授業風景

一学年総合的な学習の時間 職業人講話

2013.09.12

9月12日に総合的な学習の時間で世界銀行・社会開発コンサルタントの熊谷早記さんが講演してくださいました。世界銀行の業務内容を始め、熊谷さんの留学経験やキャリアについてお話があり、また最後には生徒たちへのアドバイスもいただきました。生徒との積極的な質疑応答もあり、とても有意義な時間となりました。

一学年総合的な学習の時間 特別講義

2013.09.05

9月5日に「総合的な学習の時間」でベネッセの方に来ていただきました。模試の活用や分析の仕方、一年生の間に勉強で心掛けることのお話がありました。生徒達にとって自己実現・進路実現について、早くから考える良い機会になりました。

第4回 城西アカデミア開催

2013.07.12

7月11日に第4回城西アカデミアが開催されました。今回は大学生を招いての討論にチャレンジしました。伴啓正さん(立命館大学)、藤田紫穂さん(大阪大学)、堀啓子さん(大阪大学)の3名が参加してくれました。
テーマは、「もし、国家(という枠組み)がなければ、私達はより自由(平和)になりますか」。最初は3グループに別れて、テーマに関する議論を重ね、その後は全員で意見を共有する形をとりました。
ファシリテーター役の大学生が、巧みに高校生の意見を引き出してくれ、中身の濃い議論となりました。終了後の感想も「刺激になった」「楽しかった」「有意義だった」というものばかりでした。今後も、城西高校では、このような自分で思考する学びの場を提供していきたいと考えています。

第3回 城西アカデミア開催

2013.06.21

文化発表会明けの6月18日に、第3回城西アカデミアを開催しました。今回は「21世紀のメディアの主役は何か」をテーマに議論を重ねました。インターネットの是非から意見交換を始め、続いてネット利用の方法や、人類が築いてきた知識のつながりまで話しは広がりました。今後、夏休みには大学生との討論会も企画されています。

公開授業(iPadを使った英語授業)

2013.06.05

公開授業の初日に、2年8組(理系)でiPadを使った英語授業が行われました。前回の復習テストからスタートし、解答を送信すると、正答率や所要時間がすぐに表示され、生徒たちは歓声をあげて取り組んでいました。続いて、ペアで互いに英語を話している相手の姿を録画しました。その場での再生が可能で、自分が英語を話している映像をみて再び大きな歓声があがりました。次に、NHK WORLD ENGLISHに接続し、全員でリアルタイムのニュースの聞き取りを行ったり、自作の英作文をiPad上で全員で共有するタスクなど、あっという間の1時間でした。

総合特別講義2

2013.06.05

5月30日に一年総合的な学習の時間で、大阪大学から森川優子さんと大阪大学生・立命館大学生計4名にお越しいただきました。 「グループディスカッションについて」というテーマで実演を交えた素晴らしい講義がありました。 森川優子氏…大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任研究員

第2回 城西アカデミア 開催

2013.05.17

5月7日に第2回城西アカデミアが開催され、今回から男子生徒1名の新たな参加がありました。今回は「年収100万円 VS 年収100億円 どちらがより正しいのか。」をテーマとし、「格差社会」「富の集中」などのキーワードを軸に、現代の世界が抱える経済問題について話し合いました。前回以上に白熱した意見交換があり、参加生徒の関心の高さに喜びを感じています。

第1回 城西アカデミア 開講

2013.04.17

「答えのない問いに立ち向かう」-この言葉を合言葉に、「2013 城西アカデミア」がスタートしました。思考を深めていく欧米型の学びに取り組もうと希望者を募り、この講座が始まりました。第1回目のテーマは「医学の進歩は人類に恩恵をもたらすか。」初顔合わせにもかかわらず、積極的な意見交換が行われました。この取り組みが、城西高校の新しい魅力のひとつになっていくことを期待しています。

魅力ある授業⑧

2013.02.19

1年生音楽選択クラスの授業の様子です。本校では、音楽の授業でグループによる作曲演奏の授業を取り入れており、今年で7年目を迎えます。生徒は、個々にアイデアを出し合って、オリジナル曲を協力して作り上げていきます。学期の終わりには、その曲を自分たちで演奏する発表会があり、どの生徒も楽しく創作に取り組んでいます。


 

魅力ある授業⑦

2012.12.17

 1,2年生の美術選択者の作品です。2年生は、版画(シルクスクリーン)とテキスタイル(パターン)デザインに取り組みました。身の回りの布や壁紙などに注目し、可愛さだけでなく繋がりや広がりの美しさを意識したデザインを心掛けました。シルクスクリーンを使った印刷は骨の折れる作業でしたが完成した時の喜びは格別です。
 1年生は、2学期に学んだ技法を活用してCDジャケットのデザインをしました。アーティストや曲の設定も全てオリジナルです。アイデアを考える段階では、多くの生徒が頭を抱えていましたが、イメージが固まると黙々と作業をしていました。鑑賞会では、クラスメイトのアイデアや努力に触れることで新しい発見もありました。