≪サッカー部・公式戦・リーグ戦等結果≫

平成27年度 東播リーグ2部 第18節

2015.07.30

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 兵庫県東播リーグ2部 第18節
 7/28(火) VS. 西脇工業A(@明石城西)
 35分ハーフ
 前半 明石城西A 1-0 西脇工業A(内海1)
 後半 明石城西A 2-0 西脇工業A(青木1・貞包1)

 今回の試合の目標は「無失点」かつ「ゴール量産」を目標にしました。
 前半、相手のプレスが速い中でなかなかシュートまでもっていくことができず、セットプレーも決めきれない苦しい時間が続きましたが、終了間際に得点することができ、いい形で前半を終えることができました。後半、トップ下を置いて相手の裏を狙う攻撃にしたことで、相手のコートで試合をすることができ、目標を達成することができました。点差が開くことで、出場機会の少ないメンバーが出場でき、良い経験ができたと思います。次回の最終節もしっかり無失点で勝ちきって、良い形でリーグを終われるようにしたいです。

M1080021

平成27年度 東播リーグ2部 第17節

2015.07.28

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 兵庫県東播リーグ2部 第17節
 7/25(土) VS. 三木東(@明石)
 35分ハーフ
 前半 明石城西A 2-0 三木東(貞包1・廣澤1)
 後半 明石城西A 8-1 三木東(大久保3・貞包1・青木1・柴田1・村上1・依藤1)

 今回の試合の目標は「ゴールを量産する」でした。前半を終えて、その目標に近づくことができず、内容も満足できるものではありませんでした。相手チームは10人なので、プレッシャーが厳しいわけではなかったものの、連携がうまく取れず、個人頼みの攻撃になってしまいました。
 後半は判断を速くするためにダイレクトパスを使って攻撃することにしました。その効果もあり、早い時間帯に後半1点目を取ることができ、追加点を重ねて最終的には10点を量産し、目標に達することができました。しかし、後半は得点を重ねることで心に隙ができ、ボランチの戻りや最終ラインの危機管理が薄れ、簡単に失点してしまいました。この失点は、チームの緩みを気づかせてくれたものだと考え、しっかりと修正して次からは無失点で勝てるようにしていきたいです。
 会場設営をしてくださった明石高校の皆さん、試合をしてくださった三木東高校の皆さん、ありがとうございました。

M1080017

M1080019

平成27年度 東播リーグ3部 第16節

2015.07.28

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 兵庫県東播リーグ3部 第16節
 7/25(土) VS. 高砂(@明石城西)
 35分ハーフ
 前半 明石城西B 5-0 高砂(吉村直4・明比1)
 後半 明石城西B 1-1 高砂(北谷1)

 この日の高砂との試合は、前節と違い前半からたくさん点が取れたことは良かったのですが、練習してきた守備の確認が生かされず、失点してしまいました。後半に何度もあったチャンスをものにできず、点差があったことから隙ができてしまいました。どんな状況であっても集中を切らさずに前後半乗り切る力をつけていく必要があります。また、グランドの準備が遅くなり、試合内外で課題が残りました。

DSC_0010 DSC_0015

平成27年度 東播リーグ2部 第15節

2015.07.21

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 兵庫県東播リーグ2部 第15節
 7/18(土) VS. 小野工業(@明石城西)
 35分ハーフ
 前半 明石城西A 2-0 小野工業(山﨑1・貞包1)
 後半 明石城西A 2-0 小野工業(依藤1・山﨑1)

 今日の試合は、前節点差をつけて勝てたことや試合開始時間の急な変更など、緩みが出てしまう可能性がありました。その中で、最近なかった開始早々に得点が得られました。さらに追加点を奪った後、隙を生んでしまい、相手に決定機を与えてしまいました。前半無失点で終えたものの、点を取った後の集中力は課題です。
 後半は前節同様トップ下を置いてビルドアップを試み、さらに攻撃に厚みを加えたものの、相手のオフサイドトラップをうまく攻略できず、決定機も生かし切れず、セットプレーからの2得点のみで終えてしまいました。ゲームプランの変更や修正をコート内外ともに確認できるように徹底させ、メンバー変更などの方法も試合を重ねていくなかでいろいろな案を出していき、「自主自立」の質をもっと上げていく必要があると思います。

M1080011

M1080013

平成27年度 東播リーグ2部 第14節

2015.07.14

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 兵庫県東播リーグ2部 第14節
 7/12(日) VS. 東播工業B(@明石城西)
 35分ハーフ
 前半 明石城西A 1-0 東播工業B(青野1)
 後半 明石城西A 3-0 東播工業B(小川2、廣澤1)

 今日の試合は、前回の試合の反省点「相手のDFラインからフリーでロングボールを蹴られる」「足元でボールをもらいすぎている」という点を考え、前半は前で走ってくれる選手を置きました。その選手が良い働きをしてくれたおかげで、「城西はDFラインから大きく蹴ってくる攻撃」というのを相手に意識づけできました。
 後半は、今週の練習で行ったビルドアップを加え、トップ下にボールをあてて、そこから組み立てていく攻撃をしました。前半と全く違う攻撃をしたことで生まれたスペースを使い、追加点を取ることができました。最近、点を取れていなかったので、今日の試合は良かったと思います。しかし、ピッチ内とピッチ外でのコミュニケーションが取れていない部分があったり、オフザピッチが原因でチャンスを失ってしまう選手がいたりするなど、まだまだ自分たちが目指している「自主自立」には程遠いと思います。

M1080002

M1080007

平成27年度 東播リーグ3部 第14節

2015.07.14

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 兵庫県東播リーグ3部 第14節
 7/11(土) VS. 小野B(@明石高専)
 35分ハーフ
 前半 明石城西B 1-0 小野B(吉村直1)
 後半 明石城西B 2-0 小野B(橘俊1・吉村直1)

 小野Bの強さや暑い天候の中、今日は明石城西Bのチームとしての真価が問われる試合となりました。開始直後から積極的に攻め、シュートチャンスをつくることができましたが、決めきれず、これまでの試合のように早い時間帯での連続得点とはなりませんでした。逆に、相手のカウンターや数的優位でのパスワークの崩し、フリーキックなど、攻め込まれる時間が増えていきました。これまでとは違う試合状況、そして暑さから、チームとして「どう乗り切って得点するか」がとても重要でした。2年生を中心に声を出し続け、オフェンスの選手もしっかり戻って守備をするなど、集中力を保ってプレーしました。その結果、前半終了間際に先制することができ、これがチームに良い流れをもたらしました。
 ハーフタイムも、自分たちによるミーティングでの修正や選手交代の判断をして、後半にのぞみました。メンバーが代わってもチームとして集中力・緊張感を緩めず、追加点をあげ、無失点で乗り切り、最後までチームの共通理解を全員が意識し、勝利することができました。今日の試合のような経験は、僕たちにとって大きなものとなりました。夏本番に向けて、個人の成長とチームの試合内外の成長を意識して、練習に取り組みたいと思います。そして、チームの目標である「自主自立」にもっと近づけるよう頑張ります!

IMG_2441

IMG_2443

IMG_2449

IMG_2450