生徒会役員認証式

2021.5.12(水)6限
44回生の生徒会役員認証式を行いました。
新・旧の生徒会役員のみ体育館に集まり、他の生徒はホームルーム教室でライブ配信による認証式を視聴しました。

はじめに、校長先生から新生徒会役員一人一人に認証状が渡された後、校長先生から新生徒会に訓辞をいただきました。

次に、前生徒会長から挨拶がありました。生徒会長として過ごした日々の中での不安だったことや楽しかったこと、成長したこと、そして、新生徒会役員へのエールをお話ししてくれました。

その後、旧生徒会から新生徒会へ腕章の引き継ぎがあり、最後に、新生徒会長から挨拶がありました。

旧生徒会のみなさん、本当にお疲れ様でした。
新生徒会のみなさん、がんばってください。期待しています。

立会演説会および生徒会選挙

2021.4.21(水)
 44回生の中枢をなす、生徒会長と副会長候補者の立会演説会および信任投票が行われました。
 今年度は新型コロナウイルス感染症対策のため、1年生はホームルーム教室でライブ配信による視聴を行いました。全校生徒が体育館に揃うことはできませんが、皆集中し、立候補者3名の熱意のこもった演説を真剣に受け止めていました。

 即日開票により、3名とも信任されました。相高をよりよくするため、44回生生徒会一同頑張ります。応援よろしくお願いいたします。

さわやか挨拶運動

 3月18日(木)、放射冷却で気温が2度まで下がる中、今年度最後の「さわやか挨拶運動」が行われました。生徒会(43回生)と1年1組が共に、相生駅北側・南側ロータリーに分かれて実施しました。
 今年度はコロナ禍の中、8回全てマスクを全員つけて実施しました。コロナもなかなか終息に至りませんが、来年度も頑張って続けていく所存です。
  朝早く来た者から駅周辺のゴミ拾いを行っています。緊急事態宣言発令のため、1・2月は実施できず、久しぶりの活動でしたが手慣れたもので各自が火ばしとゴミ袋を持ってタバコの吸い殻等を丁寧に拾い集めることができました。ゴミも少なくなってきていて、私たちの在学する街が、ゴミが少ないと気分は晴れやかです。
 今回はコロナ禍の中、自治会の方は参加を辞退されましたが、仕方ありません。早くコロナが退散するよう願うばかりです。
 生徒会と1年1組のさわやかな挨拶の声が響きわたる、「さわやか挨拶運動」でした。

後期球技大会

 緊急事態宣言が前倒しで解除になり、開催の目途が立ったにもかかわらず、前日の大雨の影響で、開催が非常に心配されました。しかし、前日午後から男女テニス部がテニスコートの水抜きを、またバレーボール部による会場設営が行われ、そして当日、早朝からサッカー部・野球部等によりグラウンドでの会場準備がなされ、開始が遅れることもなく、2年ぶりの後期球技大会を開催することができました。(昨年度は緊急事態宣言で自宅待機のため中止)
 少し肌寒い快晴の中、グランドでは男子サッカーと女子ミニサッカー、テニスコートでは男女混合のドッヂボール、体育館では男女のバレーボールと5つの熱い闘いが行われ、大いに盛り上がりました。
 今年は、男子サッカー・女子バレーボールを1年生が上位を独占、2年生も女子サッカー・ドッヂボール・男子バレーボールとしっかり勝ち切り、上級生の力を見せつけました。コロナ禍の中、マスク着用・試合前後の消毒・ソーシャルディスタンス等、多くの配慮をしながら開催することができました。クラスのために皆で力を合わせて闘う姿勢があちこちで見られ、感動体験を得ることができた素晴らしい行事となりました。

3学期通学路清掃

 1月27日(水)放課後、厳しい寒さが緩んだ春のような日和の中、通学路の美化と地域への感謝の気持ちを込めて、今年度2回目の通学路清掃を行いました。
 緊急事態宣言の中、中止も検討されましたが、数少ないボランティア体験を何とか行いたいという熱意が上回りました。しかしコロナ対策として、マスクはもちろんのこと最初と最後にアルコール消毒を行うという、徹底対策をして行われました。生徒会執行部を中心に、1・2年の美化委員・通学委員・風紀委員とボランティアの生徒約50名が参加しました。
 普段、通学路として利用しているJR相生駅から東西の相高に至る通学路を二手に分かれて、道路周辺のゴミ拾いを行いました。生徒会は校門周辺の溝掃除を中心に頑張りました。揃いのナイロンジャンパーに身を包み、一生懸命取り組むことができました。最後に集められたゴミを、アルミ缶・スチール缶・ビンと燃えるゴミを分別し、無事終了しました。

さわやか挨拶運動

12月11日(金)、寒波到来直前のまだまだ暖かい冬の朝、日の出(6時59分)前の時間から、本校生徒会・1年4組・山手1丁目自治会の方が集まり始め、相生駅北側と南側に分かれて「さわやか挨拶運動」を行いました。
 相高生は、日の出前からいつものように駅周辺のゴミ拾いを行ってから、挨拶運動を行いました。落ち葉が多かったですが、タバコの吸い殻や空き缶等しっかり拾うことができました。ゴミも減りつつあり、相生の街が綺麗になっているように感じられます。生徒会と1年4組、そして自治会の方の大きな挨拶の声が響きわたる、清々しい「さわやか挨拶運動」でした。

車のライトが眩しい日の出前のゴミ拾い
南側ロータリーも綺麗になりました
駅北側、終わり間際にようやく太陽が
駅南側は1年4組が頑張りました

さわやか挨拶運動&PTA合同街頭指導

 11月20日(金)早朝より、今年度2回目の職員・PTAとの合同街頭指導&さわやか挨拶運動を行いました。学校周囲の10カ所のポイントで合同街頭指導、相生駅前ではさわやか挨拶運動です。
 合同街頭指導では、生徒からのさわやかな挨拶の声を聞くことができます。交通ルールを守ってはいますが、まだまだ配慮が足らぬところも垣間見えます。
 駅前では生徒会と1年5組の半分が、さわやか挨拶運動を実施し、早朝から集まった生徒(生徒会・1年5組)が駅周辺のごみ拾いを行いました。その後、駅の南北に分かれて、30数名が山手自治会の方々と一緒に元気な挨拶の声を響かせました。自治会と相高が挨拶運動を協働で始める契機となった元自治会長が先日亡くなられました。この運動を天国から温かく見守って頂いていると思います。心からご冥福をお祈りいたします。

相生駅北側挨拶運動



 

オープン・ハイスクール

 第4学区オープン・ハイスクール(複数志願選抜)を11月6日(金)、10日(火)に、相高独自オープン・ハイスクールを7日(土)に実施しました。3日間で中学生・保護者の方・中学校の先生方、約610名の方に参加していただきました。受付・校内外誘導はサッカー部、野球部、陸上部、女子バスケットボール部が行いました。
 オープン・ハイスクールは、生徒会執行部による運営・進行のもと、吹奏楽部の歓迎演奏で始まりました。続いて、校長先生のご挨拶、スライドを用いた学校紹介が生徒会・自然科学コースの生徒・教頭先生が行いました。本校の特徴や行事の様子、部活動の様子などについて詳しく説明しました。
 その後、A~Gの7班に分かれて体験授業と校内見学をそれぞれ30分程度、生徒会執行部・野球部による案内で行いました。
 校内見学は、校舎や設備、部活動、文化部展示などを見学してもらいました。
 体験授業は次の7教科の講座を用意し、中学生に各自の希望にそって授業を体験してもらいました。

 A 国語 古典に親しむ(6日、7日)
B 社会 古代エジプト(6日、10日)
C 数学 誕生日を当てよう ~2進数の世界~(6日、10日)
C 数学 宝の居場所は?(7日)
D 理科 -196℃の世界(6日、7日、10日)
E 体育 保健体育の基礎知識(6日、7日)
F 英語 英語を使ったゲーム(6日、7日、10日)
G 情報 コンピュータで見る二次曲線(6日、7日)
 
 体験授業後は、運動部・文化部の活動を自由に見学していただいて、3日間のオープン・ハイスクールを終了しました。  
 たくさんのご参加ありがとうございました。
 皆さんのご入学を心よりお待ちしております。

久し振りの球技大会

 10月26日(月)、素晴らしい秋晴れの中、前期代替球技大会を実施しました。
 コロナ禍の中、昨年度の後期球技大会(3月)・今年度の前期球技大会(7月)と連続で中止となり、生徒達のエネルギーが有り余っていた中、中間考査明けに何とか実施することができました。体育大会でも使用したクラスTシャツ(1組オレンジ、2組赤、3組黄、4組黄緑、5組青)を着用して実施しました。
 コロナの影響がまだまだ続く中、身体接触のない競技をということで、男女バレーボール、男女混合のソフトボールとドッジボールを行いました。2・3年生は1年振り、1年生は初めての球技大会ということで、学年を超えた熱戦があちこちで行われました。3年生は最後の球技大会でしたので、長~い受験勉強の疲れを吹き飛ばす頑張りを見せ、ソフトボール・ドッジボールで優勝し、先輩の意地と団結力を見せつけました。
 競技以外は、マスクの着用と手洗い・消毒の徹底を呼びかけ、何とか無事終えることができました。久しぶりの楽しい時間を過ごせたことで、皆の笑顔がはじけた球技大会となりました。

【結果】                        
ソフトボール   1位 3-2   2位1-4   3位1-5
男子バレーボール   1位 2-3   2位 3-1   3位1-2・3-5
女子バレーボール   1位 1-3   2位 3-2   3位1-4・2-4
ドッジボール   1位 3-5   2位 3-3   3位 2-4

車椅子体験講習会

 10月28日(水)放課後、相生市社会福祉協議会から3名・「あいおい外出介助ボランティアグループ こころ」より8名の方々をお招きし、27回目の車椅子体験講習会を実施しました。
  相高からは、生徒会執行部、1・2年保健委員・ホームルーム委員に1・2年生の有志を加えた63名が参加しました。
 冊子「車椅子を使った介助」を先に配布し、参加した生徒自身も予習して臨みましたが、実際に操作や介助のする立場になると、車椅子の大変さが身にしみたようです。知識と行動の一体が本当に大切であるという「知行合一」が体験できた、大変有意義な車椅子体験講習会となりました。