グローバル探究コースの取り組み

平成29年度 学校説明会・第2回グローバル探究コース説明会 開催案内

2017.07.19

2年生コース 特別授業

2017.07.12

7月10日に、本校卒業生であり、長年海外生活を送っておられるリヴィングストン晴代さんを招いての特別授業が行われました。海外生活や文化の違い、また英語に関してなどさまざまな質疑応答の後、カリフォルニアでの生活、また時代の最先端を行くシリコンバレーのことを英語を交えてお話してくださいました。非常に興味深く、刺激となる講演をしていただいたリヴィングストン晴代様、どうもありがとうございました。

34回生グローバル探究コース神戸大学訪問

2017.07.10

7月10日(月)、34回生1年生のグローバル探究コース生が神戸大学を訪問しました。

現地では、まず神戸大学についての説明を聴きました。大学の歴史や学部、部活動や入試情報にいたるまで、大変丁寧に説明していただき、生徒たちにとっては新鮮な情報ばかりでした。

その後校内を散策しました。学食や購買を散策したり、坂の多い校内を歩き回り、大学の大きさや学生さんの雰囲気などを見ることができました。

3年コース生(32回生) ファイナルプレゼンテーション

2017.06.21

6月20日に3年生コース生が、三年間の集大成としてファイナルプレゼンテーションに臨みました。TED TALKSの「広める価値のあるアイデア」をモデルとして、城西コース生は”Small ways to change your life”をコンセプトに各自が発表しました。タイトルの一例は、”The Easy Method to Tie a Tie”, “How to Use Bread Clips”, “How to Win Janken, “A Life Free From Back Pain”などです。iPadをフル活用し画像や動画を用いて観客を惹きつけた人もいれば、実物を使いながら聴衆を楽しませる工夫を凝らした人など、三年間の集大成にふさわしい示唆に富んだまた、堂々としたすばらしいプレゼンテーションとなりました。来校いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。







平成29年度 第1回グローバル探究コース説明会

2017.05.30

5月27日(土)に第1回グローバル探究コース説明会が開催されました。約250名の中学生、保護者の方々また先生方に出席していただきました。
  教員によるグローバル探究コースの概要説明の後、3年生、2年生、1年生のコース代表生徒によるプレゼンテーションがありました。3年生からはシンガポールグローバル企業訪問やディベートについて、2年生からは英語で、留学や小学校出張授業について、1年生からは学校生活や受験勉強について説明がありました。その後の1年生コース生とのグループ別の個別説明では、クラスの様子や部活動、学校生活や受験勉強についての具体的なアドバイスなど、実り多い時間を過ごすことができました。最後の入試問題の過去問解説では、実際に問題を解き、今後の受験勉強に役立つ内容を学ぶことができました。説明会終了後は、プロジェクターやスクリーンが完備した教室、またiPadの活用の様子を実際に教室に行って見学しました。特にiPadを利用した授業の紹介には皆さん、熱心に耳を傾けていました。こうして第1回グローバル探究コース説明会は幕を閉じました。
  第2回グローバル探究コース説明会は、7月29日(土)11:30~12:30(午前の部)、14:30~15:30(午後の部)に、魚住駅近くの西部市民会館で開催されます。今回同様多くの方々の参加をお待ちしています。参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

JICA関西訪問(1年グローバル探究コース)

2017.05.23

平成29年5月23日(火)、34回生(1年生)グローバル探究コースの生徒40名が、神戸市にあるJICA関西を訪問しました。

まずメキシコ料理のエスニックランチを食べました。トルティーヤなど少し食べ慣れない味のものもありましたが、世界の食糧問題なども視野に入れ、残さずに食べました。

施設見学では、資料や図書のある資料室の見学、民族衣装や楽器などの体験ができるコーナーや、環境問題などの展示を見学しました。実際に民族衣装を着てみる生徒や、気になる本を手に取って読む生徒など、それぞれの興味に合わせて見学、体験しました。

その後JICAの活動についてのお話や、マラウィ共和国で青年海外協力隊の経験をされた方からのお話を聞きました。写真など具体的な生活やボランティア活動を行うことを想像できるようなお話でした。さまざまな意見や質問が出るなど、国際協力について学ぶ素晴らしい機会となりました。

JICA関西のみなさま、ありがとうございました。

2年コース生(33回生) キャタピラジャパン訪問成果発表プレゼンテーション

2017.05.11

4月5日に明石のキャタピラージャパンを企業訪問した9名の生徒が、訪問時の様子や研修を通して学んだことを英語で発表しました。訪問の際にお世話になったキャタピラージャパンの山之内様、1年生のグローバル探究コースの40名の生徒にも見学してもらいました。
 キャタピラージャパンの概要説明に始まり、工場や福利厚生施設の見学、2名の外国人の社員の方とのディスカッション、日本人社員の海外勤務についての経験談など見学当日の様々な内容を英語でまとめ、作製したスライドをiPadでスクリーンに映しながら発表を行いました。学期の始めの忙しい時期に、生徒たちは一生懸命英語の表現を覚え、「聞いている人に伝わりやすく」をモットーに、スライドにも工夫を凝らし、素晴らしい発表を行うことができました。キャタピラーの山之内様からも、「今日の発表の様子を会社に持って帰って、お話をしてくださった2名の社員の方に見せたい。本当にこの活動を企画して良かった。」とお褒めの言葉をいただきました。今後もこのような発表を通してコミュニケーション能力や発信力を高めていきたいと思います。

JICA関西訪問に向けた事前学習(1-1)

2017.05.11

5月11日(木)に1年1組で5月23日に行われるJICA関西訪問に向けた事前学習を行いました。

生徒らはJICAの活動内容についてや、マラウィ共和国についてグループに分かれてテーマ別に調べ、その内容をプレゼンして全体で共有しました。5月23日には、調べた内容をもとに、実際のJICA関西の活動について学ぶ予定です。

2年コース生 グローバル企業訪問

2017.04.10

グローバル探究コースの2年生9名が、明石市魚住町にあるキャタピラージャパンを企業訪問しました。修学旅行でシンガポールを訪れた際、キャタピラーシンガポールを企業訪問させていただいたり、日本とシンガポールをインターネットでつなぎ、テレビ会議に参加させていただくなど、キャタピラー社にはグローバル体験活動でお世話になっています。
  今回は事前に担当の山之内さんに学校にお越しいただき、キャタピラージャパンの概要説明の後、企業訪問の計画を練りました。企業訪問当日は、まず山之内さんよりキャタピラー社全体の説明をしていただきました。その中で、キャタピラー社の業績が世界の資源価格はもとより、イギリスのEU離脱、トランプ政権誕生に至るまで、さまざまな要因が影響しているというお話が大変印象深かったです。次に社内の保育園を見学しました。子供を預けている親は園内のカメラで写した子供の様子をパソコンやスマートフォンでいつでも見られるそうです。明石では企業内に保育園を初めて設置されたそうで、女性の社会進出に力を入れておられる企業の取り組みの一例を見せていただきました。体育館やスポーツジムなどの福利厚生施設を見学した後、普段一般には公開していない、工場内の見学をさせていただきました。まず土台となる金属部分をベルトコンベアに乗せて、各工程でたくさんの作業員が素早く部品を取り付けていき、徐々に巨大な油圧ショベルが組み立てられていく様は圧巻でした。その後これまでに海外に駐在経験のある2名の社員の方と一緒に昼食をいただきました。海外での仕事や生活の様子、これまでどのようなキャリアを積んでこられたのか、将来海外で働く夢を持っている生徒にとって、とても興味深いお話でした。
  また今回はサプライチェーン(資材調達部門)のプロセスマネージャーであるレイニー・ショーリーさん、キャタピラージャパン執行役員のジョー・モスカトさんにもお話をしていただきました。生徒からの質問の中の「海外で仕事をすることの苦労や不安」について、お二人の ”Take a chance, always come back home. Don’t regret not trying.”(いつでも家に帰れるのだからチャンスを掴みなさい、やらないで後悔をしないように)という言葉がとても印象的でした。
  今回の企業訪問は、グローバル企業について学んだり、「海外で働く」ことについて考えるとても良い機会となりました。この企業訪問の内容をプレゼンテーションにまとめて発表をする予定です。



平成29年度 グローバル探究コース推薦入試合格発表 

2017.02.20

グローバル探究コース入試の合格発表が本日14時から本校で行われました。定員40名に対して志願者62名でした。