生徒9名を対象に世界で一番若い赤ちゃん先生による授業を行いました。
 自己紹介の後、グループに分かれて、赤ちゃんをだっこするところから交流が始まりました。赤ちゃんのお母さんから生まれたときの頭や身体の大きさ、赤ちゃんの1日の生活、子育てなどについて教えてもらい、最後は手をつないで輪になって歌を歌いました。わずか25分の交流でしたが、最初は恥ずかしがっていたり、泣いていたりした赤ちゃん先生も、だんだん生徒たちと打ち解けていき、最後は笑顔で手を振ってお別れをしました。
 以下に生徒の感想の一部を掲載します。

・いつもなら遠くで見ている赤ちゃんとふれあうことは、とても新鮮でした。肌がすべすべで、ぷにぷにでびっくりしました。生まれたときの大きさをひもを使って見せてもらったときは「こんなに小さいのか」と思いましたが、それが1人の女性から産まれると思うと「こんなにも大きいのか」という印象に変わりました。

・ぬいぐるみを抱いて歩いて入ってきたところや、はじめのお母さんのあいさつで「小さなお母さん」をするようになったという話を聞き、自分の想像の2歳よりも成長の早さを実感しました。赤ちゃんがぬいぐるみに服を着せているのを見て、子どもは親をちゃんと見ているんだなと思いました。

・小さな子供が少し苦手で赤ちゃん先生の授業は不安でしたが、手を広げたら寄ってきてくれたり、こっちを見て笑ってくれたりすると可愛くて、幸せな気持ちになりました。話してくださったお母さんはとても幸せそうで、子育てが大変だということには変わりないけど、その分ちょっとしたことで喜べたり、嬉しくなったり、毎日に幸せが増えるのかなと感じ、私も子供がほしくなりました。

・赤ちゃんが産まれたときの体重や体の大きさ、頭の大きさなど、目に見える形で見ることができ、成長の早さを感じました。2人の赤ちゃんを見て、1歳離れているだけで、話すことができる言葉や動き、表情など大きく違うのだなと思いました。

・1日の生活を、0歳・1歳・2歳に分けて説明してくださり、年齢が1歳違うと生活がどう変わるのかわかりました。私は大学で発達心理学を学びたいと思っていて、この授業を通してまだまだ赤ちゃんには不思議がたくさんあると気づいたので、さらに学びたいと思うようになりました。

・人見知りすることが多い子だそうで、だっこさせていただいたときには、目から大粒の涙を流していました。赤ちゃんの泣いている姿をこんなにも間近で見たのは初めてで、赤ちゃんはこんなふうに泣くんだと感心しました。お母さんから「子育てをしていて大変なこともたくさんあるけれど、子供の笑顔を見ると頑張れる」とお聞きして、赤ちゃんの笑顔はお母さんにすごいパワーをくれるのだと感じました。

・お話を聞く前は、子育てが大変そうだという印象しかなく、1人ぐらい子どもがいたらいいなと思っていただけでしたが、お話を聞いて、子育てが大変でも楽しそうなお母さんを見て、たくさん子どもがいたらいいなと思うようになりました。赤ちゃんの年齢が1歳違うだけで、体重や身長、活発さなど様々なところで成長が見られ、赤ちゃんの成長ってすごいなと思いました。

・今までは子育ての大変な部分だけを見ていたけど、お母さんが最後に仰っていた「自分の子どもが1番かわいいし、子どもをほめられると嬉しい」という言葉を聞いて、子育てがいくら大変でも、それ以上に得るものがあったり、自分自身が成長できたり、少しのことで幸せになれたりと、たくさん良いことがあると知ることができました。

・私は幼稚園教諭を目指しています。子育ては手伝ってくれる人がそばにいる方がいいなど、貴重な体験談が聞けて参考になりました。私が実際に幼稚園などで働いたとき、お母さんの相談に乗って子育ての悩みを少しでも軽減できる先生になりたいと強く思いました。赤ちゃん先生の団体のように、私も人を癒して幸せにできる団体で活動したいです。このような活動を通して虐待や育児放棄が少しでもなくなることを願っています。

43回生 総合的な探究の時間

 6月4日に引き続き、6月25日(火)7限、相生市の企画広報課の方々3名に来ていただき、2回目の講話をしていただきました。内容は「相生市の課題とその対策」についてでした。「相生市は次第に人口が減少しており、特に年少人口が少なく、今後働く人が少なくなることで、税収が減少したり、若い人への負担が増大したりするといった課題がある。」「その対策として子育て応援宣言を提唱し『11の鍵』という施策を実施したり、相生市をPRするアニメ動画を制作したりすることによって、人口の減少幅が約半分になり出生数を維持することができた。」「ただ、これだけでは不十分なので相生市を来訪する人を増やすための施策を考えている。」といったものでした。そして最後に「新しいプロモーションの方法・内容を考えてください」「相生市へ来る人が増える方法を考えてください」という宿題を出されて講話が終わりました。
 生徒たちが社会に出るころには、少子高齢化、都市と地域の格差の増大という傾向は今よりも一層強っていると思います。相生市を題材にしながらもそれを一般化し、広く地域の活性化について、自分の希望する分野から考えてもらいたいと思います。
 そして最終的には生徒同士が話し合い、グループで発表してもらう予定です。生徒一人ひとりがこの問題について、主体的に関わり、考えてくれることを期待します。

43回生 総合的な探究の時間

 総合的な探究の時間は、多くの場合、自ら課題を発見し、主体的に学び、仲間と協働的に課題の解決に向けて考え、発表するという学習形態を取り、そしてその過程において思考力、判断力、表現力を養成することを目的として設定されている時間です。
 今年度は昨年の42回生に引き続き、「わがまち相生探究活動」と題し、相生市を含めた「地域の活性化」をテーマとし、自分たちが将来取り組んでみたいと思う「かかわり方の切り口」から考察していきたいと考えています。
 そのため、まず「わがまち相生市」を知ろうということで、6月4日(火)7限、相生市企画総務部企画広報課から、松尾課長はじめ4名の方に来校していただき、相生市の現状と政策についての説明をしていただきました。その中で相生市は、少子高齢化に伴う人口の減少に歯止めをかけるために平成23年度に「子育て応援都市宣言」をしたことや、相生市の知名度を上げるためにCMをアニメで制作しTVや映画館で放映していることなど、さまざまな取り組みをなされていることを教えていただきました。
 次回は6月25日(火)に具体的な課題について説明していただく予定です。生徒一人ひとりがこの問題について、主体的に関わり、考えてくれることを期待します。

インスパイアハイスクール事業  特別講義「探究活動の方法」

 4月26日(金)6時間目、42回生自然科学コースの生徒は、岡山大学環境理工学部教授の前田守弘先生より「探究活動の方法」について講義をしていただきました。
 講師の前田先生は本校の卒業生でもあり、2年で開講される「自然科学探究」を進めるにあたり、研究に対する心構えと研究の進め方や発表の方法のほか、高校教育と大学教育の違いなど、興味深い話を多く話していただきました。生徒たちは先輩からの助言を、メモを取りながら熱心に聞いていました。最後に設けられた質問時間でも積極的に質問し、研究発表をより良いものにしようとする姿勢がみられました。今回の講義で得られた知識は、これから始まる自然科学探究で生かされると思います。

42回生「総合的な学習の時間」ポスター・CM・HP優秀作品発表

 本年度42回生の総合的な学習の時間では、「わがまち相生探究活動」を行ってきました。相生市のテレビのCMをヒントにして、3年間お世話になる相生市に対して、相高42回生からの提言を目標に掲げて活動をしてきましたが、3月15日(金)3,4限、11月に行ったポスター発表の優秀班と、2月に行った相生市紹介のCM・HP優秀班の作品を発表しました。司会も、42回生が務めました。
 来賓として、相生市長様をはじめ、企画広報課長様、副主幹様、係長様、指導主事様の5名の方に、それぞれの作品に対して、指導・助言をいただきました。また、神戸新聞社の方も取材に来ていただきました。
 4月には、相生市に対して、どれほどの愛着を持って、情報の吸い上げ、情報の深みを生徒たちが求めてくれるか、大いに不安なところもありましたが、代表の10作品だけに限らず、生徒・教師が一丸となって、この探究活動に取り組めたことの成果は、今日の一日に集約されていたと思います。
 42回生が得たもの、見つけた課題は、42回生のこの先の活動機会や、43回生の「総合的な探究の時間」へと、さらに発展した形で引き継がれていくでしょう。ひいてはそれが、高校三年間お世話になった相生市、自分たちを育ててくれたわがまちを、よりよくする気持ちへとつながり、将来、自分たちが物事に主体性を持って臨み、困難なことにも、他の人と共通理解をもって立ち向かうことで協働性を育み、社会全体が成果を感じていけるよう、今回の経験を大切にしてほしいものです。

2年4組 特別非常勤講師 からくり人形

 3月15日(金)、先週に続き2年4組理系クラスで特別非常勤講師・塩田憲次先生をお迎えして、からくり人形の世界を講義していただきました。
 からくり人形3体「茶運び人形」「弓曳童子」「段返り人形」を実演していただきました。これらの人形は全て塩田先生の手作りで、設計図はネットからダウンロードされたそうです。現代に残されたものはほとんどなく、当時の設計図も無いことから、大学の研究室が調査し、その設計図を復元したそうです。塩田先生の巧みな話術で普段は見ることのないからくり人形の中を、手に取れる位置で見せていただき、その原理や理論を説明していただきました。

1年5組 特別非常勤講師 からくり人形

 3月8日(金)、1年5組自然科学コースは2時間目の授業で特別非常勤講師・塩田憲次先生をお迎えして、からくり人形の世界を講義していただきました。
 全て塩田先生の手作りのからくり人形を実演していただき、塩田先生の巧みな話術で江戸時代のテクノロジーを紹介していただきました。普段は見ることのないからくり人形の中を、手に取れる位置で見せていただき、その原理や理論を説明していただきました。
 電気ではなくゼンマイ仕掛けのテクノロジーは、様々なカムを使い少しずつタイミングをずらした糸で操ります。その仕組みは新鮮なアナログで、生徒達も興味深く人形の中をのぞき込み、その原理に感心していました。講義後の感想では、異口同音に初めて間近に見るからくり人形の繊細で緻密な日本の技術に感心し、江戸時代の物作りの原点ともいえる技術を誇りに思う言葉を綴っていました。

2月19日(火) 7時限 42回生 総合的な学習

 総合的な学習の時間の「わがまち相生探究活動」の各グループのポスターを利用し、グループの主張・提案発表をした2学期。その発表から得た課題を改善して、相生市への提言に向けての『CM紙芝居』、『数多く見てもらえるホームページ作成のヒント』の発表を、各教室にて行いました。前回の発表から時間が経っていたため、発表が真面目な硬いものが多くなっていました。“書く”表現は、少しずつ成長の跡が見られます。次は、“話す・言葉で伝える”表現力をどう高めていくか。なかなか難しい問題ですが、いろいろな経験から、言葉にする機会を増やしていきたいと思います。
 各クラスから選ばれた班については、後日、本校のホームページで紹介させていただきます。併せて、3月15日に予定されている、作品優秀班の発表に向けても、さらに磨きをかけて、少しでも良い発表になるよう、取り組ませたいと思います。

2月7日(木)4時限 42回生家庭基礎 調理実習(1年2組)

 1月終わりから、42回生(1年生)の家庭基礎の授業では、各クラス随時、調理実習を行っています。慣れない調理用具に四苦八苦して実習に臨んでいる者や、普段の家庭での手伝いの成果を発揮して、班のリーダーシップをとっている者など、座学では見ることができない姿が、実習の姿から伺えました。担任の先生が選んだ完成品優秀賞はこれです。美味しそうに仕上がった料理を前にして、いつもと違った教室で、笑顔のスパイスを最後の隠し味に舌鼓を打ちました。あとは、大切な片付けですね。
 実習が残るクラスもあとわずか。これを機会に、家庭でのお手伝い等に生かしてもらいたいものですね。

42回生 1学年 百人一首大会

 平成31年1月23日(水)6限 LHRの時間に、本校体育館において、1年生が「百人一首大会」を行いました。これは、日本独自の文化であるカルタ遊びを通して、豊かな教養を身につけ、クラスの親睦を図るなどを目標に、36回生から続けている本校の伝統行事となっているものです。各クラス8班、1班5人編成の班対抗で、100枚並べた札を2試合に分けて30枚ずつ取り、その合計枚数を競いました。9日に行ったクラス大会同様、各担任が読み上げるごとに、一文字目で勝負がつく班もあれば、下の句になってようやく札を取り合う班もありました。「はい」と大きな声で札を取る人もいれば、静かに札に手を伸ばす人に賛嘆の眼差しを注ぐ光景も見られました。減っていく札を見つめ、一首読まれるごとに歓声や悔しがる声が会場に広がりました。小学校、中学校での競技の経験を生かし、60枚のうち、一人で38枚も手にする強者もいました。
 これを機に、和歌を覚え、カルタを楽しむ時間が生活の中にさらに根付くことと思います。そして、日本独自の伝統や文化を大切にする、豊かな情操を備えた相高生に成長して欲しいと思います。