令和3年度外務省「高校講座」「地球の裏側から By Teams」

 7月13日(火)3,4限に在クリチバ総領事高木昌弘氏を講師にお迎えし、令和3年度外務省「高校講座」を実施しました。新型コロナ感染症対策として、Teamsを使って、ブラジル、東京(外務省)と本校をオンラインでつなぎ、講演会をしていただきました。全クラスの生徒たちが教室で熱心に講演に耳を傾けました。
 最初に、SDGsの実践事例を具体的に説明していただきました。清掃活動のような身近な事例から、医療体制やエネルギーといった国家レベルの話までわかりやすくお話していただきました。多くの生徒たちがSGDsの目標に対して、自分にもできることがあると認識したとの感想を書いていました。
 次に、世界から見た日本、異文化理解とコミュニケーションについてお話していただきました。困難な状況においても相手の立場に立ち、「共通利益」を探ることで道が拓けること、辛いときには自分のことばかりを考えがちになるので、I(私は)以外の主語を頭において考えることが大切であることなど、示唆に富んだお話をしていただきました。なかでも、オーストラリアの元軍人との交流のお話は印象的でした。
 最後に、高校でやっておくべきことや、外国語学習の重要性について教えていただきました。4技能を今バランスよく訓練すること、学習した表現を自分に強く引き寄せて理解すること、自分の好きなことを英語で調べることなどを生徒に熱く語りかけていただきました。最後には生徒たちの質問にも丁寧に答えていただき、非常に有意義な時間を過ごすことができました。
 今回の講演を通して、世界に向けての視野を広げ、「Passport to the world:相生高校から世界へ」を実現する一助になることを期待しています。
 12時間の時差があるブラジルから、生徒のために講演いただきました高木総領事に深く感謝申し上げます。また、実施に当たり、外務省大臣官房国内広報室高校講座担当の笠原様、服部様、廣嶋様にご尽力いただきました。ありがとうございました。

赤ちゃん先生

6月22日(火)2限、3年生の「子どもの発達と保育」授業選択者6名を対象に「オンライン赤ちゃん先生クラス」を行いました。生徒は教室から「ママの働き方応援隊」の赤ちゃん先生とママディレクター(赤ちゃん先生の母親)にオンラインで対面しました。

「赤ちゃんの一日の生活とそれに合わせたお世話(育児)の話」をテーマに赤ちゃんの月齢ごとの違いや一日の生活の流れ等を資料や新生児期の衣服を見せてもらいながら、赤ちゃんのありのままの姿を教えていただきました。

生徒からの質問にも答えていただき、子育ての不安やめんどくさいこと、なぜ赤ちゃん先生をしようと思ったか等、体験談を交えながら生徒たちの進路選択の参考になるようなお話をしていただきました。

貴重なお話をありがとうございました!

生徒会役員認証式

2021.5.12(水)6限
44回生の生徒会役員認証式を行いました。
新・旧の生徒会役員のみ体育館に集まり、他の生徒はホームルーム教室でライブ配信による認証式を視聴しました。

はじめに、校長先生から新生徒会役員一人一人に認証状が渡された後、校長先生から新生徒会に訓辞をいただきました。

次に、前生徒会長から挨拶がありました。生徒会長として過ごした日々の中での不安だったことや楽しかったこと、成長したこと、そして、新生徒会役員へのエールをお話ししてくれました。

その後、旧生徒会から新生徒会へ腕章の引き継ぎがあり、最後に、新生徒会長から挨拶がありました。

旧生徒会のみなさん、本当にお疲れ様でした。
新生徒会のみなさん、がんばってください。期待しています。

立会演説会および生徒会選挙

2021.4.21(水)
 44回生の中枢をなす、生徒会長と副会長候補者の立会演説会および信任投票が行われました。
 今年度は新型コロナウイルス感染症対策のため、1年生はホームルーム教室でライブ配信による視聴を行いました。全校生徒が体育館に揃うことはできませんが、皆集中し、立候補者3名の熱意のこもった演説を真剣に受け止めていました。

 即日開票により、3名とも信任されました。相高をよりよくするため、44回生生徒会一同頑張ります。応援よろしくお願いいたします。

43回生 一日バス旅行

 43回生は4月22日(木)に香川県にバス旅行に行きました。昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、修学旅行やその代替旅行も中止となってしまいました。それだけに生徒諸君は今回の旅行を心待ちにしつつも、本当に実施できるのだろうかと不安に思っていたようです。

 当日は天候に恵まれたこともあり、感染予防に配慮しながら、すべての行程を予定通りに実施することができました。

 朝8時に相生駅を出発し、一路香川県へ。山陽道から瀬戸大橋を渡り、途中与島SAでクラス写真を撮影した後、高松市にある「さぬき麺業」に到着。

 「さぬき麺業」では感染予防に気をつけながら「讃岐うどん」に舌鼓を打ち、社長じきじきに「讃岐うどん」の由来を説明していただきました。休憩をはさんで、うどん作りに挑戦。団子状になった小麦粉を手でこねて麺棒で伸ばし、包丁で細く切っていきました。みな慣れない作業ながら一生懸命取り組んでいました。さまざまな形に仕上がった自作のうどんを袋に入れ、お土産に持って帰りました。

 「さぬき麺業」を出発した後、四国水族館に到着。約一時間半自由に見学しました。四国水族館は規模こそ小さいものの昨年できたばかりなので非常に美しく、プロジェクトマッピングを使うなど生き物を魅力的に見せるための工夫がなされていました。生徒たちはスマホを手にして友だちと、あるいは魚たちと記念写真を撮っていました。イルカショーでは多くの生徒たちが歓声をあげながら童心に返って楽しんでいたように思います。

 帰りに再び与島SAに寄り、お土産を購入し、17:45に相生駅に帰って来ました。

 帰宅後書いた生徒の感想文には「久しぶりに楽しい思い出ができた」「いいリフレッシュができた」といった感想が多く見られました。いまだ新型コロナの感染拡大はやまず、我慢を強いられる日々が続きますが、これからも皆で協力して乗り越えていければと思います。また、今回協力してくださった多くの方に感謝したいと思います。ありがとうございました。

2021.4.9(金) 離任式,対面式,生徒総会

 今年は新型コロナウイルス感染症対策のため、2,3年生は体育館、1年生は教室からのライブ配信で実施しました。また、対面式,離任式は生徒会執行部による司会進行で行われました。

離任式

 栗林校長から離任された6名の先生方のご紹介の後、各先生方からお言葉をいただきました。相高での思い出や、生徒への激励や熱い思いが伝わってくるお話しばかりでした。 ご挨拶をいただいた後、生徒を代表して生徒会副会長の吉川さんがお礼の言葉を述べ、生徒会執行部が花束を贈呈しました。ご転任された先生方は、最後に生徒の間を通って退場されました。新天地でのご活躍をお祈りいたします。

対面式

 離任式に引き続き、45回生と44・43回生の対面式を行いました。校長先生のご挨拶の後、新入生を代表して杉原くんが挨拶を行い、在校生を代表して生徒会長の松本くんが歓迎の言葉を述べました。

生徒総会

 対面式後、生徒総会を行いました。前年度決算報告および今年度予算案が、拍手により信任されました。また、今後行われる生徒会役員選挙について、選挙管理委員長から説明がありました。

43回生自然科学探究発表会

   3月19日(金)に、自然科学コースの2年生が取り組んだ「自然科学探究」について発表会を行いました。 今年度は臨時休校の影響もあり、例年より探究活動を行う時間は少なかったのですが、生徒はその限られた時間を有効活動し、熱心に探究活動に取り組んできました。各班の1年間の主な取り組み内容は次の通りです。

  【ベクトルと素数班】
・数学の疑問にベクトルを用いて答える。 ・素数の規則性を探る。
【測量班】
・昔の測量方法を用いて正確な測量ができるかを検証する。
【チョークの再利用班】
・短くなったチョークの再利用法を検討する。
【炭酸水班】  
・炭酸水にどれぐらいの二酸化炭素が溶けているかを検証する。
【紙のリサイクル班】  
・リサイクルに適した紙の種類や作成方法を検討する。
【プラナリア班】
・プラナリアの生存できる水質環境を検討する。

大学別ガイダンス

 3月17日(火)3・4時間目に、1、2年生対象の大学別ガイダンスを行いました。今年は、コロナ感染症の影響で例年より少ない45の講座を用意しました。生徒たちは自分が興味を持っている大学・専門学校から2つの講座を選択し、それぞれの概要説明・入試制度・進路・学生生活などのお話をうかがいました。  
  現在、3年生は国公立大学の後期試験が終わり、合格発表を待っている時期ですが、1・2年生にとっては新学年のスタートに向けて非常に重要な時期です。新2年生は4月からクラスが文系と理系に分かれ、新3年生は受験勉強を本格的にスタートさせる「3年0学期」の時期です。今回のガイダンスは生徒たちにとって非常に貴重な経験となりました。

合格体験発表会

 3月16日(火)に1・2年生を対象に、この春に卒業した42回生10名を招き、合格体験発表会を開催しました。大学や専門学校に合格したばかりの先輩から、学習体験談を直接聞くことで、受験や勉強に対するモチベーションを高めることを目的としています。  
 先輩からは「模試の判定が悪くても、決してあきらめず最後まで頑張ってほしい」「基礎基本を大切に」「志望校を簡単にあきらめない」「先生方を信じて」「授業をしっかり活用していこう」「どんどん先生に質問しよう」「英語は強力な武器になる」「自分できちんと考えて決める」「クラスの雰囲気は大切」といったアドバイスをもらいました。1年後、2年後の合格を目指して頑張ってほしいと思います。
 最後に、42回生の先生方からのコメントをいただきました。一部抜粋して紹介します。 『今日の合格体験発表会,43,44回生の皆さんにはどのように伝わったでしょうか? 努力に「スペシャル」はない。日々の「当たり前の積み重ね」を、どれだけ「当たり前」に、根気強く、自分に負けず持続できたか。43,44回生の皆さん、どうぞ自分達の未来の為に、弛まぬ「毎日の当たり前の努力」を貫いて、自らの闘いに立ち向かってください。あなたたちがこの先求められる、SDGsのまず第一歩を、自分の「継続的努力~あなたへのSDGs」に反映させていきましょう。』

1・2年生 進路講演会

 3月10日(水)2・3限、(株)ベネッセコーポレーションの粟津美沙様を様をお迎えし、進路講演会を行いました。
 まず1年生対象の講演では、新しく始まった共通テストの特徴・大学入試制度の概要などについてお話をいただきました。大学入試の内容は基礎問題が50%・応用問題30%・難問20%で構成されており、差がつくのは基礎問題の部分であることや、大学入試の出題範囲は1・2年生で学ぶ内容が中心であることも教えていただきました。また模擬試験の復習の大切さを実際の問題を解きながら教えていただきました。
 次に2年生対象の講演では、共通テストのリスニングテストの重要性、合格のための目標得点、そしてそれに向けて自身の経験をもとに模試活用法などについてお話をいただきました。2年生にとっては、これから一か月をどのように過ごすかが非常に重要となります。「受験勉強のスタートは今が最後のチャンス」という言葉が印象に残りました。
 今回の講演をきいて、モチベーションが高くなったと思います。各自の進路目標の達成を目指し頑張ってほしいと思います。