令和元年度3学期終業式

 皆さん、おはようございます。今年度の3学期の終業式をこのような形式で行わなければならないことはまことに残念です。
 精一杯のお話をしますので、よく聞いてください。
 まず、2月28日の卒業式は全員マスクを着用という光景でしたが、来賓や保護者の方々から「素晴らしい」と褒めていただきました。ありがとうございました。来年は、また再来年は皆さんが在校生にお祝いいただけるように相高生として後輩たちに模範を示してほしいと思います。
 また、卒業生は国公立大学の入学試験を終え、続々と合格の報告を受けているところです。
 次に、皆さんです。3月3日から20日間、臨時休業が続きます。この間、どのような生活を送ってきたでしょうか。最初のうちは休校と聞いて「嬉しいな」という感想を持ったかもしれません。しかし、だんだんと学校に行かない、行けないということがこんなに大変なことだという思いに変わってきたと思います。
 さて、3学期の始業式に、エイミー・モーリンさんの「メンタルの強い人」の話をしました。「時間を無駄にしない。孤独を怖がらない」ということでした。この20日間いかがでしたでしょうか。
 通常の長期休業であれば、当然補習や部活動などで、登校することがあるでしょう。しかし今回は、補習も部活動も自粛と言うことで、これまで頑張ってきた皆さんにとっては大変つらい思いをしたと思います。
 普段当たり前に存在しているものが、なくなってみて、その存在のありがたみを思い知るものです。
 病気をした人ほど、健康のありがたみが身にしみます。先生方も生徒の皆さんがいないことで、どれだけ寂しい思いをしてきたことでしょうか。毎日、通信を発行し続けられた、その思いは計り知れません。
 今回の臨時休業は確かにピンチです。しかし、皆さんならこれをチャンスに変えていくことができると信じます。明けない夜はありません。止まない雨もありません。通常の学校活動が始まったときから、そのありがたさを感じつつ、これまでの休業分を取り返すために、集中して学業に部活動に取り組んでいきましょう。

兵庫県立相生高等学校長 小西信吾

第41回卒業証書授与式

 2月28日(金)、第41回卒業証書授与式を挙行しました。
 ご来賓の方々、保護者の皆様のご臨席を賜り、厳粛な雰囲気のもと、式は始まりました。各担任による呼名の後、代表の萬代里菜さんに卒業証書が授与されました。その後、小西校長の式辞に続いて、谷口芳紀相生市長、廣村晋也PTA会長(PTA副会長代読)からご祝辞をいただきました。来賓紹介、祝電・祝詞披露の後、在校生を代表して鷺澤裕生くんが送辞を、卒業生を代表して並木和音さんが答辞を述べました。相生高校で過ごした日々を思い出し、涙する卒業生。卒業生とのたくさんの思い出が蘇り、涙ぐむ在校生。卒業生の成長を感じ、ハンカチで目をおさえる保護者の方々や先生方。そのような感動的な雰囲気の中で、生徒・職員、さらに保護者・来賓の方々にもご起立いただき、校歌を歌い、厳かに式を終了しました。
 3年間の思い出を胸に、祝福を受けた41回生197名が、新しい旅路を歩み出しました。

 早朝や式後にお別れ会をしている部活動、式後も友だちとの別れを惜しんで歓談している卒業生たち、卒業アルバムに友だちや先生からメッセージを書いてもらったり、一緒に写真を撮ったりしている卒業生たちの姿を見ていると、「みんな相高が好きだったんだなぁ」と感じました。
 41回卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。それぞれ「Road」での活躍を応援しています。

第四十一回卒業式式辞


 石(いわ)走る 垂水の上の さわらびの 萌え出づる春に なりにけるかも
 万葉の時代、志貴皇子(しきのみこ)は高らかに春の訪れを歌い上げました。そして今、相高坂にも芽生えたばかりの早蕨の姿があることでしょう。
 この佳き日に、相生市長 谷口 芳紀 様をはじめ、多数のご来賓、保護者の皆様のご臨席のもと、第四十一回卒業証書授与式を挙行できますことに、心から感謝いたしますとともに厚くお礼申し上げます。高いところからではございますが、心よりお礼を申し上げます。本日はまことに有難うございました。
 第四十一回生百九十七名のみなさん、ご卒業おめでとうございます。これまでのみなさんの努力を心から讃えたいと思います。
 「Road」、皆さんが歩んできた道は山あり、谷ありでしたが、道から外れそうになると先生方が導いてくださりました。しかし、差し伸べる手も徐々に減り、今、皆さんは立派に成長し、この学び舎から前途洋々と旅立たれます。
 次のステージへと進まれる皆さんに、二つの話をして、餞の言葉とします。
 1つ目は、「物事の見方は一通りではない」ということです。
 今年のNHK大河ドラマは「麒麟がくる」というタイトルで、明智光秀を主人公としたものです。皆さんは明智光秀と聞くと、どんなイメージを持ちますか。頭はいいが、陰湿で繊細な男だったので、織田信長とソリが合わずにいじめられ、それを逆恨みして本能寺で謀反を起こした、というものではないでしょうか。しかし、この光秀像は基本的に江戸時代の資料がもとになっています。信長側や家康側から見た資料や文献は「光秀は逆賊である」という発想からスタートしているので、そこには客観性が欠如しているのではないでしょうか。今年の大河ドラマでは、これまでにない明智光秀像を見せてもらえるものと期待をしています。皆さんも物事を見るときに、一つの方向だけから見るだけではなく、鳥の目、虫の目といった複数の目をもって見る姿勢を身につけてもらいたいと思います。
 二つ目は、「地球に優しく」ということです。
 昨年、吉野彰さんがノーベル化学賞を受賞されましたが、これはリチウムイオン電池の開発に対しての受賞でした。軽くて、安くて、何回も充電ができる電池の発明は、様々な分野に多大な貢献をもたらしています。しかし、リチウムイオン電池の原料であるリチウムという金属はどこにでもあるものではありません。また、地球上に無限に存在するものでもありません。人間はこれまでにないスピードで、地球にある化石燃料や地下資源を消費し続けています。大気中に放出される地球温暖化ガスによる、気候変動や異常気象も気になる点です。さて、SDGsという言葉があります。これはSustainable Development Goals の略号で、日本語では「持続可能な開発目標」と呼ばれています。2015年9月に国連サミットで採択され、2016年から2030年までに世界中で取り組むように決められたものです。この中で大切なことは、Sustainabl持続可能という言葉です。各国が自分の国だけの経済発展を目標にすることは間違っています。持続可能で、地球に優しい発展でなければなりません。私たち大人が皆さんの若い世代に対して、良い地球をバトンタッチできているのか、甚だ疑問です。実際にスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさんは国連気候行動サミットで、地球温暖化対策に本気で取り組まなければ、あなたたちを許さないと大人たちを叱責しました。我々大人も頑張りますので、皆さんの世代が社会の中心となる時代には、是非地球に優しい社会を作り上げてほしいと願っています。
 最後になりましたが、保護者のみなさまには、この三年間、ときには厳しくときには優しくお子様を励まし支えていただくとともに、本校の教育活動に深いご理解とご協力をいただきましたことに心から感謝申し上げます。有難うございました。
 石(いわ)走る垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも
 滝のほとりに一斉に芽を出した早蕨は、今日巣立つみなさんです。
 みなさんには使命があります。始めて顔を出した早蕨のように、新鮮な目と心でこの世界と出会い、新しい未来を切りひらいてください。
 自分を大切に。人を大切に。そしてふるさとを大切に。
 ふるさとは相生であり、日本であり、世界です。
 どうぞみなさんの前に広がる未来が幸多いものでありますように。心から祈念しまして式辞といたします。

令和二年二月二八日

兵庫県立相生高等学校長  小西 信吾

相高賞 皆勤賞授与式・記念品贈呈式・同窓会入会式

 2月27日(木)、卒業証書授与式前日に、相高賞 皆勤賞授与式・記念品贈呈式・同窓会入会式を挙行しました。
 相高賞は、様々な分野において本校生の模範となる生徒に贈られる賞です。授与式では、受賞者に校長から表彰状と盾が贈られました。皆勤賞授与式では、第3学年主任から表彰される35名の名前が読み上げられ、代表が校長より表彰状と記念品を受け取りました。

 続いて記念品贈呈式を挙行しました。
(1)卒業生から学校に記念品贈呈
 41回生の皆さんから、卒業記念として、屋外電波時計を贈呈していただきました。大切に使わせていただきます。ありがとうございます。

(2)PTAから卒業生に記念品贈呈
 卒業生がPTAから、卒業証書を入れて保存する証書フォルダーをいただきました。さらに相高賞授与者には盾を、皆勤賞授与者には電波時計をいただきました。

(3)在校生から卒業生に記念品贈呈
 在校生から卒業生へ、印鑑及び印鑑ケースを贈呈しました。

 最後に、同窓会(相門会)入会式を挙行しました。同窓会副会長の志茂邦彦様(2回生)より、ご挨拶と歓迎の言葉をいただきました。

第43回校内マラソン大会

 2月14日(金)、心配された天気も持ちこたえ、第43回校内マラソン大会を開催しました。
 開会式を行い、相高生体操やランニングで準備運動をした後、スタートを切りました。曲がり角や坂道の多いコースですが、女子は4.5km、男子は8.1kmを走りました。途中、走路の要所要所で安全のために立ち番をしている先生方の声援や、地域の方々の応援に励まされ、生徒たちはゴールを目指して頑張りました。

 本校では例年、マラソン大会に併せてPTAのご協力により炊き出し体験も実施しています。PTAのほか、3年生ボランティアにもご協力をいただき、おいしいとん汁をご用意いただきました。
 その後、体育館にて表彰式を行い、男女上位10名が表彰を受けました。
  女子 1 位   18’30   6 位   19’58
     2 位   18’47   7 位   20’12
     3 位   18’48   8 位   20’19
     4 位   19’30   9 位   20’21
     5 位   19’45   10 位  20’29

  男子 1 位   26’26   6 位   28’35
     2 位   27’19   7 位   28’48
     3 位   27’45   8 位   29’00
     4 位   27’58   9 位   29’07
     5 位   28’02   10 位  29’10

全校読書会

 2月5日(水)6限、1・2年生が学年・クラスの枠を超えて28の講座に分かれ、読書会を行いました。実施した講座を下表に上げています。一つの本をもとにしてディスカッションを行い、同じ本でも様々な読み方・考え方があると気づき、その作品の奥深さをあらためて感じることができたようです。わずか1時間でしたが、講座毎に趣向を凝らして、充実した読書会となりました。

講座番号図書名著者受講者数
芥川龍之介14
練習球あさのあつこ16
勝とうとするから意味がある阿部夏丸16
夕日の続く道石田衣良15
パニック開高健14
パニック開高健14
ガク物語椎名誠13
狐フェスティバル瀬尾まいこ15
マジック・アワー関口尚15
10灰谷健次郎13
11オツベルと象宮沢賢治15
12チヨ子宮部みゆき15
13高瀬舟森鴎外16
14彼女のアリア森絵都14
15ムーンライト・シャドウ吉本ばなな16
16見つめられる日本吉田ルイ子11
17脳はなにかと言い訳する池谷裕二15
18沈黙の春レイチェル・カーソン14
19銀の匙中勘助13
20それから夏目漱石14
21手紙東野圭吾14
22手紙東野圭吾15
23生きること学ぶこと広中平祐10
24ロウソクの科学ファラデー16
25車輪の下ヘッセ10
26わたしの生涯ヘレン・ケラー13
27点と線松本清張15
28金閣寺三島由紀夫12

41回生センター試験激励会

 1月17日(金)4限、1月18日(土)・19日(日)に関西福祉大学で実施される大学入試センター試験に向けて激励会を行いました。本番において持てる力を存分に発揮できるように、教頭先生、進路指導部長、学年団から、激励の言葉、アドバイス、当日の諸注意を授けました。その後、力いっぱいの激励により、全員で気合を入れました。先生たちの掛け声に合わせて、学年の生徒たち全員が張り裂けんばかりの力強い声で唱和し、大いに盛り上がりました。この勢いで、センター試験でしっかりと頑張ってくれることを期待します。

震災追悼行事

 1月17日(金)朝、震災追悼行事を行いました。校内放送を通じて追悼メッセージを伝え、生徒・教職員が黙祷しました。

【追悼メッセージ全文】
 今年は、阪神・淡路大震災から25年の節目の年となります。
 25年前の今日、私は尼崎に住んでおり、朝の5時46分、地震の揺れと言うより、強烈な衝撃に下から突き上げられ、目を覚ましました。外では電信柱と電線が揺れ、近くの阪神高速道路が横倒しになっていました。7時頃学校に行くと、コンクリートの池の底が割れ、棚が倒れ、机が乱れていました。電気ガス水道が止まり、電話も通じませんでした。
 その後、学校に来た何人かの先生で、生徒のみなさんの安否確認に自転車で回ることになりました。はじめに行った生徒のアパートは、崩れて、燃えており、本当に背筋が凍りました。近くの避難所でご家族みんなの無事を確認し、ほっとしたのを覚えています。
 夜になっても、電線が垂れ下がり、ガスの臭いがする中、瓦礫をかき分けて、連絡の取れない生徒や先生の家を回りました。そんな日がしばらく続きました。
とある市民体育館には数え切れないくらいの棺桶が並びました。死者6434人、多くの命や家や、大切なものが一瞬で失われました。
 ただ、その頃、気づいたことが2つあります。一つ目は、その時の人々の「共助」お互い助け合う姿勢です。学校の体育館などの避難所では、みんな協力して生活していました。例えば給水車が来て、水をもらいに行くときも、子どもだからと言って順番を抜かすこともなく、様々な人々がみんなちゃんと整列していました。また、海外の映像にあるような略奪やお店からものを盗んだり、と言うこともほとんどありませんでした。
 もう一つ気づいたことは、案外みんな、我慢強いな、ということです。例えば今、中東情勢の混乱などで石油・LNG等が完全に止まって、電気やエネルギーが止まって、スマホも使えない。満足に飲み食いできない、そうなったらどうですか?イライラが募って、攻撃的になったりしませんか?世界の歴史では、その国民のイライラをそらすためによその国を攻めていって、戦争になったところもあります。
 ところが当時、電気が止まり、風呂にもしばらくは入れない状態でしたが、そうなってしまえばなんとかなるもので、この国で暮らす人々の適応能力は素晴らしいと思いました。
 あの日から25年─私たちは、阪神・淡路大震災、東日本大震災をはじめとした自然災害や人為災害によるすべての犠牲者の御霊を慰め、過去の災害に学び、「最悪の場合にどう備えるのか」を考え、次なる災害に日々備えることが大切です。
 ことに近年のスーパー台風の襲来や、最近でも関東で広域長期の大停電も発生しています。それでなくとも近い将来には首都直下や南海トラフ巨大地震、大規模火山噴火の発生が危惧されています。今や災害はどこで起きても不思議ではありません。
 日頃の、また最悪の場合の、自分自身の在り方生き方を、自分自身に問いかけてみる機会としてください。
 以上です。

3学期始業式

 1月8日(水)が気象警報で臨時休校になったため、翌9日(木)に3学期始業式を行いました。小西校長から次のようなお話がありました。
  以下に、校長式辞の全文を掲載します。

 皆さん、明けましておめでとうございます。年末年始は穏やかな天気でした。良いお正月を迎えられましたでしょうか。
 今年は2020年。東京オリンピック・パラリンピックの年です。感動する楽しみなイベントがあります。彼らはいかにして、そのモチベーションを維持しているのでしょうか。エイミー・モーリンさんが著した「メンタルが強い人がやめた13の習慣」という本が全米で話題となっているそうです。「メンタルの強い人」はそれが最悪の状況だろうと人生最大の危機だろうと、なんとか切り抜ける方法を知っています。誰もがもっている13の思考習慣をやめれば、折れずにしなるレジリエンスな生き方ができる。あなたの一番悪い習慣が、あなたの価値を決めています。メンタルが強くなれば、最高の自分でいられます。いくつかを紹介します。
 
 1 時間をむだにしない。
 2 想定内のリスクを恐れない。
 3 同じ失敗を何度も繰り返さない。
 4 過去について、くよくよしない。
 5 一度の失敗であきらめない。
 6 ひとりの時間を怖がらない。
 
 この本は、著者のメンタルが極限まで弱った時に誕生しました。23歳で母をくも膜下出血のために亡くし、26歳のときに夫が心臓発作で突然逝ってしまうという不幸に見舞われたエイミーさん。愛する人を失って泣き、怒り、仕事を休んでひきこもり、心に決めた。泣きながら残りの人生を過ごすなんて、まっぴらだと。だからこそ、打ちのめされそうな自分を支えるために、いつのまにか染みついた13の習慣をやめることを。
 メンタルが強い人は、それが最悪の状況だろうと人生最大の危機だろうと、なんとかうまくやる方法を知っているタフな人たちです。誰もがもっているこの思考習慣をやめれば、折れずにしなるレジリエンスな生き方ができます。
 ではその、レジリエンスとは?
元々、工学や物理学の世界で使われていた言葉です。物質や物体に対して、外力が加わると変形します。そのとき、どれくらいその力を吸収できるか、元の形に戻ろうとすることができるかということです。その後、生体環境学や社会環境システム、心理学でも使われるようになりました。「ストレスや逆境にさらされても適応し、自分の目標を達成するために再起する力」です。
  レジリエンスの効果は?
  1 集中力高く、パフォーマンスを高めることができる。
 2 より創造的、包括的に問題解決ができる
 3 リスクを特定し、対応する能力を高めることができる。
 4 プレゼン能力を高めることができる。
  5 問題行動が減少する。
 複雑なあれこれに振り回されていようが、とんでもなく不安であろうが、自信がまるでなかろうが、トラウマを抱えていようが、大丈夫です。
さあ3学期が始まりました。それぞれの仕上げの学期です。特に3年生にとっては、相生高校を卒業するという、大きな意味合いを持っています。1・2年生は、次の学年への準備する学期、そして、後輩を迎える進化する相生高校を創り出す準備する学期です。みなさんにとっても成長する大切な時期です。自己決定に向けて、果敢にチャレンジしてください。先生方はしっかりとサポートします。期待し、応援します。

2学期終業式

 12月24日(火)、2学期終業式を行いました。小西校長は、「狩猟・農耕・工業・情報に続く新たな社会Society5.0においてはAIが必要で、AIに取って替わる仕事もあるが、AIによって代替可能性が低い仕事、AIの発展で新しく生まれる仕事もある。将来を見通すことが困難で『正解のない時代』といわれ、不安を募らせているかもしれない皆さんにエールを送る。好きなことをひとつだけやっていても、一生続けられないだろう。好きなことを学び続け、キャリアを重ねながら、好きなことの幅を広げ、強みを増やしていくこと、自分の強みになる要素をできるだけ遠い領域の組み合わせで備えていることが大切。自分の得意分野、専門性とともに未知の領域に向き合い、やったことのないことに自信を持って取り組むことができる力を早い段階から養っておくことが求められる。自己決定に向けて果敢にチャレンジしてほしい」と話されました。(校長挨拶の全文はこちらに掲載しています。)
 表彰伝達に引き続き、臨時生徒総会が開かれ、女子の制服について、服装規定の改定が拍手をもって承認されました。その後、中村生徒指導部長のお話がありました。①アフガニスタンで長年、医療活動や灌漑事業に従事された中村哲さんの功績を「一隅を照らす」という言葉を使って紹介し、自分の置かれた場所で最善を尽くすことが大切。人のために一生懸命できる人間に成長してほしい。②傍観者にならず、「ダメことはダメ」と言える人間関係をつくろう。相高をいじめのない学校にしよう。③交通事故が多い。ルールを守って、事故に気をつけてほしい、以上三点でした。