高校生・ふれあい育児体験(1年2組・1年4組)

 11月22日(金)、「高校生・ふれあい育児体験」も最終回、1年2組・1年4組の生徒が相生市立山手幼稚園にて行いました。
 2組は、屋外で鬼ごっこやサッカー、ボール投げ、かくれんぼをしたり、砂場や遊具で一緒に遊んだりしました。生徒たちは園児の視線に合わせて「何して遊ぶ?」などと優しく話しかけ、たのしそうに交流していました。最後は園児たちがつくってくれた花道を通って学校に帰りました。
 4組は、室内で4つのクラスに分かれて、担任の先生のピアノに合わせて、「じゃんけん列車」や「やきいもグーチーパー」などのゲームをしました。元気いっぱいの園児たちにつられて、生徒たちも自然と笑顔になっていました。最後に園児たちがお礼に歌を歌ってくれるクラスもありました。

 以下に、生徒の感想を一部掲載します。
・印象に残ったことは、同じ年齢だけど話の内容や発達の差があったことです。また、年齢関係なく1つの遊びを楽しんでいてとてもいいなぁと思いました。(1組 女子生徒)
・最初は子どもたちと打ち解けることができるのか不安でしたが、「子どもの前では常に笑顔でいる」ということを意識して接したら、すぐに打ち解けて楽しく触れ合うことができました。鉄棒の前回りや逆上がりをたくさん見せてくれました。ほめるとすごく嬉しそうで、私も幸せな気持ちになりました。(2組 女子生徒)
・僕のついていた男の子は、最初は恥ずかしくてハンカチでずっと顔を隠していたけど、「はずかしい?お兄ちゃんも小さい時そうやったよ」と話をしたら心を開いてくれたのか、名前とかもすぐ教えてくれてうれしかったです。(3組 男子生徒)
・伝えたいことを表情や動きで伝えようとしているのがわかりました。園児たちはとても素直でかわいかったです。また、園児たちの間で遊びに参加できない子がいたら、誘いにいくなどしていてやさしいと思いました。(4組 男子生徒)
・私と遊んでいた男の子はあまり感情を出さない子だけど、ボール遊びでずっと笑ってくれました。先生もこんなに大きな声で笑うなんてめずらしいと喜んでくださり、とてもうれしく、やりがいを感じました。(5組 女子生徒)
・自分から積極的に子どもたちに話しかけることで、子どもたちが少しずつ心を開いてくれて、たくさんお話を聞かせてくれました。また、子どもたちの発言に対して「すごいねぇ!」「そうなんだ!」と大きく反応してあげると夢中になってお話してくれました。(3年生 女子生徒)

高校生・ふれあい育児体験(3年生8名・1年5組)

 11月7日(木)、5日の1年1組・3組に引き続いて、3年「子どもの発達と保育」選択者8名・1年5組の生徒が「高校生・ふれあい育児体験」を相生市立山手幼稚園にて行いました。
 3年生8名は、室内で4つのクラスに分かれて、担任の先生のピアノに合わせてゲームをしたり、絵本の読み聞かせをしたりしました。お別れの時間になると、生徒たちも園児たちも名残惜しそうに手を振っていました。
 1年5組は、屋外で鬼ごっこやサッカーをしたり、おしゃべりしたり、砂場や遊具で一緒に遊んだりしました。元気いっぱいの園児たちに、生徒たちも自然と笑顔になり、へとへとになりながらも交流を楽しんでいるようでした。
 次回22日(金)が最終回。1年2組と1年4組が実施します。

高校生・ふれあい育児体験(1年1組・1年3組)

 11月5日(火)、1年1組・1年3組の生徒が、高校生就業体験事業の一環として「高校生・ふれあい育児体験」を相生市立山手幼稚園にて行いました。
 1組は、屋外で鬼ごっこやかくれんぼ、サッカーをしたり、砂場や遊具で一緒に遊んだりしました。また、この日は兵庫県の「津波一斉避難訓練」が実施されたため、防災無線が流れると遊びをいったんやめて避難の練習をしました。
 3組は、室内で4つのクラスに分かれて、じゃんけん列車やフルーツバスケット、イス取りゲームをしたり、絵本の読み聞かせやおままごとをしたり、ブロックや積み木で遊んだりしました。
 生徒たちは、はじめは少し緊張もみられましたが、次第に打ち解け、楽しそうに交流していました。園児たちの目線に合わせて優しく話しかける様子や園児たちを楽しませようと一生懸命な様子が見られ、短い時間ではありましたが、貴重な時間を過ごすことができました。
 11月7日(木)には1年5組と3年生「子どもの発達と保育」選択者8名が、22日(金)には1年2組と1年4組が実施する予定です。

医療看護体験

 7月31日~8月4日の間の1日、姫路赤十字病院、IHI播磨病院、赤穂市民病院、赤穂中央病院、伯鳳会プラザの各所において、医療看護体験に行かせていただきました。

 参加した生徒は、将来医療系の仕事に就きたいと考えています。今回の体験を通して、進路選択につなげていけるように、みんな真剣に頑張りました。

『職業ガイダンス』(1年生対象)

 7月8日(水)、期末考査後の3・4限目、1年生を対象に、高校生就業体験事業の一環として、『職業ガイダンス』を行いました。

 今年は、税理士、学校教育、教育福祉、公務員、看護、検査技師、薬剤師、流通、メディア、企画サービス、化学研究開発、鉄鋼機械、製造の13分野の中から、生徒たちは自分が興味を持っている分野を2つ選び講義を聴きました。

 講師の先生には、本校の卒業生を中心に、各分野に従事しておられる方に来ていただきました。1年生といえども、将来の進路は遠い話ではなく、真剣に考えていかねばならないことです。2学期に入ると文理選択も控えているので、生徒たちは真剣なまなざしで話に聞き入っていました。生徒たちは、実際の仕事の内容がよくわかった、コミュニケーションの大切さが分かった、これからしっかり勉強してこの職に就きたいと思った・・・など、多くの前向きな感想を書いていました。