生徒会役員認証式

 5月8日(水)、新生徒会役員の認証式を行いました。校長から、新生徒会役員一人一人に認証状が手渡され、続いて校長から訓辞をいただきました。その後、旧生徒会長の井上くんが挨拶をし、旧生徒会から新生徒会へ腕章が引き継がれ、新生徒会が発足しました。最後に、新生徒会長の鷺澤くんが挨拶をし、力強く抱負を語りました。

さわやか挨拶運動

 4月26日(金)、平成最後の「さわやか挨拶運動」を行いました。4月のみ、前年度の生徒会(41回生)15名と新生徒会(42回生)15名が一緒に行います。
 朝7時前より、新旧の生徒会メンバーが続々と集まり、相生駅周辺のゴミ拾いを実施しました。このあと、山手自治会の方々と一緒に「さわやか挨拶運動」を実施しました。
 晴れの予報でしたが、小雨混じりのおかしな天気でしたが、いつもの2倍の人数で、元気な挨拶の声が、相生駅北側ロータリーに響き渡っていました。
 周辺のゴミ拾いも継続してこの挨拶運動を実施しています。今年も新生徒会を中心に頑張りますので、ご協力をよろしくお願いします。

立会演説会42回生生徒会選挙

 新年度が始まってまだ2週目ですが、4月17日(水)に42回生の中枢をなす、生徒会長 および 生徒会副会長立会演説会と信任投票が行われました。
 三者とも、立候補に至るまで数多く悩み、自分の本音と向かい合い、今回の立候補に至りました。自分がしたいこと、みんなとやり遂げたいこと、言うだけで終わりたくないこと・・・。三人に共通していた訴えは、自分一人の力でどうにもならない。他人事ではなく、自分のこととして捉えてほしい。全員で相高をよくしていきましょう、とのことです。

 主張だけではなく、達成するためには何が必要かを訴えた演説だったと思います。三者の誠意と、熱意が感じられた立会演説会だったと思います。ずいぶん緊張していましたが、それぞれの人となりが分かってもらえたと思います。
 いよいよ始まる42回生の生徒会です。彼ら・彼女らの主張から、どんな広がりが生まれるか。破天荒の意味、41回生生徒会が産み出そうとしたもの、42回生として、引き継ごうとしているもの、発展させようとするもの。
 どうか、42回生生徒会に向けて、大きな声援をお願い致します。言うだけではない、実行する生徒会を期待してください。

平成30年度 CHIAKI ほおずき揖保川 訪問

 3月19日(火)午後、本校生徒会、弦楽部クラシックギター班・箏曲班、吹奏楽部、茶華道部の生徒54名が、バス2台に分乗し、揖保川町のケアホームCHIAKIほおずき揖保川を訪問しました。
 生徒会の司会・進行によって進められ、クラシックギター班は「カントリーロード・カノン・やってみよう」の演奏を行いました。続いて生徒会の合唱「風になる・やさしさにつつまれたなら」のやさしいハーモニーを奏でました。そして、吹奏楽部のフルート三重奏による「海のパレット・ハナミズキ・ふるさと」の演奏で、皆をうっとりさせました。最後に、お年寄りの方が大好きな筝曲班の演奏が行われ、大トリの「ふるさと」はホームの人たちの大合唱となりました。
 演奏終了後、生徒会を中心に広間のセッテイングが行われ、茶華道部の茶道班の点て出しと、華道班の小原流生け花の披露も行われました。
 ホームの皆さんの嬉しそうなお顔を見て、私たちも精一杯頑張らなければいけないと強く感じ、生徒たちは達成感や感動体験を味わうことができました。
 閉会式で、ホーム代表の謝辞や、多くのお礼の言葉をいただき、大切な事業であると実感しました。

さわやかあいさつ運動

 3月8日(金)、学校南の梅の花も満開となりようやく春が感じられるようになりました。しかし、寒の戻りか朝の寒さが戻り、気温2度の寒さの中で、本校生徒会と1年5組が山手1丁目自治会の方々と共に、相生駅南北に分かれて「さわやか挨拶運動」を行いました。
 今年度最後の挨拶運動で、いつものように、最初は駅周辺のゴミ拾いを行いました。うれしいことに今回が一番ゴミが少なく、相生の街もポイ捨てが少なくなっているのはいいことです。
 今回、神戸新聞と相生ライフの取材を受けました。また、自治会より「ベスト挨拶賞」を生徒会男子1名が受けました。春が一歩一歩近づいている中での、生徒会と1年生、自治会の方の大きな挨拶の声が響きわたる、「さわやか挨拶運動」でした。

後期球技大会

 前日の雨の影響で、グランドの状況が非常に心配されましたが、早朝からサッカー部・野球部等によりグランドが整備され、生徒会や放送部の準備も滞りなく行われ、開始が遅れることもなく、後期球技大会を開催することができました。
 陽射しは春のような快晴の中、グランドでは男子サッカーと女子ミニサッカー、体育館では、男女のバスケットボールとバレーボールの熱い闘いが行われ、大いに盛り上がりました。
 今年は、女子サッカー以外は2年生が上位を独占し、上級生の力を見せつけました。1年生はこの悔しさを忘れず、次回の球技大会の奮起に期待しています。

【結果】 1位 2位 3位
男子サッカー 2-1 2-4 1-1
女子サッカー 1-2 2-4 1-5
男子バスケットボール 2-5 2-1 2-4
女子バスケットボール 2-3 2-1 2-4
男子バレーボール 2-5B 2-4 1-4
女子バレーボール 2-2 2-5 2-3

さわやか挨拶運動

 2月8日(金)、最も寒い時期でありながら気温4℃と比較的過ごしやすい中、本校生徒会・1年4組と山手1丁目自治会の方々と共に、相生駅北側・南側ロータリーで「さわやか挨拶運動」を行いました。
 いつものように早く来た者から、駅周辺のゴミ拾いを行っています。いつもよりもタバコの吸い殻が多かったですが、多くのゴミを拾うことができました。1カ月に一度ですが、自分たちの街のために何かできるということは、挨拶同様、達成感があります。
 生徒会と1年4組、そして自治会の方の大きな挨拶の声が響きわたる、元気が伝わる「さわやか挨拶運動」でした。

三学期通学路清掃

 1月23日(水)放課後、冬とは思えぬ暖かい陽が差す中、通学路の美化と地域の方々への感謝の気持ちを込めて通学路清掃を行いました。
 生徒会執行部を中心に、1・2年の美化委員・通学委員・風紀委員とボランティアの生徒約80名が参加し行いました。
 普段、通学路として利用しているJR相生駅から東西の相高に至る通学路を二手に分かれて、道路周辺のゴミを大量に拾いました。生徒会は校門周辺の溝掃除を中心に頑張りました。揃いのナイロンジャンパーに身を包み、一生懸命取り組むことができました。大量のゴミを、アルミ缶・スチール缶・ビンと燃えるゴミに分別し、無事終了しました。

さわやかあいさつ運動

 1月18日(金)、気温3℃、今年の冬はまだ過ごしやすいですが、日の出(7時7分)前の時間から、本校生徒会・1年3組・山手1丁目自治会の方々が集まり始め、相生駅南北ロータリーで「さわやか挨拶運動」を行いました。
 生徒会のメンバーは、夜明け前から三々五々集まって、手慣れた様子で駅周辺のゴミ拾いを行ってから、挨拶運動を行いました。一カ月に一回ですが、自分たちの街が美しくなることは、挨拶同様、気持ちのいいことです。
 生徒会と1年3組、そして自治会の方の大きな挨拶の声が響きわたる、すがすがしい「さわやか挨拶運動」でした。