特別講義「岡山大学薬学部が目指すもの」~観察・実験推進モデル校事業

 1月27日(火)の7限に、2年理系コースの生徒対象に、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教授 名倉 弘哲 先生による特別講義を行いました。

 「岡山大学薬学部が目指すもの」という演題で、薬学部の学習内容、卒業後の進路および岡山大学の特色などについて、わかりやすく説明されました。名倉先生は、救急薬学という新しい研究分野の先駆者であり、医師、救急隊と協働での訓練の様子の説明も受け、生徒は実際に、聴診器や血圧計等を使い、実習も行わせてもらいました。

 生徒は、「先生の話の中で、薬学で生きて行くには、患者さんとの接し方、態度が大切であるという言葉が心に残りました。大学で学ぶことだけでなく、将来に活かすことを考えていかないといけないと思いました。」と感想を述べていました。

実験・講演『再生の不思議-プラナリアを切ってみよう』を実施

 12月16日の午後、観察・実験モデル指定校事業の一環として、兵庫県立大学理学部助教 織井 秀文先生をお招きして、1年6組(自然科学コース)を対象に、実験・講演『再生の不思議-プラナリアを切ってみよう』を実施しました。

 プラナリアの再生能力を実験を通して理解し、人間の臓器でいうと肝臓もその能力をもつことを理解することを学びました。

 以下に生徒の感想をいくつか紹介します。
 ・今回の講演はとてもおもしろくためになりました。再生する動物はイモリ、トカゲぐらいしか知らなかったのですが、私たちの身近にいるミミズ、ヒトデ、エビ、ゴキブリなどむしろ再生しない動物の方が少数派と聞いて驚きました。また、日本だけでもプラナリアは20種存在し、全てが再生するわけではないと知りました。

 ・再生するしくみ、ルールがとても不思議でした。まだすべてが解明されていないと知りまだまだ研究の余地があることがわかりました。

 ・単純そうに見えるプラナリアの諸器官でも人間の諸器官と同じ役割をすることを知りました。

 ・イモリの脳、心臓が再生することに驚きました。

 ・ヤマトヒメミミズというミミズは再生することを知り、とても興味を持ちました。

 ・本日行った実験でプラナリアを5等分に切ったが本当に1週間程度で1匹が5匹になるのか楽しみ。

「水の性質と地学現象。地球表層における水と人間活動との関わり」~観察・実験推進モデル校事業

 11月11日(火)7限に1・2年生自然科学コースの生徒対象に、「水の性質と地学現象。地球表層における水と人間活動との関わり」という演題で、大阪市立大学理学部地球学科教授 益田晴恵 氏による講義を行いました。

 水の力による、災害面・恵みの側面、数千年単位での平野の形成、御嶽山の水蒸気爆発の原理など、身近な水に関しての話で高校の授業にはない地学分野の話だったこともあり、とても興味を持って熱心に聞いていました。

 最後に「災害と恵みは表裏一体。水の大きな力を上手に使っていくことを皆さんに考えていただきたい」と先生は課題を出され、大学で学習、研究の広がりを考えるきっかけになりました。

観察・実験推進モデル校事業特別講義「環境の放射線」

 11月4日(火)7限に2年生理系クラスの生徒対象に、岡山理科大学理学部応用物理学科教授 蜷川 清孝 氏による特別講義を行いました。

 「環境の放射線」というテーマで、まず、大学で学習する元素の3次元核図表の見方を教えていただきました。

 放射性同位体や核子当たりの結合エネルギー、星の内部で合成される各種元素の話の後、実験室の空気中から掃除機で集めた放射線を持つ原子をGM計数管で音として聞き、自然環境に普通に存在している放射線を持つ原子の存在を実感することができました。

 元素の話に始まり、星の一生についての話にまで発展し、大学での物理学の奥深さを知るきっかけになりました。

観察・実験推進モデル校事業~実習・講義『生物における性の進化』

 9月9日(火)7時限に2年自然科学コースの生徒対象に、岡山理科大学理学部 齊藤 達昭 先生による特別講義を行いました。

 「生物における性の進化」という演題で、有性生殖と無性生殖の違いや環境による生殖の仕方の違いなど、様々な生物の生殖方法についてわかりやすく説明をしていただき、生物の奥の深さを実感することができました。

特別講義・実習「家でもできる化学実験の楽しみ」

 6月17日(火)7校時に2年自然科学コースの生徒対象に、岡山理科大学 滝澤 昇先生による特別講義・実習を行いました。

 「家でもできる化学実験の楽しみ」という演題で、身近なものを使った実習でした。内容は、「ブルーベリー蒸しケーキの謎を探る」や「カメレオン焼きそば」など、実際に電子レンジとホットプレートを用いて作りながら説明していただき、酸と塩基の性質を料理を通して理解することができました。