持久走(タイムトライアル)

 今年度のマラソン大会は、新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、12月から始まった持久走の授業では、寒い中生徒たちは自らの体力向上の為、クラス走やタイム走で一生懸命頑張りました。マラソン大会の代わりに授業内でタイムトライアル(男子6周、女子4周)を1年生3回、2年生2回実施しました。生徒たちは、自分の限界へ挑戦している姿や前回の記録を1秒でも縮めようと最後まで走っている姿が印象的でした。
 この持久走の授業で培った体力を今後の学校生活や部活動、受験勉強へと活かしてもらいたいと思います。

【タイムトライアル成績】
女子 1位 14’11        
   2位 14’56
   3位 15’10
   4位 15’28
   5位 15’36
   6位 15’40
   7位 15’44
   8位 15’46
   9位 15’51
  10位 15’55

男子 1位 18’32
   2位 18’33
   3位 18’38
   4位 18’47
   5位 18’54
   6位 18’55
   7位 18’57
   7位 18’57
   9位 19’01
  10位 19’15

全校読書会

 2月3日(水)6限、1・2年生が学年・クラスの枠を超えて28講座に分かれ、読書会を行いました。

 実施された講座は上記の通りです。
 一冊の本についてテーマを決め、司会者を中心に話し合うことで、同じ本でも、読む人によって感じ取るものが違うことや、違った考え方があることに気付くことのできる大変良い機会となりました。一時間という短い時間ではありましたが、各講座で考えを深めていく中で、作品や著者の魅力に触れることができました。
 読書会をきっかけに、「読書」により興味を持ち、様々な作品に出会うことで、豊かな心を育んで欲しいと願います。

3学期始業式

 1月8日(金)、3学期始業式を行いました。
 3学期始業式も、新型コロナウイルス感染症対策のため、各教室で行いました。
 
 小西校長先生は式辞で次のようなお話をされました。
 「今日は『人まねのすすめ』を話します。皆さんは、赤ちゃんがどのようにして言葉を覚えていくのかを知っていますね。両親や兄姉、年長者のまねから始まります。
 小学生はどうでしょうか。ひらがな、漢字、かけ算、どのように覚えていきますか。先生のまねからスタートします。中学生になり、部活動が始まります。自分の好きな選手のフォームをまねしたり、好きなチームのウェアを着て、リスペクトなどしたりしますね。
 このように、自分の好きな人を『まねて形から入る』ということは、人間の進歩の根幹をなしてきていると言えます。『まねる』が変化して『まねぶ』、そして『まなぶ』になったと言われています。
  皆さんも、最初は憧れの人や、尊敬できる人のまねから始めてみてはいかがでしょうか。そして、その師匠を超えていくのです。『青は藍より出でて、藍より青し』という言葉があります。『青い色は藍という草から絞り込んでできたものですが、それはもとである藍よりもさらに青い』ということです。『門人が師よりも一歩進んだ修養ができている』という意味です。
 

『藍より青い』をひとつご紹介します。『呑牛の氣(どんぎゅうのき)』。これは、私が担任をした生徒が教員となり、その彼から新年の賀状をいただきました。『呑牛の氣(どんぎゅうのき)』、牛を丸呑みにするほど大きな心意気という意味から、やる気に満ちあふれていることをあらわすそうです。皆さんも、コロナ禍でも、ぶれない充実した高校生活を歩んでほしいと願い、エールを送ります。
 皆さんも自分が尊敬する『人のまねをすること』からスタートし、『藍より青い』人間になることを目指して、頑張っていきましょう。」 
(式辞の全文はこちらに掲載しています)  

 

始業式後、中村生徒指導部長より、次のようなお話がありました。  
  「私は歴史の教員ですので、社会に関する話を今日はします。2021年の干支は『かのと・うし』と読み、漢字では辛いという字と土用の丑の字を書きます。今から120年前、義和団事件の講和条約である北京議定書の別名です。そう、辛丑(しんちゅう)和約ですね。
  『辛丑(しんちゅう)』とはどんな年になるのか…?ネットで色々調べてみると…古きことに悩みながらも終わりを告げ、新しき芽生えを見いだす年になるそうです。何を終わらせ、何を見いだすのかはその人次第でしょうが、その指標となるのは各々の心の強さと日頃の行いだということだそうです。
  歴史を振り返り、未来の出来事を推測し、それに備えなければならないというのが東洋の考え方です。辛丑の年に大きな地震が2回もあったのなら、それに普段から備える必要もありますね。コロナで窮屈な世の中になっていますが、その中で、新しい芽生えの年であるとも言われています。皆さんがそれぞれ何かを見出していくのは、各人の日頃の行いです。
 校長先生も言われたように何かを目標にしてしっかり学ぶことが一番の近道かもしれません。皆さんの成長・進化に期待しています。」
 (式辞の全文はこちらに掲載しています)

人と自然の博物館

 12月15日火曜日に、2年生自然科学コースの生徒36名が、県立人と自然の博物館を訪問しました。
 「近未来の南海トラフ巨大地震を科学する」講義を受講しました。過去の地震として、明応南海地震から1946年に起きた南海地震、そして東日本大震災を教訓に地震のメカニズム、地震によって起きた地層から分かる情報、予測の研究について説明していただき、自分たちの住んでいる地域ではどれくらいの規模の地震や津波が来るのかを教えていただきました。
 講義後、博物館を見学し、恐竜や昆虫、動植物、地学分野を中心に見学し、普段見ることがない展示に目を輝かせていました。

防災避難訓練

 12月10日(木)、相生消防署の協力を得て、地震及び火災を想定した防災避難訓練を実施しました。地震発生の校内放送が入ると同時に生徒たちは机の下に入って身の安全を確保し、次に火災発生の校内放送により火災発生場所と安全な避難経路を確認してグランドに速やかに避難しました。
 避難終了後、八十川教頭先生から講評があり、そして、消防署の方から講評・講話をいただき、生徒2名が実際に消火器を使った消火活動を体験しました。
 講評の中でお話しされたように、「もし、この通路が使えなかったらどこを通るのだろう」など地震が発生した際の様々なパターンを日頃から想定しておき、分からないことをきちんと調べておくことで、実際に地震や火災に直面した際にも「慌てず・焦らず」避難ができるのではないかと思います。
 生徒たちにとって、今回の避難訓練は、改めて災害への備えや災害発生時における各自の判断や行動について考える機会となりました。

第42回 相高生フォーラム

 11月18日(水)、午後、第42回相高生フォーラムが開催されました。昨年度より1・2年生での実施となりましたが、コロナ禍の中、生徒間の距離を配慮した座席配置をとり行われました。
 相高生フォーラムは、生徒会の基準弁論1名と1・2年の代表3名計6名が、人権に関するスピーチを行う、いわゆる人権に関する弁論大会です。今年も身近な話題から、自分自身のことも含め、社会で問題になっていることまで幅広く取り上げられて、生徒自身も真剣に考えさせられる内容でした。結果は、最優秀賞が2年1組坂田帆乃香さんの「人間関係での苦しみ」、優秀賞が1年3組の釜江真央さんの「言葉で生きる個性」でした。
 フォーラム審査の待ち時間に、生徒指導部長よりシステム手帳を使って「メタ認知力」を高める方法についての講話がありました。「メタ認知力」とは、自分自身と周囲の状況を客観的に捉えて、自分の行動を調整できる力のことで、日々の振り返り(Reflection)を、システム手帳を使って質の高い振り返り(改善や方針)につなげることが大切で、それを日々繰り返すことで「メタ認知力」が形成されるので実践していこうということでした。

令和2年度 創立記念国際理解講演会

 11月4日(水)5,6限に令和2年度創立記念国際理解講演会が開かれました。衆議院議員の山口壯氏にお越しいただき、「コロナ後のグローバリゼーション~相高生の無限の可能性~」と題してご講演いただきました。新型コロナ感染症対策として、2,3年生は体育館で、1年生は教室で講演を聞きました。
 最初に、政治家・吉田茂の業績を振り返り、戦前戦後の日本とアメリカの関係が今後の中国やアメリカとの関係を考える上で大いに参考になることを教えていただきました。次に、外交官という仕事の重要性について、外交官が処理できないと軍人の仕事になってしまうということや、人と人をつなぐ上で最も大切なのは専門的な知識というよりは人間的な魅力であることをご自身の体験を交えながら話してくださいました。最後に、相高生に向けて、今しておくべきこととして、小説を読んで人間の幅を広げること、きちんとした英語を身につけておくこと、「頭をよくするために」勉強をしておくことなどを話されました。
 「努力が運を呼ぶ」「高い山ほど裾野が広い。視野を広げるために今、いろいろなことを学ぶ必要がある」ということを相高生に熱く語っていただいたことが特に印象に残っています。
 質疑応答の時間には、多くの生徒から現在の日本が抱える近隣諸国との問題やコロナ感染症がグローバリゼーションをどう変えるかなどの質問が相次ぎました。この講演会を通して、各自の将来を考える貴重な機会を得ることができたと思います。山口先生、ありがとうございました。

久し振りの球技大会

 10月26日(月)、素晴らしい秋晴れの中、前期代替球技大会を実施しました。
 コロナ禍の中、昨年度の後期球技大会(3月)・今年度の前期球技大会(7月)と連続で中止となり、生徒達のエネルギーが有り余っていた中、中間考査明けに何とか実施することができました。体育大会でも使用したクラスTシャツ(1組オレンジ、2組赤、3組黄、4組黄緑、5組青)を着用して実施しました。
 コロナの影響がまだまだ続く中、身体接触のない競技をということで、男女バレーボール、男女混合のソフトボールとドッジボールを行いました。2・3年生は1年振り、1年生は初めての球技大会ということで、学年を超えた熱戦があちこちで行われました。3年生は最後の球技大会でしたので、長~い受験勉強の疲れを吹き飛ばす頑張りを見せ、ソフトボール・ドッジボールで優勝し、先輩の意地と団結力を見せつけました。
 競技以外は、マスクの着用と手洗い・消毒の徹底を呼びかけ、何とか無事終えることができました。久しぶりの楽しい時間を過ごせたことで、皆の笑顔がはじけた球技大会となりました。

【結果】                        
ソフトボール   1位 3-2   2位1-4   3位1-5
男子バレーボール   1位 2-3   2位 3-1   3位1-2・3-5
女子バレーボール   1位 1-3   2位 3-2   3位1-4・2-4
ドッジボール   1位 3-5   2位 3-3   3位 2-4

第44回 体育大会

9月18日(金)、「力戦奮闘」のスローガンの下、第44回体育大会を実施しました。今年度は、新型コロナウイルス感染症対策のため例年とは異なり、三密を避けながら、午前中のみで行いました。また、ご案内は3年生の保護者の方に限定させて頂き、会場には約60名の保護者の方にお越しいただきました。ありがとうございました。

 吹奏楽部の演奏で入場行進が始まりました。

 続いて、開会式が行われました。

 昨年に引き続き、クラスTシャツを着用し(1組オレンジ・2組赤・3組黄色・4組黄緑・5組青)、各競技で激しい勝負が繰り広げられました。

 初めの演技は、全校生徒による「相高生体操」でした。この夏、何度も練習を重ねた成果が表れていたように思います。とても力強く、綺麗でした!

 続いて、男女100m・男女200m・女子4×100mリレー・男子4×200mリレーの予選を行いました。決勝への切符を勝ち取るため、全力で走りました。

 次に、綱引きを行いました。結果は、優勝1年3組、準優勝1年1組、第3位1年2組・2年1組でした。どの対戦も接戦で、大変盛り上がりました。

 生徒会種目の「障害物リレー」。苦戦する場面もありましたが、走者・応援ともに楽しみました。

 Power of Aioiは、各クラスの代表者が、20㎏の土嚢を頭上に持ち上げている時間を競いました。

 大繩跳びは、3回の試技を行い、最高回数がそのクラスの記録となります。今年の優勝は2年2組、準優勝2年5組、第3位1年4組でした。

 予選を勝ち抜いた、男女100m・男女200m・女子4×100mリレー・男子4×200mリレーの決勝は、大接戦でした。

 最後にクラス団対抗リレーを行いました。生徒たちは学年の枠を越え、バトンをつなぎました。

 体育大会の結果は以下の通りです。
 総合優勝 2年2組 、準優勝 2年1組 、第3位 1年1組
 クラス旗最優秀賞 3年1組 、優秀賞 3年2組・3年5組

 雨降りの中ではありましたが、新型コロナウイルスの影響で、多くの行事が中止となっていたなか、体育大会をプログラム通り滞りなく行うことができ、良かったです。
 準備・片づけ等、多くの生徒が率先して動いてくれたため、最後までスムーズに行うことができました。
 ありがとうございました!

1学期終業式

 7月31日(金)、1学期終業式を行いました。今年度は、新型コロナウイルス感染症対策のため、放送により行いました。
 小西校長先生は式辞の中で、次のようなお話をされました。
  「この1学期には様々な事があったり、なくなったりしました。特に部活動で頑張ってきた多くの皆さんにとっては、大会や公演が次々に中止や延期になり、悲しい思いをした人が沢山いたと思います。しかしこのような状況の中でも、できることにしっかり取り組んできた皆さんがいたことを私は知っています。与えられた条件の下で、仲間とともに成長してきた皆さんのことを誇らしく思っています。よく頑張ってきました。
 そのような中で、今回皆さんに是非伝えておきたいことがあります。相生高校の先生方のご尽力です。前例のない事態に対応して、先生方は多くのアイディアを出して、何度も会議を開き、実践し、皆さんを引っ張っていってくれました。これからも何かあれば、先生方に遠慮なく相談して下さい。未来をつくっていく皆さんは、相生高校で多くのことを学び、吸収して、共に順調に、快調に、成長して行きましょう。」
  (式辞の全文はこちらに掲載しています。)
 始業式後、中村生徒指導部長より
 「周りに人がいる状況ではマスクの着用、外出時の手洗い・うがいの徹底、三密の回避、多人数での会食自粛、また、休み中の同窓会等には自粛の勇気を持つこと。そして感染拡大地への不要不急の外出自粛等、しっかりと各々が考えた行動をとって下さい。但し、普通に気をつけて生活をしていても、誰もがコロナウイルスの感染者や濃厚接触者になる可能性はあります。「罪を憎んで人を憎まず」という言葉がありますが、言葉を換えて「コロナを憎んで人を憎まず」と考えて下さい。コロナウイルスが悪いのであって、感染した人は悪いわけではありません。感染者や濃厚接触者に対する差別や偏見、いじめ・誹謗中傷等を行ったり、SNSに書き込んだりすることのないようにしましょう。」というお話がありました。