神戸大学で留学生と話そう

 2学期期末考査最終日の12月8日(火)に、昨年に引き続き、神戸大学において留学生の方との交流会を実施しました。

 この事業は兵庫県教育委員会の指定による高大接続推進事業の取り組みの一つとして行われています。

 本年度は、本校から19名の生徒が参加し、神戸大学からは10名の留学生の方に参加して頂きました。留学生の方の国籍は、パキスタン・キューバ・ウガンダ・フィリピン・ミャンマー・台湾・中国とバラエティに富んでいました。

 まずグループに分かれての約1時間の交流会を行いました。母国の風習・食生活、日本の印象、日本と母国の違いなど様々なテーマで交流を深めました。英語でのコミュニケーションのため、最初とても緊張していましたが、留学生の方はタブレット等の映像を利用して分かり易く説明して頂き、次第に打ち解けることができました。

 交流会の後は、留学生の方と一緒に神戸大学のキャンパスを見学しました。六甲の高台からの神戸港の素晴らしい景色を眺めながらキャンパスを散策。経済学部、工学部、図書館、馬場などを見学しました。最後は学生食堂にて休憩し、ちょっぴり大学生気分を味わいました。お天気にも恵まれ、短時間でしたが、非常に有意義な時間を過ごすことができました。お世話頂いた神戸大学の皆様、参加してくださった留学生の皆様、本当に有難うございました。