令和元年度1学期終業式 校長式辞

1学期の終業式を無事に迎えることを大変嬉しく思います。43回生が入学し、相高祭や球技大会など行事を成功させることができたのは、皆さんの力が思う存分に発揮できたからだと思います。
 では、皆さんに問題を考えてもらいましょう。
 
問題 次の命題は真か偽か。
  すべての科目の定期考査で、「良い」点数を取ることは簡単である。
自分で、正しいか、誤りか、を考え、次にその理由を二つ考えてみましょう。
 ①正しい か 誤り か
 ②理由に正当性があるか。
 (答)すべての科目の定期考査で、「良い」点数を取ることは簡単である。
 (理由)範囲が決まっているから
でも、私はいくら勉強しても、「良い」点数が取れたとがありません、という人は多いですよね。
なぜでしょう。そこには、間違いが二つあります。
 ①作戦がまちがっている。
 ②練習が足りない。

ここで、A高校の野球部を強くする作戦を考えてみます。 
まず条件は・・・
 ①ピッチャーは球速はないが、コントロールは良い。
 ②守備はうまくないが、うまくなるには時間がかかる。
 ③打撃もよくないが、打つのが好きな選手が多い。
 ④他のクラブとの関係で、放課後にグラウンドを使えるのが週に三回しかない。
この条件で強くするにはどうすればよいでしょうか。
 長所を伸ばす。
 短所を目立たなくする。
 選択と集中だ。
つまり、
 ①ピッチャーはコントロール最優先で行く。
 ②守備は仕方ないのである程度目をつぶる。
 ③打撃は最優先で、早朝練習やバッティングセンターも使う。
 ④グラウンドが使える時のメニューは、分刻みのものを選手が作る。

えっ、これってどこかで聞いたことのある作戦では?
その通り。東京の開成高校野球部の作戦です。
開成高校野球部がすごいのは、この作戦で、迷いなく徹底的に練習したこと。そして、開成高校野球部の目標は、甲子園に出ることではなく、地区大会でベスト16に入ること。実際、見事達成してしまいました。

これを定期考査に置きかえてみます。
定期考査で「良い」点数を取るためには?
 ①作戦 テストに出る(出そうな)ところは全体の中のどの部分かを正しく分析する。
 ②練習 その部分を中心に、時間をかけて記憶する。
私が今まで点数が悪かったのは・・・
 ①作戦ミス テストに出ない(出なさそうな)ところも全て勉強しようとしていた。
 ②練習不足 勉強時間が少ないし、嫌いな教科は全くする気にならなかった。

作戦ミスと言われても、テストに出るところが分かりませんという人がいるかもしれません。
自分でできないことは、他の人の助けを借りましょう。
 ①教科の先生
 ②友人 できれば賢い友人
 ③塾の先生
練習不足と言われても、
 ①勉強時間は増えません。
 ②嫌いな教科は嫌いです。
どうすればいいでしょうか。
 ①まず、スマホを解約する。
無理です。9時以降はLINEをしないように決める。
 ②数学なんて教科書を開けることすら嫌いです。
数学の面白さと必要性を自分のものとして捉える。

まとめ
①目標を立てます。
②現在の条件を確認します。
③作戦を立てます。
④自分の限界まで努力します。
⑤目標が達成できたか。
⑥達成できなかった原因を探ります。
⑦次回の目標、作戦に生かします。

次に、皆さん10年後の社会はどのようになっているのでしょう。
VUCA(ブーカ)WORLD が到来すると言われています。
V volatility      変動性
U uncertainty     不確実性
C complexity      複雑性
A ambiguity       曖昧性
では、どうすればよいか。どのような力をつける必要があるか。
①不確実な時代で副作用があるかもしれないけど、意思決定できる力
②仮説検証スピード力
③多様性受容力(専門外や違う意見を受け入れる)
④開発力(学ぶ力を自ら切り拓き、強みを増やす力)
⑤課題設定力(自分で課題を設定し、先見性を持つ)
⑥変化抽出力、変化適応力

 最後に、一番大切なことは、自己効力感(世の中の役に立つ自信)だと思います。大学受験だけではなくて、職業観、人生設計まで見通して、考えてください。夏休みに様々な経験をして、「やればできる」自分を磨いて2学期の始業式に元気な姿で会えることを楽しみにしています。

43回生(1年生)プレゼンテーション講演会

 7月11日(木)3・4限に本校体育館でプレゼンテーション講演会を開催しました。今年も講師として京都造形芸術大学の吉田大作先生を招き、『人の共感を得るプレゼンテーション』と題してプレゼンテーションの本質について解説していただきました。
 プレゼンテーションとは「プレゼント」であり、プレゼンテーションが終わった後、誰をどういう気持ちにさせたいかという「狙い」を明確にして準備する必要がある。プレゼンテーションは「発表時」ではなく、情報収集をし、その情報を編集する「準備のとき」に勝負が決まる。情報を収集するには「観察力」と「質問力」が重要である、といった内容を具体例を交えながら分かりやすく説明してくださいました。
 今回の内容は総合学習の発表にとどまらず、これから生徒一人ひとりが社会に出て人に何かを伝えるときに参考になることばかりだったように思います。是非一つでも多く記憶にとどめて役立ててもらいたいと思います。
 では、生徒の感想を少し紹介します。

 私も最初、プレゼンテーションは上手に発表すること、緊張するのは慣れの問題であり、場数、経験によるものだと思っていました。中学校の時には生徒会の仕事でプレゼンテーションをする機会が何度もあり、そのたびに遅くまで学校に残って準備をしたことがありました。でも、その時私たちは相手のことを考えず、いわばマリモを投げている(※自分が一方的に良かれと思ったものをプレゼントする)のと同じ状況だったのではないかと感じました。プレゼンテーションはプレゼントのこと。狙いをもって相手が要求している情報のみを伝え、相手が必要としていないものは話さない。そして「観察(情報収集)」「ねらいをもとに編集」に時間をかけて、これから行うプレゼンテーションをより良いものに作り上げていきたいと思います。(5組女子)

 今回の講演を聴いて、今までやってきたプレゼンテーションの仕方は間違っていたということが分かりました。理解してもらえないのではなく、理解してもらおうとしていませんでした。プレゼンテーションは準備が一番大事と言われていたので、これからは準備に焦点を当てて、プレゼンを作りたいです。最後に先生が授業もプレゼンの一部だと言われていましたが、将来教師になりたい自分には必要不可欠な能力だと思いました。難しいとは思いますが、自分のものとして身につけて、将来に役立てるようにしたいです。そして将来、教壇に立つ時が来た時に、教える子供たちにしっかりと「プレゼント」を渡したいです。(2組男子)

熱く華やかな 球技大会

 7月10日(水)、梅雨の中休みのうす曇りの中、前期球技大会を実施しました。
 今年も、相高祭で全ての学年で作られたクラスTシャツ(1組青、2組黄緑、3組赤、4組紫、5組黄色)を着用して実施しました。今年はTシャツを原色としたため、一層華やかになりました。
 学年を超えた熱戦があちこちで行われましたが、3年生は最後の球技大会ということで、気合も入っており、大半の競技で上位を独占することができました。
 大きな声での応援も1・2年生を圧倒し、パワーを見せつけることができました。このパワーを是非とも受験に繋げてください。
 1・2年生の優勝が女子ソフトテニスと男子卓球のみで、後期球技大会での奮起に期待しています。

【結果】  1位 2位 3位
ソフトボール 3-1 3-5 2-2
男子ソフトテニス 3-5 1-4 2-4
女子ソフトテニス 1-4 3-4 2-4
男子バドミントン 3-4 3-5 3-3
女子バドミントン 3-5 3-1 3-2A
男子卓球 2-4 3-5 3-4
女子卓球 3-5 1-5 3-2

43回生(1年生)職業ガイダンス

 期末考査最終日の7月9日(火)に健全な職業観を育成することを目的とする職業ガイダンスが開かれました。今年は、相生市立若狭野小学校、相生市立中央幼稚園、社会福祉法人愛心園、相生市役所、読売新聞社姫路支局、JTB西日本、JAバンク、神戸電子専門学校、赤穂中央病院(看護師・薬剤師・検査技師)、兵庫県立大学(栄養士)、山陽特殊製鋼、積水ハウス、グローリーから講師を招き、15の講座に分かれて、業務内容や取得すべき資格、仕事をする中での喜びや苦労など具体的な話をしていただきました。
 まだ将来就きたい職業が決まっていない生徒がほとんどだと思いますが、2学期には文理選択があります。是非今回の話を参考にして主体的に選択してもらいたいと思います。
 では、生徒の感想をいくつか紹介します。

 「福祉」という言葉は幸福という意味があることを初めて知りました。福祉に関わる仕事は大変でしんどいことばかりだと思っていましたが、お話をしてくださった先生はその施設にいる方の笑顔がやりがいなんだとおっしゃっていました。障がいがあり言葉を話すことが難しい方の笑顔を見ることができるという喜びを実感することができました。最後には「人の喜びは私の喜び」とおしゃっていて、このことはとても大切なことだと思いました。(4組女子)

 読売新聞社は全国で300社ほどあり、毎日800万部余りを発行している。阪神淡路大震災・東日本大震災などの災害の取材や戦争での被爆者の取材がとても印象に残っていると言われていた。やりがいは「人と人をつなぐ」ことができたとき。また、ネットをそのまま引用するのではなく、正確性を優先し、主観を入れずにただ「事実」のみを伝えることに注意されていることを知った。そして、高校の間に経験を積み、人間として一人前になり、「共感力」を磨くことが大切だと教わった。(2組男子)

 ITの仕事は主にデザイナーとエンジニアの2種類に分かれていることや、それぞれどのような仕事をするのかを学びました。また、向き不向きを考えることより、好きか嫌いかということのほうが大事だということ、さらにITはパソコンに関する技術は不要であり、発想力やあらゆる物の効率化を考えることが大切だと聴き、大変参考になりました。(5組男子)

 まず生物やコミュニケーション能力・国語力が必要である。本当の看護師は患者のために学び、どんな時でもそばにいる人のこと。誰にも明日があるわけではないことを頭において、患者さんや自分が後悔しないよう、患者さんのために生きる人のことだ知った。心のケアをするには自分が相手の痛みを想像することが大切。想像力が大切だということが分かった。(3組女子)

 改めて薬剤師の仕事は大変だと思いました。薬剤師になるまでに長い時間をかけていろいろなチャレンジをすることが大切だと学びました。私もこれからたくさんのことにチャレンジし、失敗したことは次につなげ、成功したことはさらに良くなるように、日々勉強などを頑張っていきたいと思います。(1組女子)

43回生(1年生)PTA進路研修会

 6月29日(土)午後、相生市文化会館扶桑電通なぎさホールにおいて、1年生PTA進路研修会が開催されました。
 最初に進路指導部長の潮海教諭が、2019年度入試のまとめ、現在の入試システムと昨年度の本校の状況、来年度からの入試改革情報について説明しました。入試改革情報では具体的な変更点として、大学入学共通テストとセンター試験の違いや英語外部検定試験の特徴とその取扱いについて、さらには変わる調査書について具体的に説明した後、2年後の入試に向けて今特に気をつけておくべきことについてポイントを絞ってお伝えしました。
 次に副主任の鈴木教諭が1年生の文理選択について、今後のスケジュール、2年次での選択科目、文系・理系学部の特徴についてそれぞれ説明した後、選択する際に注意すべきポイントについて具体的にお伝えしました。
 最後に学年主任の射延教諭が1年生の現状について、4月に実施したスタディーサポートのデーターをもとに学習面を中心に説明した後、生活面で気を付けるべき点について訴えました。
 110名もの多くの保護者の方々にご参加いただき、実り多い研修会となりました。

第42回相高祭④

 バザー営業・アトラクション・展示発表終了後、再び体育館に移動し、吹奏楽部による演奏を行いました。

吹奏楽部「となりの吹奏楽部」
 「Paradise Has No Border」でスタート!クイーンメドレーやJ-POPメドレー(恋・GUTS・インフルエンサー・USA)、日朝メドレー(ゴセイジャー・仮面ライダー000・ワンピース)、となりのトトロを演奏しました。さらに、会場のアンコールにも応え、「エル・クンバンチェロ」で締めくくりました。

 演奏終了後、閉会式。今年は抽選会を行いました。景品は本校の教職員が提供したもので、見事当たった生徒は嬉しそうに景品を選んでいました。

 その後、1年生合唱、2年生ステージ、3年生バザー、アトラクションの表彰を行いました。結果は以下の通りです。
 1年生 合唱コンクール 最優秀賞 1年2組「世界に一つだけの花」
              優秀賞 1年1組「奏」
 2年生 ステージ    最優秀賞 2年2組「相高×ハリーポッター!」
              優秀賞 2年4組「相高生探偵コナン」
 3年生 食品バザー   最優秀賞 3年3組「幸せのユースケーキ」(パンケーキ)
              優秀賞 3年2組「YONE’S kitchen」(ポテト・ポップコーン・ジュース)
 アトラクション     最優秀賞 2年1組「イントロクイズ」
              優秀賞 3年4組「アスレチック ナオハランド」(ミルクボトル倒し・フリースロー)

 昨年度より1.5日に拡大した第42回相高祭でしたが、天気も何とか持ちこたえ、無事に終了することができました。「桜梅桃李 ~Fly high , to the next generation~」のテーマの下、生徒たちはそれぞれの場所で学年やクラスそして自分独自の花を咲かせて、充実した時間を過ごしていたように思います。みんなで協力して一つのことを成し遂げたこの経験を今後の学校生活に生かしてほしいと思います。
 また、2日間で保護者や地域の方など約660名の方にお越しいただきました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

第42回相高祭③

 ステージ発表終了後、A棟南側とロータリー周辺で3年生・生徒会・PTAのバザー営業・アトラクション、B棟で文化部展示・アトラクションを行いました。ステージ発表が終わる頃には、体育館1階前の食券売り場に長蛇の列ができました。

【食品バザー・アトラクション】

3年1組「ゆうこの台所」(フランクフルト・ホットク)

3年2組「YONE’S kitchen」(ポテト・ポップコーン・ジュース)

3年3組「幸せのユースケーキ」(パンケーキ)

3年4組「マサミチック ナオハランチ」(チュロス)

3年5組「たこ西」(たこ焼き・アイス)

生徒会「あいそば」(焼きそば・ジュース)、「桜梅桃李 縁日集」(スーパーボールすくい・ヨーヨーつり)
 4名の教育実習生も手伝ってくれました。

 今年もPTAのご協力で、「鳥鳥亭」(焼き鳥・お茶・ジュース)をしていただきました。

 いぶき作業所、グリーン、元気アップみのりによる調理パン販売も昇降口にて行われました。

3年3組「モグラたたき」

3年4組「アスレチック ナオハランド」(ミルクボトル倒し・フリースロー)

2年1組「イントロクイズ」

2年3組「輪投げ・射的」

生徒会「キャップアート」
 ペットボトルキャップで作った立て看板。トライやる・ウィークで本校に来た双葉中学校の生徒6名にも手伝ってもらいました。

【文化部展示】
アート部美術班「対比」
 「対比」をテーマにした作品展示の他、ライブペイントを行いました。

アート部文芸班「千夜一夜物語」
 「千夜一夜物語」をテーマに、部員の書いた部誌「萬里夢」やしおりを配布していました。

アート部書道班「大胆に」「書道パフォーマンス」
 生徒昇降口前では書道パフォーマンスをし、観客を楽しませました。

放送部「R.P.G」
 朗読劇「R.P.G」のCDを配布していました。また、放送部は両日にわたりステージの司会や音響を務めました。

ESS部「Finding NEMO」
 ストラックアウトやフィッシングゲームなどを、楽しむことができました。

自然科学部「謎の川、鮎帰川の全てを暴く」
 「昆虫標本」の展示や、「スライム作り」や「チューブ型プレーン(紙飛行機)作り」、「空き缶潰し」など、多数の実験を体験できるコーナーがありました。また、鮎帰川の生物たちを紹介する展示も行いました。

弦楽部箏曲班「和」ミニコンサート&体験会
 ミニコンサートでは「龍星群」を演奏しました。

弦楽部クラシックギター班「弾き語りライブ!!」
 3年生の福山くんが弾き語りライブを行いました。

茶華道部茶道班「和敬静寂~安らぎの時を~」
 美味しいお茶と和菓子、そして浴衣を着た部員たち。癒しのひとときを過ごすことができました。

茶華道部華道班「和と華」
 部員の作品展示の他、フラワーアレンジメント体験ができました。

情報メディア部写真班「お洒落な写真館」
 部員や先生が撮影した写真展示の他、インスタスポットもありました。

情報メディア部コンピュータ班「Hey!!Go!」
 部員自作のゲームを体験することができました。

 相生市・赤穂健康福祉事務所・相生市いずみ会・食と農を守るかあちゃんずのみなさんには「あいおい食育コーナー」の展示をしていただきました。「豆つかみゲーム」や「食育クイズ」に挑戦できるコーナーや、炭酸飲料の糖分を体験できるコーナー、「ゆずみそ」「ゆずマーマレード」などの相生市特産品の試食コーナーなどがありました。

 消費生活センター・相生市消費生活研究会のみなさんには、ペットボトルキャップを使ったエコなピンクッション作り体験コーナーをしていただきました。

 昇降口前では、吹奏楽部によるフラッシュモブも行われました。

第42回相高祭②

 相高祭2日目。ステージ発表およびバザー営業、アトラクション、文化部展示を行いました。
 ステージは、生徒会によるオープニングでスタート。各部活動による平成のヒットソングメドレー動画の後、ゴールデンボンバー「令和」の曲でダンスを披露しました。

2年1組「今日から俺は!」

 昨年放送されたテレビドラマ「今日から俺は!!」を、男女逆転の劇にしました。衣装などの再現度の高さに加え、個性的な登場人物を見事に演じきりました。随所に盛り込まれたネタで観客の笑いを誘い、エンディングの「今日俺ダンス」では観客も手拍子をして一緒に盛り上がりました。

2年3組「現代版竹取新喜劇」

 「かぐや姫」の物語をメインにしたオリジナルストーリーを劇に仕上げました。かぐや姫のもとに5人の求婚者がやってくるところから物語はスタート。後半は竜宮城を舞台に、浦島太郎や桃太郎など様々な昔話の主人公たちが大集合して、物語を盛り上げました。

2年4組「相高生探偵コナン」

 「名探偵コナン」をオリジナル劇にしました。蘭と遊びにきていた遊園地で黒の組織に薬を飲まされ身体が縮んでしまった新一が、事件に巻き込まれていくというストーリー。おなじみの登場人物たちが事件を解決していきますが、みんなの命を救ってくれたのは「数学の青チャート」でした。

1年生全体合唱「コスモス」
 198名の大合唱。力強い歌声、そして美しいハーモニーに、会場からは惜しみない拍手が送られました。

有志によるステージ発表。
3年生9名「TEENS♡」によるダンス
 TWICE「Yes or Yes」でダンスを披露しました。

3年生6名によるバンド演奏「black number」
 back number「高嶺の花子さん」を、ピアノ・ギター・ベース・フルート・ドラムで演奏しました。

2年生池田さん・室本さんによるピアノ連弾
 「ラプソディ・イン・ブルー」を演奏しました。

 ステージ発表の幕間を利用して、3年生のバザーCMも入り、会場が笑いに包まれました。

第42回相高祭①

 6月21日(金)~22日(土)、第42回相高祭を開催しました。今年のテーマは「桜梅桃李~Fly high , to the next generation~」です。
 1日目は、吹奏楽部のオープニング演奏で幕を開け、2年生のステージ発表(2クラス)、弦楽部箏曲班・クラシックギター班によるステージ発表、有志による発表、そして1年生の合唱コンクール決勝(2クラス)を行いました。

弦楽部箏曲班「届け十五人の箏魂!」
 「飛騨によせる三つのバラード(歩荷)」「龍星群」を演奏しました。

弦楽部クラシックギター班「Challenge」
 「君はロックを聴かない」「シンデレラガール」「チェリー」「LOSER」を演奏しました。

2年5組「2年5組~今から皆さんは人質です~」

 レポートの提出期限間に合わなかった2年5組の生徒たちが、人質にされてしまうというストーリー。様々な言い訳や屁理屈を並べる生徒たち。大きな時計が物語のポイントでした。相高の先生のモノマネやダンスなどが盛り込まれ、また、実際に先生が登場するサプライズもあり、観客を楽しませる演出が随所に見られました。

2年2組「相高×ハリーポッター!」

 ある日、魔法の世界に迷い込んでしまった相高生の三木くんとハリー達たちが繰り広げる、ホグワーツ魔法学校での物語。工夫を凝らした演出で「ハリーポッター」の世界観を見事に再現していました。映画でおなじみのあのシーンやあのセリフ、例のあの人まで登場し、会場は大いに盛り上がりました。

 1年生合唱コンクール決勝には、6月19日(水)に行われた予選を勝ち抜いた2クラスが出場。1年1組は「奏」、1年2組は「世界に一つだけの花」を歌いました。

有志によるステージ発表。
3年生3名と森川先生によるバンド演奏「三色だんごwith M」
 Aimer「蝶々結び」・あいみょん「マリーゴールド」を披露しました。

2年生亀谷さんによるピアノ独奏
「千本桜」「unravel」を演奏しました。

男子バスケットボール部員5名によるコント「Animen」
 テレビアニメ「けものフレンズ」のオープニング曲「ようこそジャパリパークへ」に合わせてダンスを披露しました。

男子ソフトテニス部員8名によるダンス「やわらかチキンのチーズケーキ」
 初音ミク「太陽系デスコ」に合わせてダンスを披露しました。

43回生 合唱コンクール予選

 6月19日(水)6限、1年生の合唱コンクール予選を行いました。5月24日から約一か月の間、昼休みや放課後の時間を活用してこの日のために各クラス練習してきました。課題曲は「COSMOS」、自由曲は1組が「奏(スキマスイッチ)」、2組が「世界に一つだけの花(SMAP)」、3組が「空も飛べるはず(スピッツ)」、4組が「レモン(米津玄師)」、5組が「小さな恋のうた(MONGOL800)」でした。どのクラスもクラスが一体となり、見事なハーモニーを響かせてくれました。甲乙つけがたい内容でしたが、審査の結果、1組と2組が相高祭での決勝に進むことになりました。相高祭でも力一杯歌ってくれることと思います。

1組「奏(スキマスイッチ)」


2組「世界に一つだけの花(SMAP)」


3組「空も飛べるはず(スピッツ)」


4組「レモン(米津玄師)」


5組「小さな恋のうた(MONGOL800)」