教育実習

 6月3日(月)から21日(金)までの3週間、本校の卒業生4名が教育実習のために母校に帰ってきました。本校の卒業生らしく、担当教諭の指導助言を受けて、授業観察をしたり、教材研究を深めるなど、熱心に教科指導に取り組みました。また、部活動指導や相高祭の準備などにも積極的に関わり、生徒とも意欲的に交流しました。実習生にとっても、生徒たちにとっても、思い出に残る3週間だったと思います。

【実習生の感想】
 実習が始まった頃は授業の組み立て方や生徒との関わり方に悩み、本当に3週間、先生という立場で生徒に何か教えることができるのかと、とても不安になりました。しかし、つまずいた時は先生方にご指導いただいたお陰で少しずつ楽しむことができるようになりました。生徒とも日を重ねるごとにコミュニケーションが取れるようになり、生徒と関わる時間がとても充実したものになっていったと思っています。学生の頃は知らなかった授業の準備や工夫の仕方、授業以外の仕事を経験して、大変さを知ると同時に一人ひとり違った生徒と関わる楽しさや生徒の成長を実感できることへのやりがいを感じました。教育実習というとても貴重な経験から得たこと、学んだ沢山のことを忘れずにこれからに活かして努力していきます。
37回生 (保健体育)

 私にとってこの3週間は本当に濃く、充実したものとなりました。最初は不安と緊張で最後までやっていけるのかなという気持ちでいっぱいでしたが、生徒のみなさんの笑顔や支えて下さる先生方のおかげで少しずつ楽しい日々へと変わっていきました。この実習を通して、改めて教員という職業の厳しさや難しさを感じました。それと同時に「やりがい」というものもとても感じることができました。私は保健体育の授業をさせて頂いたのですが、体育のハードル走の授業で生徒から「先生のおかげで速くなった、上手くなった」と言われた時は本当に嬉しかったし、頑張って良かったと思うことができました。このような経験をさせて頂けたのは、先生方が私にチャレンジする場を与えて下さり、生徒のみなさんが未熟な私を受け入れてくれたからこそだと思います。本当に3週間ありがとうございました。
37回生 (保健体育)

 私はこの3週間で、授業をすることの難しさや大変さ、生徒と関わる楽しさを感じ、多くのことを学ぶことができました。
 授業に関しては教材研究の大切さと大変さを実感することができました。その際、まだまだ力や知識が不十分であると痛感しました。
 生徒とは、始めは少し遠慮してしまい距離がありましたが、徐々に生徒と関わることができ、また、私自身が生徒と関わることに対して楽しんでいることに気付くことができました。
 最後に、先生方からの暖かいご支援・ご指導、笑顔で接してくれた生徒達がいたからこそ、無事に教育実習を終えることができたのだと思います。3週間で学んだことを整理し、今後に活かせるよう努めていこうと思います。
37回生 (数学)

 私にとってこの3週間の教育実習は、毎日が発見の連続で濃く充実した時間になりました。中でも先生方の生徒に向き合う姿勢からは学ばせていただく点が多く、入念な授業準備や質問への対応、問いかけなど生徒一人一人への向き合い方には考えさせられることが沢山あり、実際に授業をして初めて気づくこともありました。また、実習中多くの先生方に気遣ってきただき、助言やご指導をしていただきました。私自身にも向き合って下さった先生方の存在があったからこそ3週間精一杯取り組むことができたのだと思います。
 不安と心配で押しつぶされそうな時もありましたが、それらを乗り越えることができ、先生方、生徒、3週間一緒に過ごしてきた実習生の支えがあったからこそ、この教育実習で人として大きく成長できたように思います。これからも、教育実習で得たことを活かしながら、日々努力していきたいです。
37回生 (国語)

卒業生を囲む会

 3月16日(水)に2年生全員を対象に、この春卒業した37回生8名を招き、卒業生を囲む会を開催しました。大学に合格した卒業生から体験談を聞くことで、38回生の受験に対する意識を高めることを目的としています。

 先輩からは「模試の判定が悪くても、決してあきらめず最後まで頑張ってほしい」「志望校を途中で絶対に下げない」「授業をしっかり活用していこう」「どんどん先生に質問しよう」「部活動は最後までがんばろう」「小テストでは満点を目指そう」といったアドバイスをもらいました。来春の合格目指して頑張ってほしいと思います。

皆勤賞表彰式・記念品贈呈式・同窓会入会式

 2月26日(金)に卒業証書授与式の予行演習及び皆勤賞表彰式・記念品贈呈式・同窓会入会式を行いました。

 皆勤賞表彰式では、第3学年主任から受賞される34名の氏名が読み上げられ、代表が校長より表彰状を受け取りました。卒業生234名の約15%もの生徒が表彰されたことは、すばらしいことです。

続いて記念品贈呈式を行いました。
 (1)卒業生から学校に記念品贈呈
  37回生の皆さんから、卒業記念として、テント3張を贈呈していただきました。ありがとうございます。学校行事等で大切に使わせていただきます。

 (2)PTAから卒業生に記念品贈呈
  PTAから卒業生に、卒業証書を入れて保存するファイルをいただきました。
  さらに皆勤賞表彰者には、温度計付き電波時計をいただきました。

 (3)在校生から卒業生に記念品贈呈
  在校生から卒業生へ、印鑑及び印鑑ケースを贈呈しました。

 最後に、同窓会(相門会)入会式を行いました。
 同窓会副会長の志茂邦彦様(2回生)より、ご挨拶と歓迎の言葉をいただきました。

大学入試センター試験激励会

 翌日・翌々日に大学入試センター試験を控えた37回生が、本番において持てる力を存分に発揮できるように、激励会を実施しました。校長先生の激励の言葉に始まり、進路指導部長、学年主任、学年副主任からも当日の諸注意や励ましの言葉がありました。そして、最後に毎年恒例になっている、学年の先生から手作りの演出(激励)がありました。先生たちの掛け声に合わせて、学年の生徒たち全員が張り裂けるような声で返し、体育館全体が大いに盛り上がりました。

PTA進路研修会~3年生保護者対象

 6月27日(土)、相生市立福祉会館において、PTA進路研修会を開催しました。3年生の保護者、約140名参加され大学入試に関する研修を行いました。

 まず全体会では「昨年度の入試を振り返って」「入試制度の基礎知識」「受験の経済学」「合格への心構え」と題して、進路指導部長が講演しました。その後、文系・理系に分かれて分科会を実施し、第3学年の進路担当者が講演を行いました。内容は「2015年度の入試の総括」として学部系統別の入試概況、国公立大学・私立大学の入試概況、「2016年度の入試の主な変更点」さらに「近畿地区・中四国地区の入試分析」と題して各大学個別の受験生の動向などについて報告しました。
 
 大学入試センター試験まであと200日。栄冠をめざして3年生の諸君には頑張って欲しいと思います。なお1・2年生の保護者の方を対象とする進路研修会は、10月上旬に開催予定です。

「校外活動」に出発

 4月14日は、各学年とも校外活動を行っています。

 3年生はUSJに向かって7:30に相生駅南バスターミナルを出発しました。

 2年生は1日遠足で羅漢の里に向かいました。山道の状況が悪いので、竜泉周りで向かいます。8:30頃学校を出発しました。12時には羅漢の里に到着し、バーベキューの昼食を楽しんだ後、バスで戻ってきます。

 1年生はまず学校に集合した後、相生駅南バスターミナルに向かい、バスに乗車してグリーンエコー笠形に向かいました。現地では飯ごう炊さんを行い、カレーを食べます。また、3人4脚、お玉でピン球、ドッジボール、2人縄跳びなどのレクレーションを行い、クラスの団結を図ります。16時頃帰着予定です。

卒業生を囲む会

 3月19日(木)に2年生全員を対象に、この春卒業した36回生7名を招き、卒業生を囲む会を開催しました。大学に合格した卒業生から体験談を聞くことで、37回生の受験に対する意識を高めることを目的としています。

 生徒は、「先輩は普通に部活をしていたのに、その裏ではしっかりと努力していたことを知り、意識をさらに高めることができました。正直、部活組は不利だ、部活どころではないと、最近考えていましたが、それはただ逃げている言い訳だと思いました。部活も勉強も前向きに積極的に後悔しないように頑張ろうと決めました。」と感想を述べていました。

『自然科学探究』発表会(37回生自然科学コース)

 3月17日(火)13時から、自然科学コース2年生による『自然科学探究』発表会を開催しました。

 今年度から開講した学校設定科目である『自然科学探究』(2年生自然科学コース対象)では、6つのグループに分かれ、1年間をかけて、課題研究を実施し、その成果を発表しました。
 
 発表した6つのグループとその研究内容は、
 ・草木染め班・・・自然に潜む色素を取り出し布を染める
 ・牛乳班・・・牛乳を放置するとどうなるか
 ・花力発電班・・・色素増感型太陽電池の原理を理解し、制作する
 ・波動班・・・回折格子やCDを使って光の波長を求める
 ・卵班・・・卵黄膜と卵殻膜の違い
 ・地震班・・・地震が教えてくれること
です。 

 自然科学コース1、2年の全生徒と保護者、教員が参加する中で、どのグループもプレゼンテーションソフトウェアを駆使し、工夫を凝らしてわかりやすい説明をしました。

 生徒は、「今回の課題研究は初めての試みであり、相生高校に新たな1ページが私たちの手によって刻まれることが、大変誇らしいです。」と感想を述べていました。今回の研究を通して得られた貴重な体験をこれからの人生に活かしてもらいたいです。

「進路講演会」を実施(第1・2学年)

 3月4日(水)の4限に、キャリア教育の一環として、
  第1学年は「進路実現を目指して 今、何をなすべきか」というテーマでベネッセコーポレーションより、
  第2学年は「現役合格を勝ちとるために」というテーマで河合塾より
それぞれ講師をお招きし、進路講演会を行いました。

 各自の進路実現に向けて、大学入試の制度や学習方法など、講師の方々の熱い講演を聞き、具体的にどうすべきかよく分かり、頑張ろうという意欲がわきました。

   ▲1年生の講演会の様子

   ▲2年生の講演会の様子

インスパイア・ハイスクール事業 講義「分光器をつくって、光を見よう」

 2月9日(月)7限に、2年5組(理系クラス)の生徒対象に、「分光器をつくって、光を見よう」という演題で、アマチュア天文家で歯科医師の 川西浩陽 氏による講義を行いました。

 物理選択者は、ちょうど光を学習しているところで、授業で学んだ内容の実験・観察ができ、理解を深めることができたようです。また、案外簡単に作れた分光器で、さまざまな光源からの光を観察し、普通に見ると違いの全く分からない白熱灯と蛍光灯の光が、分光器を通して観察すると全く異なることや、太陽光を観察したときに生徒達から感嘆の声があがっていました。

 恒星の光を調べることで、その恒星を組成する元素を知ることができるなど、天文物理学の基礎であることも学びました。教科書に載ってある内容を体験することで、物理学をより身近に感じることができ、大学での研究や目指す職業を考えるきっかけになりました。