令和3年度外務省「高校講座」「地球の裏側から By Teams」

 7月13日(火)3,4限に在クリチバ総領事高木昌弘氏を講師にお迎えし、令和3年度外務省「高校講座」を実施しました。新型コロナ感染症対策として、Teamsを使って、ブラジル、東京(外務省)と本校をオンラインでつなぎ、講演会をしていただきました。全クラスの生徒たちが教室で熱心に講演に耳を傾けました。
 最初に、SDGsの実践事例を具体的に説明していただきました。清掃活動のような身近な事例から、医療体制やエネルギーといった国家レベルの話までわかりやすくお話していただきました。多くの生徒たちがSGDsの目標に対して、自分にもできることがあると認識したとの感想を書いていました。
 次に、世界から見た日本、異文化理解とコミュニケーションについてお話していただきました。困難な状況においても相手の立場に立ち、「共通利益」を探ることで道が拓けること、辛いときには自分のことばかりを考えがちになるので、I(私は)以外の主語を頭において考えることが大切であることなど、示唆に富んだお話をしていただきました。なかでも、オーストラリアの元軍人との交流のお話は印象的でした。
 最後に、高校でやっておくべきことや、外国語学習の重要性について教えていただきました。4技能を今バランスよく訓練すること、学習した表現を自分に強く引き寄せて理解すること、自分の好きなことを英語で調べることなどを生徒に熱く語りかけていただきました。最後には生徒たちの質問にも丁寧に答えていただき、非常に有意義な時間を過ごすことができました。
 今回の講演を通して、世界に向けての視野を広げ、「Passport to the world:相生高校から世界へ」を実現する一助になることを期待しています。
 12時間の時差があるブラジルから、生徒のために講演いただきました高木総領事に深く感謝申し上げます。また、実施に当たり、外務省大臣官房国内広報室高校講座担当の笠原様、服部様、廣嶋様にご尽力いただきました。ありがとうございました。

令和3年度 1学期終業式 式辞

 みなさん、おはようございます。
 コロナの影響で、こうして放送やオンライン中継で行事や式典を行うことが当たり前のようになってきました。昨年来、これまで当たり前だった事が当たり前でなくなってきています。学校の部活動の帰りに友達と自動販売機でジュースを買って楽しく会話をする。本来何の問題もない微笑ましい行動なのに、地域住民から厳しい苦情が寄せられたりします。今の世の中が「何が正解かわからない」時代であると言われる状況を物語っています。今後ワクチン接種が進み集団免疫ができることで、一日も早く元の通常の生活に戻って欲しいものです。今、元の生活と言いましたが、コロナ終息後の社会では、大きく産業構造が変革していくことが予想されています。歴史的・世界的にみても、黒死病とも呼ばれたペストやスペイン風邪などの感染症等が大流行した後は、新たな価値観が生まれ、技術革新や法制度の改革、産業構造の大変革が起こってきました。皆さんが生きていこうとしているのは、こうしたポストコロナ時代なのです。今後デジタル化の加速など、時代の急激な変化に柔軟に対応できる力や今まで以上に他者と協働していく力が求められるのはいうまでもありません。

 コロナ禍にある1学期でしたが、まずは、皆さんに感謝したい。4月来、緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が発令された中での1学期でした。部活や行事など制限のある中で、なんとか教育活動を続けてきました。皆さんの感染対策への意識の高さと予防に向けての行動力が身を結び、学級閉鎖や臨時休校等の大きな混乱を招くことなく、教育活動が展開できたことは本当に喜ばしく、皆さんに改めて感謝いたします。夏休み中も、引き続き強い危機意識を持って、感染予防に努めて欲しいと思います。

 ところで、1年生の皆さん、進路や将来に対しての目標は立てましたか?人生を左右する文理選択も迫ってきています。校長先生は高校時代、数学と化学が好きでしたが、物理の先生が大嫌いで、それだけの理由で親にも相談せず、文系を選択しました。後で、かなり後悔したのを覚えています。学年通信をよく読んでみてくださいね。2年生の皆さんは、目標は確立し、その達成のための戦略を立てていますか?文武両道・両立は大変だとは思いますが、しんどいからこそ成長できるのだと思います。勉強と部活あるいは趣味に邁進してください。3年生はいよいよ進路実現のために、蓄えてきた力を発揮しはじめる時期が迫ってきています。「夏を制する者は受験を制する」と言われるように、あきらめずに自分を信じて、自分に負けずに頑張り抜いて欲しいと思います。この夏で、さらにグッと伸びる人も多いはずです。3年の学年通信に大谷翔平選手の目標達成シートの事が記載されています。ぜひ参考にしてください。

 さて、今日は、「自分を知る」という話をします。「自分を知る」すなわち自分の強みや弱みを理解し、持てる武器を知り、戦い方を知っておくことは、(受験や部活をやり抜く上で)極めて重要です。自分は、どんな性格で、緊張するとどうなるのか、お腹が痛くなってしまうタイプなのか、勉強方法は夜型なのか、試験前日は早く寝るタイプなのか、寝てしまうことが不安に思うタイプなのか、音楽を聴きながら勉強したいタイプなのか・・・などなど言い出せばきりがありませんが、私は、高校時代なぜか試験前に限って本が読みたくなったり、読まなくても良いマンガを読まないと勉強ができませんでした。親から勉強しなさいと言われたらする気がなくなったり。定期考査前は、よく暗記ができるのに、受験勉強はなぜかはかどらない。なぜなんだろう・・と、とても不思議で仕方ありませんでしたが、脳科学的には極めて正常らしいです。高校時代に教えて欲しかったですが・・・とにかく自分を知るために、自分に合った学習スタイルを知るために、いろいろと試しながら自分を知り理解することで、そんな自分に自信を持つというか、安心させることがとても大事なんです。不安で、心配で、緊張しすぎたりすると、どうやら脳は萎縮してしまい本当の力が発揮できなくなるようです。だから、そうならないためにも自分を知り、できればその解決方法を知っていれば最高ですよね。緊張した精神状態を解放する方法、解放できなくても緊張を楽しむ方法はあるはずです。私も実はかなりの緊張人間です。人見知りだし、人に声をかけるのも苦手で、いつも緊張しすぎてしまう人間です。試験の前日や当日は必ずお腹が痛くなってしまいます。でも、それをマイナスに思ったり、恥ずかしいことだとは思わずに、そんな風になる自分を認め、「またなったわ。いつものことやから仕方ないな」と思うようにしています。不安に感じたり動じたりすることのないように心掛けています。そして、できるだけ前向きな発想(プラス思考)をするように心掛けています。また、日頃からそういう弱い自分に対抗するために心がけているのは、毎日頑張って、勇気を持って人に接することです。自分から進んでする元気良い挨拶も私自身を強くしてくれているアイテムの一つです。

 実は、私が今、話していることを、この春卒業し、見事東大に現役で合格した42回生の森川君が進路の手引きの中の合格体験記で記述しています。彼は、自分の武器を知り、戦い方を知ることで自分に自信を持つことができると言っています。彼はまた、君たち後輩に向けて、「そのために、重要なのは、時間があるうちに様々なことを試すことであり、自分が無理なく続けられる方法を探し出す」ことが重要であるといっています。
 もう一人、印象に残ったのは、山口大学に合格された40回生の井口君のメッセージで、「相生高校では毎日のように小テストがありますが、小テストは合格を目標にしていても全く意味がないことを、3年生になってとても実感しました」というものです。小テストは合格できたらホッとして、「はい!終わり」では無く!継続して繰り返し覚えることで自分のものにしていくことが重要だと・・・
 このように、実は、進路の手引き(別冊)の先輩の合格体験記には、人それぞれのいろんなパターンがあるので、とても参考になりありがたいです。自分に合わない先輩のは、申し訳ないですが、飛ばして次へどんどん進めば良いです。体験記はたくさんあるので、読むのにしんどくなります。でも途中でやめてしまったら、本当に出会いたい体験記に出会えないかもですよ。ぜひ夏休み中に目を通してみてください。
 では皆さん、コロナ対策を忘れず、どうやらオリンピックもありそうですが、テレビに釘付けになりすぎずに、どうか有意義な夏休みを過ごしください。
 全員が無事に二学期の始業式を迎えてくれることを切に願い式辞とします。

職業ガイダンス

 期末考査最終日の7月7日に、1年生対象の職業ガイダンスを行いました。今年は、相生市立那波中学校・山手幼稚園、社会福祉法人愛老園、読売新聞、JTB、JAあいおい、神戸電子専門学校、赤穂中央病院、山陽特殊製鋼、積水ハウス、グローリーなど15の講座を用意し、生徒たちは自分が興味を持っている分野を選び講義を聴きました。
 講師の方々からは、ビデオやパンフレットを使い、毎日の仕事の内容、やりがい、必要な知識・技能、仕事を選んだ理由、苦労話、高校時代にすべきことなど、具体的にお話をして下さいました。1年生はまだ高校に入学したばかりですが、2学期に入ると文理選択も控えているので、生徒たちは真剣なまなざしで話に聞き入っていました。今回の講義を将来の職業選択の一助として欲しいと思います。

教育実習

 5月31日(月)から6月18日(金)までの3週間、本校の卒業生5名が、教育実習のために母校に帰ってきました(2名 5月31日から6月11日までの2週間)。
 不安や緊張のなか、担当教諭のアドバイスを受けながら、授業観察や教材研究を積み重ね、成功・失敗を繰り返し、熱心に教科指導に取り組みました。また、部活動指導にも積極的に関わり、生徒たちと意欲的に交流しました。
  この3週間、実習生にとっても、生徒たちにとっても、とても濃く、充実した時間になったのではないかと思います。

教育実習生の感想

■ 39回生 理科(生物)
 教育実習に取り組む中で、相高生だった4年前の生活が鮮明に思い出されました。下校時間ぎりぎりまでがんば廊下で勉強していたことや、大きな声で体育の授業に取り組んだこと、たくさんの思い出が蘇りました。また実践授業を通して、生徒だった頃は分からなかった高校教育というものの側面を見ることができました。1時間の授業を作るために、先生方はその何倍もの時間をかけて準備され、生徒の「分かった」を引き出すための授業構成を練られていることを学びました。実習で得られた知見・技術をこれからの研究活動や、その先の人生のあらゆる機会で活かしたいと思います。
 私は相生高校を卒業した後、愛媛大学理学部に入学し、大好きな生物学を学んでいます。今の私があるのは、3年間私の高校生活を支えてくださった先生方、好きだった生物をとことん教えてくださった教科の先生方のおかげです。進路等で悩んだ時は、何よりも私の意見を尊重してくださり、自分の決めた道へと背中を押してくださいました。
 在校生のみなさん、新型コロナウイルスの影響で、イレギュラーな学校生活を送っていると思います。しかしこのような状況だからこそ、今自分にできることを考え、目指す道へと一生懸命頑張ってください。

■ 39回生 英語
 私にとってこの教育実習は、人生に通ずるような事を沢山得ることができた三週間となりました。
 初めは「先生!」と呼ばれるだけでも嬉しくて、同時に生徒たちにとっては私も他の先生方と変わらない教員であるため、もっとしっかりして頼られる存在にならなければいけないと思いました。そして、実習生としての日々を過ごす中で、一つの授業を作り上げる事の大変さや伝える事の難しさを感じました。しかし、どんなに困難なことがあっても、HRの担当である1年4組、授業を担当した1年5組の教室に行って生徒と話すと、そんなことも忘れるくらい元気をもらったり、授業を楽しみながら受ける生徒の姿や、真剣に授業を聞いてくれる生徒の姿を見る事がやりがいになっていました。みんなと過ごした時間は本当に楽しかったよ!ありがとう!
 素直で真面目な相生高校の生徒たちと、優しさと共に沢山のご指導を下さった先生方のおかげで有意義な時間を過ごすことができ、この実習期間を通してさらに教師を目指したいという気持ちが強まりました。
 生徒から「先生の授業分かりやすい!」という声が聞けた時の言葉では表せない嬉しさや、この子たちの為にもっと頑張ろうと思えた時の気持ちを忘れずに教師を目指します。本当に三週間ありがとうございました。

■ 39回生 保健体育
 私はこの3週間の教育実習で、授業をすることの大変さや難しさ、生徒と関わることの楽しさなど多くのことを学びました。特に実際に授業を行ってみて「生徒は教師の鏡」ということを実感しました。教師の緊張や不安が生徒に伝染し、授業が変化していくことを体感し、授業の内容はもちろん、教師の授業への姿勢が大切であると学びました。体育の授業では生徒の動きが多いため、指示を具体的に分かりやすくすることで生徒も理解できるし展開もスムーズになること、また生徒に対して細かく評価やコメントをすることで生徒の達成感などに繋がることを教えて頂きました。
 始めは緊張して生徒とうまくコミュニケーションを取ることが出来なかったが、日を重ねるごとに関わることが出来るようになりました。保健体育の授業をさせて頂いて、授業終わりに生徒から「授業が分かりやすくて楽しかった」「バレーボールの楽しさに気づけた」と言ってもらえたことがとても嬉しく、頑張ろうと強く思いました。
 コロナ禍でお忙しい中、教育実習を受け入れてくださりありがとうございました。たくさんのご支援・ご指導をしてくださった先生方、笑顔で接してくれた生徒たち、ともに協力してくれた実習生のおかげで、充実した3週間を送ることが出来ました。教育実習で学んだことや感じたことを忘れず、日々成長していけるよう努力していきたいです。本当に3週間ありがとうございました。

■ 39回生 保健体育 「教育実習を経験して」
 不安と緊張を抱えてスタートした教育実習でしたが、終わってみるとあっという間の3週間でした。教育実習では、実際に教壇に立ち、保健体育を教えるだけでなく、ホームルームや除草作業等の学校行事に参加するなど、さまざまな経験をさせていただきました。
 私は3年3組のホームルーム担当でした。クラスの雰囲気は和やかで、気さくに声をかけてくれる生徒が多く、コミュニケーションがとりやすいクラスという印象を持ちました。授業で教える機会がほとんどなく、ホームルームと掃除の時にしか話すことができませんでしたが、その短い時間の中でも、生徒たちの笑顔を見て、「よし!頑張ろう!」と思うことができました。
 実施授業では、教えることの難しさを実感しました。1つの技術を教えるのにも、10以上のポイントがあります。そのポイントをいかに簡単に分かりやすく伝えるか、劇的に変わるポイントを伝えられるか。そして、安全に行うことができるか。授業終わりの指導教諭との反省会ではいつも的確なアドバイスをいただき、学ぶことがとても多かったです。
 教育実習を通して、先生はやっぱり凄いなぁと思いました。授業のスキルはもちろんですが、3週間で私の性質を見抜いていました。これは日々生徒のことを観察している先生ならではだと思います。私が高校生のころは全く感じませんでしたが、今になって先生の凄さを実感し、憧れ、先生になりたいと心から思いました。
 最後に、生徒のみなさん、先生方、特に指導教諭の先生には本当に感謝しています。ありがとうございました。

■ 38回生 保健体育 「教育実習を通して」
 私は5月末から2週間、保健体育の教育実習生として母校にお世話になりました。生徒として過ごした3年間とは違い、教育実習生として過ごした2週間は新鮮でした。生徒として見ていた景色も、先生という立場では違った見え方、感じ方がしました。何より印象的だったのが生徒の「やさしさ」を強く感じたことです。朝の登校時間や廊下ですれ違う時にほとんどの生徒が挨拶をしてくれました。また、授業中も私の話を聞いて受け答えをしっかりしてくれたため良い雰囲気で授業をすることができました。本当に生徒の「やさしさ」に助けられたと同時に生徒の笑顔にも助けられました。生徒のみなさんには感謝しています。生徒だけでなく指導いただいた先生方にも教育者としてのあるべき姿を学ばせていただき感謝しています。
 生徒のみなさんはそれぞれ悩みや不安を抱いている人がいると思います。それでも人生の中で高校生でいられるのは今この瞬間だけだと思います。だから無理はせず自分なりに楽しい高校生活を送ってほしいと思います。また先入観にとらわれない生徒になってほしいと勝手ながら思います。そのために日々の学習の中だけでなく様々な媒体から様々な価値観に触れてほしいです。常識にとらわれず、物事の本質を正確に理解し、自分なりの考えをもって、人の指示に従うだけの生徒にはならないでほしいです。そうすれば抱えている悩みや不安はみなさんにとってプラスになると思います。偉そうなことを言って申し訳ないですが、私もこういう人間になれるよう邁進していきます。

赤ちゃん先生

6月22日(火)2限、3年生の「子どもの発達と保育」授業選択者6名を対象に「オンライン赤ちゃん先生クラス」を行いました。生徒は教室から「ママの働き方応援隊」の赤ちゃん先生とママディレクター(赤ちゃん先生の母親)にオンラインで対面しました。

「赤ちゃんの一日の生活とそれに合わせたお世話(育児)の話」をテーマに赤ちゃんの月齢ごとの違いや一日の生活の流れ等を資料や新生児期の衣服を見せてもらいながら、赤ちゃんのありのままの姿を教えていただきました。

生徒からの質問にも答えていただき、子育ての不安やめんどくさいこと、なぜ赤ちゃん先生をしようと思ったか等、体験談を交えながら生徒たちの進路選択の参考になるようなお話をしていただきました。

貴重なお話をありがとうございました!

1年自然科学コース特別講義

 6月3日(木)に1年自然科学コース対象の科学特別講義がありました。

 1年自然科学コースでは,2年生での課題研究に向け,ブラックボックス・分数パズル学習などに取り組み,科学的根拠を持って論理的に考える大切さを学んでいます。今回の特別講義はその一環として,鳥取環境大学の足利裕人先生をお招きし,講義「高校理科で読み解くニセ科学」を受けました。

 日常生活にある科学的根拠が怪しい商品や行動について解説して頂き,それらを正しく判断するために必要な「自分の手で考えの正しさを確かめる力」「結果が何を意味するのか自分の頭で考える力」「根拠に裏打ちされた科学を使いこなす力」の大切さをお教え頂きました。生徒たちは,身近な事物現象について科学的根拠を持って考える良い機会となりました。

人権教育講演会

2021.5.26(水)
4限に2年生,5限に1年生を対象に人権教育講演会を行いました。
講師 松尾 由香里 氏 (NIT情報技術推進ネットワーク株式会社)
演題 「SNSの正しい使い方 ~将来に不安を残さないために~」

スマートフォンやインターネットに潜む危険について理解を深め、安全に正しく利用するための方法を教えていただきました。
生徒は体育館に自身のスマートフォンを持参し、講演を聞きながら実際にSNS等のアカウント設定を確認し、安全な設定に変更しました。

~生徒感想一部抜粋~
・自分のスマホは大丈夫!と安心してはいけないという事をふまえて、今まで以上に気を付けて利用してきたいと思います。
・今日学んだ事はまず家族に伝えて安全で安心にスマホを使っていきたい。
・「ゲーム脳」がとても恐ろしいものだという事を改めて実感しました。
・これからは使い方、使用時間、アプリなど、利用規約をしっかり読み、上手に扱っていきたいです。

SDGsダイアリー寄付

2021年5月19日

 昨年度末に自然科学コースの生徒対象に特別授業をしていただいた、シモダフランジ(株)代表取締役社長の下田信治様から、SDGsダイアリー40冊のご寄付をいただきました。
 本ダイアリーは関西学院大学や甲南大学の学生の方々がクラウドファンディングを用いて、SDGsを実現するために、活動している企業や団体などを紹介し、日々自分たちができることを組み込んで作成されたものです。
 SDGsダイアリーの作成にあたった関西学院大学の原田さんや甲南大学の徳永さんにも来校いただき、作成にかける思いや、今後の活動についてお話をうかがいました。
 生徒たちが社会に対する意識を向上させ、行動を変えていくきっかけになります。ありがとうございました。

生徒会役員認証式

2021.5.12(水)6限
44回生の生徒会役員認証式を行いました。
新・旧の生徒会役員のみ体育館に集まり、他の生徒はホームルーム教室でライブ配信による認証式を視聴しました。

はじめに、校長先生から新生徒会役員一人一人に認証状が渡された後、校長先生から新生徒会に訓辞をいただきました。

次に、前生徒会長から挨拶がありました。生徒会長として過ごした日々の中での不安だったことや楽しかったこと、成長したこと、そして、新生徒会役員へのエールをお話ししてくれました。

その後、旧生徒会から新生徒会へ腕章の引き継ぎがあり、最後に、新生徒会長から挨拶がありました。

旧生徒会のみなさん、本当にお疲れ様でした。
新生徒会のみなさん、がんばってください。期待しています。

立会演説会および生徒会選挙

2021.4.21(水)
 44回生の中枢をなす、生徒会長と副会長候補者の立会演説会および信任投票が行われました。
 今年度は新型コロナウイルス感染症対策のため、1年生はホームルーム教室でライブ配信による視聴を行いました。全校生徒が体育館に揃うことはできませんが、皆集中し、立候補者3名の熱意のこもった演説を真剣に受け止めていました。

 即日開票により、3名とも信任されました。相高をよりよくするため、44回生生徒会一同頑張ります。応援よろしくお願いいたします。