≪サッカー部・公式戦・リーグ戦等結果≫

高円宮杯U-18サッカーリーグ2018 兵庫県東播リーグ1部 第1節

2018.02.14

2/12(月) VS. 明石西(@明石城西)
35分ハーフ
前半 明石城西A 1-0 明石西(久保1)
後半 明石城西A 2-0 明石西(久保1・石川1)

   この試合では自主運営の良さが出たと思います。これまでの試合前やハーフタイムではキャプテン中心に話していましたが、今回は感じたことや思ったことを全員で共有していたことが勝利につながりました。まだまだ未熟なところもありますが、チーム全員で勝利をつかみとれるように頑張ります。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2018 兵庫県東播リーグ2部 第1節

2018.02.05

2/3(土) VS. 東播工A(@東播工)
35分ハーフ
前半 明石城西B 0-0 東播工A
後半 明石城西B 0-0 東播工A

   リーグ戦1節目の重要な試合だったが、緊張などはせず、良いメンタルで臨めた。試合は我慢の時間が長く、苦しい展開だったが、全員が強い気持ちで最後まで戦えた。逆に、相手の攻勢を耐える中で少ないチャンスをものにして勝ちきる力が必要だと感じた。これからもリーグ戦が続くので、全員で戦っていきたい。

 

県新人大会2回戦 vs市尼崎(@滝川第二)

2018.01.24

35分×2
 明石城西 0-2 市尼崎
 明石城西 0-2 市尼崎
 
   この日は、これまで先生やキャプテンに引っ張ってもらって、やらされてサッカーに取り組んでいることを教えられた日になった。そのことが結果にもつながった。特にメンタル面に差を感じた。決めるところは決める。我慢するところはしっかり我慢する。1つ1つの局面で勝つためには、メンタル面の成長が不可欠である。今、何が必要か自分自身と向き合い、総体を悔いなくやり切れるように取り組んでいきましょう。

東播新人大会決勝 vs小野(@日岡グランド)

2017.12.29

35分×2
 明石城西 0-0 小野
 明石城西 0-0 小野
延長10分×2
 明石城西 0-0 小野
 明石城西 0-0 小野
PK戦
 明石城西 2-4 小野
 
   今大会の最大の課題は、怪我や体調不良者が続出したことです。その状況の中でも、城西の強みである「選手層の厚さ」を武器に決勝まで勝ち進むことができました。しかし、決勝では主導権を握られる時間が多く、苦しい試合でした。我慢強く無失点で終えたことは良かったのですが、得点をとることができなかったのは今のチームの弱さだと素直に受けとめ、県大会に向けて課題を克服し、勝ち進んでいきましょう。

東播新人大会準決勝 vs社(@日岡グランド)

2017.12.29

35分×2
 明石城西 2-1 社(鯉渕1・橘1(PK))
 明石城西 0-1 社
PK戦
 明石城西 11-10 社
 
   前半開始早々にミスから失点。その後立て続けに得点を取れたことは良かったが、後半最後の場面で耐え切れずに失点。その後、地獄のようなPK戦が続き、苦しい展開だったが、最後には勝ちきることができた。レギュラー陣の体調不良から始まったこの試合での勝利は大きな価値がある。明日はついに決勝。体調不良者が続出してもブレない総合力で、スタンドの頼れる声援に感謝を忘れずテッペン取りにいきましょう!

東播新人大会準々決勝 vs加古川南(@日岡グランド)

2017.12.25

35分×2
 明石城西 3-0 加古川西(伊藤雅1・橘1・南1)
 明石城西 2-0 加古川西(橘1・久保1)
 
   前戦に続き無失点で試合を終えることができた。得点力が上がってきたが、セットプレーでの得点が大半で、相手を崩しての得点が少なかった。もっと上を目指すにはチームの連携が重要だ。県大会進出を決めることができたので、さらにレベルアップしていきたい。

東播新人大会2回戦 vs加古川西(@明石城西)

2017.12.19

35分×2
 明石城西 4-0 加古川西(西田2・南2)
 明石城西 3-0 加古川西(伊藤雅1・大槻1・河知1)
 
   課題であった「無失点」で試合を終えることができましたが、攻撃面ではまだまだ改善すべき点があるので、1つずつ修正して、まずベスト4へ向けて頑張りたいと思います。

平成29年度 兵庫県高校サッカー選手権 県大会2回戦

2017.10.20

VS.御影(@報徳)
40分ハーフ
 前半 明石城西 0-0 御影
 後半 明石城西 0-3 御影
 

 夏の総体で敗れた御影高校との試合でした。全員がリベンジの気持ちで臨みました。立ち上がりは、前からプレスに行けて相手にリズムをつくらせないよう意識しました。その結果、引かずに攻めることができ、自分たちの良さを出すことができました。しかし、前半に何回かあったチャンスを決めきることができませんでした。ハーフタイムには、攻撃の厚みを増すよう話し合って、後半に臨みました。後半もチャンスをつくりましたが、一瞬の隙を相手に与え失点してしまいました。その後もチャンスがあったものの決めきれず、さらに2失点してしまいました。もっと我慢する力が必要だと改めて感じました。僕たちの選手権は終わってしまいましたが、この試合で学んだこと、経験したことを次につなげてください。そして、ピッチに立ったメンバーは、次の中心選手として話し合い、この試合で学んだことを、強豪校相手に勝つため、より高いステージに行くために活かしてほしいと思います。また、総体のリベンジを果たせず、試合に出たメンバーは本当に悔しかったと思います。その悔しさを忘れないように、日々の練習に取り組んでください。
  応援してくれた方々、会場運営・審判・指導をしてくれた先生、ピッチに立てなかったメンバーなど、たくさんの人の支えや思いを、選手権を通して感じることができました。本当にありがとうございました。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 兵庫県リーグ参入戦 第3節

2017.10.10

10/9(月) VS. 神戸科技B(@播磨光都サッカー場)
35分ハーフ
前半 明石城西A 0-0 神戸科技B
後半 明石城西A 0-1 神戸科技B
 
   ゴールチャンスがあったが決めきれず、今回も得点がない試合だった。また、気持ちがブレてしまうというメンタル面での課題も出た。普段ベンチメンバーで公式戦に出られていなかった選手が出場し、経験を得ることができたのは良かった。選手権までの1週間、しっかりトレーニングに取り組もう。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 兵庫県リーグ参入戦 第2節

2017.10.10

10/7(土) VS. 琴丘(@播磨光都サッカー場)
35分ハーフ
前半 明石城西A 0-1 琴丘
後半 明石城西A 0-0 琴丘
 
   前半で失点してしまい、そこから巻き返せず0-1で負けてしまった。プレー、ゲーム内容どうこうではなく、選手のモチベーション、コミュニケーションに問題があったと思う。もっと高いレベルでやるには、この当たり前のことを当たり前にできるようにならないといけない。ずっと言われ続けていることだが、この試合で悪い所が表面化した。次の試合では修正し、熱い戦いができるように頑張ります。